エクセルで日付をコピーしたらシリアル値になる。。。日付に戻す方法!TEXT関数とセルの書式設定でも使える日付表示形式の種類の一覧 365・2019・2016・2013・2010・2007対応

目次

日付の表示形式は「セルの書式設定」の「ユーザー定義」でも利用可能

日付を計算する必要がある場合は、「セルの書式設定」の「ユーザー定義」を利用することも可能です。

「A8」のセルの表示形式を「8月5日(月)」のという表記にするために、「セルの書式設定」を利用して変更します。

「A6」セルを右クリックして「セルの書式設定」をクリックします。

「セルの書式設定」で日付の表記を変更する

「ユーザー定義」から「種類」の欄に「m月d日(aaa)」と入力して、「OK」ボタンをクリックします。

セルの書式設定のユーザー定義で表示形式を変更する

すると、「A6」セルがシリアル値のまま、表示形式を変更することができました。

シリアル値のまま、表示形式の変更ができた

冒頭の、日付と曜日が分割されている表であれば、「セルの書式設定」を利用する方が便利ですね。

テキストに変換するかシリアル値のままにするか

日付をテキストに変換するにはTEXT関数が必要です。ただ、日付の計算をする必要があるならば、シリアル値のまま、書式設定のユーザー定義で変更する必要があります。

いずれの場合でも、先ほど一覧にした表示した形式は「ユーザー定義」でも「TEXT関数」でも利用できますので、覚えておけば便利な表示形式です。

状況に合わせて使い分けることで、非常に便利な機能となります。日付の表示形式をぜひご活用してください。

1 2

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる