エクセルで郵便番号から自動的に住所を入力! 7桁の郵便番号を入力するだけで住所を一発表示 365・2019・2016・2013・2010・2007対応

エクセルで郵便番号から住所を入力する方法として、「IMEの変換」機能を利用して簡単に入力するというサイトをよく拝見します。

具体的には、郵便番号をハイフンを含めて日本語入力モードで入力し、変換するという作業になります。

1つ2つなら便利な機能なのですが、数百もある住所録では大変です。

「IMEの変換」を利用した郵便番号から住所の入力

今回はデータベースを用意し、エクセルの「VLOOKUP関数」を利用して郵便番号7ケタを入力すると、自動的に住所を表示させる方法の紹介です。アドインは利用しません。

こちらの記事の完成版をnote上に公開中です。

1 2

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

    • ワコドット様
      コメントありがとうございます。

      コメントいただくとこちらもうれしくなります。
      また困ったことがございましたらお気軽にコメントください。

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる