エクセルカレンダーで見る2022年(令和4年)の祝日一覧 3年ぶりに祝日がもとに戻る

2021年(令和3年)8月に入り、東京オリンピックが開催され、その賛否はさておき、その影響で2年連続で日本の祝日は移動しました。

2022年(令和4年)は、実に3年ぶりに本来の祝日に戻ります。

2022年(令和4年)の祝日は?ゴールデンウイークやシルバーウィークは?

気になる2022年度(令和4年度)の祝日・連休をカレンダー形式で見ていきたいと思います。

目次

2022年の祝日をエクセルのカレンダー形式で確認

今回のエクセルカレンダーは、下記のリンクで配布しています(自作)。

見やすい、と思った方はぜひご覧になってください。

それでは、気になる2022年(令和4年)の祝日をエクセルのカレンダー形式で確認していきましょう。

2022年1月は祝日2つに3連休が1つ

まずは2022年1月からです。

祝日は2日(元旦・成人の日)です。

成人の日をを含めて3連休が1つあります。

来年のお正月休み明けは、大多数の方は木曜日から始まりそうですね。

2022年1月のカレンダー

2022年2月は3連休が1つ、祝日2日

2022年2月はやや変則ではありますが、金曜日が祝日となり、金土日の3連休となっています。

2月は例年、固定された祝日しかありませんが、うまく3連休になりましたね。

2月の祝日はいずれも、移動させることはできない記念日となっています。

2022年2月のカレンダー

2022年3月も3連休が1つ

2022年は、3月にも3連休があります。

3月唯一の祝日、「春分の日」が月曜日にはまり、土日月の3連休となっています。

2022年3月のカレンダー

2022年4月のGW前半は3連休

2022年4月の祝日は、ゴールデンウイークの始まりである「昭和の日」があります。

「昭和の日」は金曜日となり、そこから金土日の3連休となっています。

2022年の4月までは金曜日に祝日が多いですね。

2022年4月のカレンダー

2022年5月のゴールデンウィークは週の真ん中に3連休

2022年、ゴールデンウィーク後半は週のちょうど真ん中に3連休となります。

月曜日(5月2日)と金曜日(5月6日)、両方とも有休が取れれば、4月のゴールデンウィーク前半とともに、なんと10連休になります。

なかなかそんなにうまく有休が取れる方は少ないと思いますが。

2022年5月のカレンダー

2022年6月も祝日はなし

例年、恒例ではありますが6月は祝日がありません。ここまで毎月あった3連休が途絶えています。

何か6月にも祝日を創設することを政府に期待したいですね。

もし創設したならば内閣支持率は大幅にあがりそうですが。

2022年6月のカレンダー

2022年7月は3年ぶりに通常の海の日に

2022年の祝日は海の日だけとなります。

「海の日」は7月の第3月曜日と決まっています。ここで3連休となります。

2022年7月のカレンダー

2022年8月は連休がなくなる

8月唯一の祝日である「山の日」は、本来8月11日と決まっています。

ですので月曜日とは限りません。2022年の山の日は木曜日となっています。

2022年8月のカレンダー

2022年9月は2つの3連休が

2022年9月は毎年9月の第3月曜日である「敬老の日」で3連休となります。

また、「秋分の日」が金曜にはまり、こちらも3連休となっています。

2022年9月のカレンダー

2022年10月に3年ぶりスポーツの日、復活

オリンピックの関係で、10月第2週の月曜日に制定されていた「スポーツの日(体育の日)」が3年ぶりに戻ってきました。

3連休が1つ、10月に復活します。

2022年10月のカレンダー

2022年11月は祝日2日も連休はなし

例年11月には2日の祝日がありますが、「文化の日」「勤労感謝の日」ともに固定された日付の祝日のため、2022年も連休とはなりませんでした。

2022年11月のカレンダー

令和になり、2022年12月も祝日はなし

令和になり、平成の間にずっと慣れ親しんでいた「天皇誕生日」の祝日が12月からなくなりました。

年も押し迫ったこの時期の祝日は非常にありがたかったのですが。

「平成天皇」上皇様の誕生日である12月23日はいずれ祝日になるそうです。

ただ、まだ2022年度は祝日にはなっていません。

いずれ祝日にはなるにしても、いろいろと政治的な問題があるようです。

自分は名称「平成の日」で12月23日は祝日にしてもらいたいと思っていますが(個人的見解です)。

2022年12月のカレンダー

日本の祝日は意外と少ない

改めてカレンダー形式で確認すると、日本の祝日は少なく感じますね。

合計で16日となっています。

少なくとも月に1日は祝日が欲しいと思う国民が、自分を含めて大勢を占めると思います。

2022年度は、6月・12月が祝日のない月となります。

いずれ12月は祝日が復活するのですが、ぜひとも自分に記憶のない、6月に祝日を設立して欲しいものです。

今回紹介したカレンダーは、エクセルVBAを利用した万年・祝日・土日自動表示、さらには予定を自由に書き込める(ここ重要)カレンダーとなっています。

興味のある方は下記のリンクをぜひご覧になってください。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる