エクセルの万年カレンダーにスピンボタン(上下ボタン)をつけて年月の移動を簡単に! 365・2019・2016・2013・2010・2007対応

以前、祝日自動表示・土日祝を自動的に色分けするエクセルの万年カレンダーを作成する記事を投稿しました。

エクセルで自動万年カレンダーに祝日(2020年)を自動表示 365・2019・2016・2013・2010・2007対応
今回は先日公開した、万年利用できるカレンダーに祝日を自動表示する方法のご紹介です。祝日を自動表示する万年カレンダー年と月を入力するだけで自動的...

今回は、こちらのカレンダーにスピンボタン(上下ボタン)を設置して、上下のボタンをクリックすることで年月を増減させ、簡単に移動できるようにします。

マクロ(VBA)は全く利用しませんので、初心者の方にも簡単にスピンボタンが設置できますのでご安心ください。

スポンサーリンク

スピンボタンを設置するには開発タブを表示することから

フォームコントロールである、スピンボタンをエクセル上に設置するには「開発」タブを表示する必要があります。

「開発」といっても今回はマクロ(VBA)は全く利用しませんのでご安心ください。

エクセルの画面から「ホーム」「オプション」をクリックします。

エクセル「ホーム」「オプション」
エクセル「ホーム」「オプション」

「Excel のオプション」から「リボンのユーザー設定」をクリックし、右側「リボンのユーザー設定」から「開発」にチェックを入れるだけです。

「開発」にチェックを入れて「OK」します。

「リボンのユーザー設定」「開発」にチェック
「リボンのユーザー設定」「開発」にチェック

エクセルの画面に戻っていただいて、「開発」タブが表示されていることをご確認ください。

スポンサーリンク

フォームコントロール スピンボタンの挿入

「開発」タブの「挿入」から、「フォームコントロール」「スピンボタン」をクリックします。

「開発」「挿入」「フォームコントロール」「スピンボタン」
「開発」「挿入」「フォームコントロール」「スピンボタン」

今回は、祝日自動表示・土日祝日自動色分けカレンダーの月名の横のセル、「H1」セルに年度を表示させるセルを作成し、スピンボタンによって年度を増減させます。

下図のようにスピンボタンが設置できたでしょうか。

マウス操作の際にキーボードの「Alt」キーを押しながらドラッグするときれいにセル内に収まります。

「Alt」キーを押しながらスピンボタンを配置
「Alt」キーを押しながらスピンボタンを配置
スポンサーリンク

コントロール(スピンボタン)の書式設定

設置した「コントロール」(スピンボタン)を右クリックし、「コントロールの書式設定」をクリックします。

スピンボタン 年度の設定

スピンボタンを右クリックし、「コントロールの書式設定」
スピンボタンを右クリックし、「コントロールの書式設定」

「コントロールの書式設定」から「コントロール」タブを選択し、以下の通り設定します。

「現在値」は「2020」、「最小値」は「1900」としています。

エクセルでは、日付データをシリアル値として計算しています。

その始まりは1900年1月1日となっていますので、「最小値」は「1900」に、また最大値は「9999」(エクセルでは9999年まで管理できる!)に設定してあります。

その辺りはお好みで変更してください。

また「変化の増分」は「1」に、リンクするセル(数字を変化させるセル)には「$H$1」を設定しています。

スピンボタン コントロールの書式設定 年度
スピンボタン コントロールの書式設定 年度

セルに$がついていますが、これは「絶対参照」と呼ばれるものです。

「絶対参照」については次の記事をご覧ください。

簡単・絶対理解できる! エクセルの相対参照と絶対参照の違い 九九表を使って複合参照もマスター可能 365・2019・2016・2013・2010・2007対応
エクセルの相対参照と絶対参照って使い分けが難しいですよね。数式をコピーしてもどうしてもうまくいかない。。。相対参照と絶対参照を理解するには簡単...

設定後、スピンボタンの上向き矢印(▲)をクリックした状態が下図です。

H1セルが「2021」になっているのがお分かり頂けるでしょうか。(まだA1セルは未設定ですのでカレンダーには反映されていません)。

年度が1つ更新された
年度が1つ更新された

スピンボタン 月の設定

今度は同様に、月を変化させるスピンボタンを設定します。

「I1」セルにスピンボタンを設置し、「コントロールの書式設定」を下図のようにします。

月ですので、「最小値」は「1」、「最大値」は「12」、「変化の増分「1」とします。

また、リンクするセルには「$I$1」に設定しています。

スピンボタン コントロールの書式設定 月
スピンボタン コントロールの書式設定 月

下図のように、スピンボタンの上下ボタンを利用することにより「年度」と「月」を変化させる準備が整いました。

「年度」と「月」を変化させる準備が整った
「年度」と「月」を変化させる準備が整った
スポンサーリンク

スピンボタンの動きをカレンダーに連動させる

いよいよ最後です。

スピンボタンの数値の変化を、カレンダーに連動します。

まずは、スピンボタンの数値を「2020年」「7月」に設定します。

下図の状態です。

スピンボタンの数値を「2020年」「7月」に設定する
スピンボタンの数値を「2020年」「7月」に設定する

こちらのカレンダーは冒頭で紹介した記事の中で紹介していますが、「A1」セルの日付によって下のカレンダーが連動します。

エクセルで自動万年カレンダーに祝日(2020年)を自動表示 365・2019・2016・2013・2010・2007対応
今回は先日公開した、万年利用できるカレンダーに祝日を自動表示する方法のご紹介です。祝日を自動表示する万年カレンダー年と月を入力するだけで自動的...

そこで、「A1」セルに「=DATE(H1,I1,1)」と入力をします。

「DATE関数」はそれぞれ「年」「月」「日」を引数にして、日付データを作成する関数です。

=DATE(H1,I1,1)

下図では、「年」をH1セルの値に、「月」をI1セルの値に、「日」を「1」に設定し、日付データとしています。

「DATE関数」でスピンボタンで設定された日付データを取得
「DATE関数」でスピンボタンで設定された日付データを取得

以上で完成です。

試しに「I1」セルのスピンボタン、上向き▲をクリックした状態が下図です。

2020年8月のカレンダーが表示されているのがお分かりいただけるでしょうか。

スピンボタンの操作に連動して2020年8月のカレンダーに変化
スピンボタンの操作に連動して2020年8月のカレンダーに変化
スポンサーリンク

スピンボタンはVBA(マクロ)を利用しなくても数値を変動させる

スピンボタンは、VBA(マクロ)を利用しなくてもセル内の数値を変動させることが可能な便利な機能(コントロール)です。

ただ、やはりVBA(マクロ)を利用した方が便利な場合が多いのも事実です。

マクロの記録でエクセル操作の自動化と「With」「End With」構文 土日でマスター エクセルVBA講座①
今回から、新しいカテゴリ「エクセルVBA」を追加し、エクセルのマクロであるVBA(ビジュアルペーシック・フォー・アプリケーションズ)の紹介をしていきたいと思い...

次回の記事では、簡単なマクロを利用することによってセル内にボタンを配置し、ボタンをクリックすることによってカレンダーの年度や月を変動する機能を紹介したいと思います。

追記:記事アップしました。

エクセルの万年カレンダーにコントロールボタンを設置してマクロを動かす&エクセルの関数をVBAで利用 土日でマスター エクセルVBA講座⑤
前回は、万年カレンダーにスピンボタンを設置して、年月をクリックすることによって移動させる記事を紹介しました。スピンボタンで年月を移動する万年カレンダー...
スポンサーリンク
Office・Windows
スポンサーリンク
リーダーの独り言をフォローする
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました