エクセルで日付をコピーしたらシリアル値になる。。。日付に戻す方法!TEXT関数とセルの書式設定でも使える日付表示形式の種類の一覧

スポンサーリンク

先日エクセルで、謎の意味不明の日付データが届きました。

なぜ日付と曜日を分けて表示する?

イベント開催の日程表(イベント名は消しています)なのですが、なぜか日付と曜日を2列に分割した表でした。これにB列を挿入し、B列に日付(A列)と曜日(C列)を合わせようとしましたが、見事に失敗しました。

スポンサーリンク

日付をコピーするとシリアル値になる

シリアル値とは、「1900年1月1日」を「1」とし、そこからの経過日数で管理されている数値のことです。

例えば、A1セルとC1セルを「&」を使って結合すると、「日付+「曜日」にはならないで、日付はシリアル値になってしまいます。

日付と曜日を結合すると

このように、日付を文字列と結合すると、文字列がシリアル値で表示されてしまいます。

日付がシリアル値に

シリアル値になっている日付データをTEXT関数で表示形式を変換する

シリアル値になっている日付を、シリアル値ではなく日付として表示するには、「TEXT関数」を使用します。

「B1」セルを選択して、「関数の挿入」をクリックします。

関数の挿入

「関数の挿入」ダイアログボックスが開きますので、「関数の検索」に「text」と入力し、「検索開始」をクリックします。すると、「関数名」が一覧で表示されますので、「TEXT」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

関数の検索

「関数の引数」ダイアログボックスが開きます。

今回は「A1」セルに日付データが入力されていますので、「値」に「A1」を入力します。

値に日付の入ったセルを選択

そして、「表示形式」に「m月d日」と入力します(表示項目については後程解説します)。

表示形式を入力

再び「値」ボックスをクリックすると、「表示形式」の欄に””(ダブルクォーテーションマーク)が自動的に入力されます。

「OK」をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

表示形式の入力の完了

ダイアログボックスを閉じた後に、B2セルに「&C1」を追加して、「A1」セルと「C1」セルを結合します。

セル「B1」には「=TEXT(A1,”m月d日”)&C1」と入力されています。

TEXT関数で文字列を結合

その後、B1セルをB7までドラッグして数式をコピーします。

これで、日付と曜日が文字列として結合されました。

TEXT関数の日付の表示形式

TEXT関数の日付の表示形式はさまざまな形式に対応しています。

以下、さまざまな表示形式を並べています。

B列に表示例、C列に数式を表示しています。

TEXT関数でさまざまな日付の表示形式が可能

「令和元年」ではなく、「令和1年」と表記されますね。これはエクセルの仕様です。

「令和元年」表記にしたい方は、下記の記事を参考にしてください。

エクセルの条件付き書式を使って令和元年を表示する方法(ついでに平成元年も可) Excel 365・2019・2016・2010・2007対応
先日、セルの書式設定で「令和1年」表示を「令和元年」表示にする方法をご紹介しました。今回は、条件付き書式で「令和元年」、ついでに「平成元年」の表記を同時にする方法の紹介です。条件付き書式の条件の数は、エクセル2007より無制限にな...
エクセル(Excel)のセルの書式設定で条件を分岐させる! エクセルで「令和元年」表示も可能 Excel 365・2019・2016・2010・2007対応
Windowsのアップデートで「令和」表示も可能になりましたね。ただ「令和元年」ではなく「令和1年」となっていますが。またアップデートされるのでしょうが、今回はセルの書式設定で条件を分岐させ、表示を変える方法です。その機能を利用して、「令...

TEXT関数(セルの書式設定)で利用できる日付の表示形式の一覧

TEXT関数またはセルの書式設定(後述します)で利用できる表記方法の一覧をテーブルにまとめています。TEXT関数では、””(ダブルクォーテーションマーク)間に記述します。

文字列(月、年、日)や以下の記号、かっこ()、スラッシュ(/)、ピリオド(.)などはそのまま文字列として表示されます。

表示形式表示例
西暦yyyy年2019年
西暦yy年19年
和暦ggge年令和1年
和暦geR1
月名m月8月
月名mm月08月
月名mmmAug
月名mmmmAugust
日付d日1日
日付dd日01日
曜日aaa
曜日aaaa月曜日
曜日dddMon
曜日ddddMonday

TEXT関数では、さまざまな日付に関する表記が可能です。

ただ、TEXT関数で表示すると、文字列として扱われるため、計算(日付の足し引きなど)ができません。

日付の表示形式は「セルの書式設定」の「ユーザー定義」でも利用可能

日付を計算する必要がある場合は、「セルの書式設定」の「ユーザー定義」を利用することも可能です。

「A8」のセルの表示形式を「8月5日(月)」のという表記にするために、「セルの書式設定」を利用して変更します。

「A6」セルを右クリックして「セルの書式設定」をクリックします。

「セルの書式設定」で日付の表記を変更する

「ユーザー定義」から「種類」の欄に「m月d日(aaa)」と入力して、「OK」ボタンをクリックします。

セルの書式設定のユーザー定義で表示形式を変更する

すると、「A6」セルがシリアル値のまま、表示形式を変更することができました。

シリアル値のまま、表示形式の変更ができた

冒頭の、日付と曜日が分割されている表であれば、「セルの書式設定」を利用する方が便利ですね。

テキストに変換するかシリアル値のままにするか

日付をテキストに変換するにはTEXT関数が必要です。ただ、日付の計算をする必要があるならば、シリアル値のまま、書式設定のユーザー定義で変更する必要があります。

いずれの場合でも、先ほど一覧にした表示した形式は「ユーザー定義」でも「TEXT関数」でも利用できますので、覚えておけば便利な表示形式です。

状況に合わせて使い分けることで、非常に便利な機能となります。日付の表示形式をぜひご活用してください。

スポンサーリンク
Office・Windows
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました