エクセルで丸数字を連番で ①から㊿まで連続入力する方法 「UNICODE関数」と「UNICHAR」関数と「IFS」関数で実現! 365・2019・2016・2013対応

エクセルの丸数字(①)などは、数値として扱われません。ですから、①をドラッグしても連番にすることはできません。そのためには、「UNICODE関数」と「UNICHAR関数」を利用するしかありません。

他のサイトを拝見すると、⑳までの連続入力はよくあるのですが、㊿までの連続入力は見たことがないので今回、その方法をご紹介します。

丸数字は数値として扱われない
目次

文字のコード番号を取得する「UNICODE関数」

文字のコード番号を取得するには「UNICODE関数」を利用します。こちらはコード番号ですから連番になっています。

文字コードを取得する「UNICODE関数」

同じく「JISコード」を取得する「CODE関数」もありますが、「CODE関数」では㉑以降は「環境依存文字」として文字コードが「63」に固定されて連番になりません。

ちなみに「UNICODE関数」はExcel2013からの対応となっています。ですので今回の記事は「エクセル365・2019・2016・2013」対応となっています。

JISコードでは㉑以降は「環境依存文字」として表示できなくなる

文字コードから文字を取り出す「UNICHAR関数」

この「①」の文字コードを「Unicode関数」で取り出し、それに+1をして連番としていきます。

UNICODE番号から、その番号に対応する文字を取得するためには「UNICHAR関数」を利用します。

A1セルに「①」を入力し、A2セルに「=UNICHAR(UNICODE(A1)+1)」と入力します。

UNICODE(A1)」でA1セルのUNICODE番号を取得し、その番号に「+1」をすることによって連番のUNICODE番号から「UNICHAR関数」で文字を取得するという数式になります。

この後数式をドラッグすると、連番で丸数字が入力できるということになります。

⑳までの連番の入力が可能に

ここまではまだ順調なのですが、⑳以降は複雑になります。

1 2

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる