エクセルでスペースで区切られた氏名を姓と名に分ける(分割する)3つの方法 フラッシュフィルが超便利!365・2019・2016・2013対応

スポンサーリンク

エクセルでスペースで区切られた氏名から「姓」「名」を分ける(分割する)方法は簡単です。

今回は3つの方法を紹介いたしますが、一番のオススメはその三の方法です。

スポンサーリンク

分割方法その一 文字列関数を利用する

スペースで区切られた「姓」と「名」を分割する方法は文字列関数を利用することによって可能です。

この方法は他サイトでもよく紹介されていますね。

詳しい文字列関数の解説は下記の記事をご覧ください。

エクセルの文字列関数でセルの文字列を自由自在に分割! LEFT関数・MID関数・RIGHT関数・LEN関数・FIND関数 365・2019・2016・2013・2010・2007対応
エクセルの文字列操作関数はたくさんあります。今回は、LEFT関数・MID関数・RIGHT関数・LEN関数・FIND関数を用いて住所から都道府県・市・区・町名に分割する方法です。長さの違う文字列を条件に当てはめて分割するA列...

「姓」を取り出す関数・数式

「姓」を取り出す関数・数式は下記のようになります。

=LEFT(A2,SEARCH(" ",A2)-1)

簡単ですね。「” ”(スペース)」の文字位置を「SEARCH関数」で取得し、「LEFT関数」で左からスペースの一つ前の文字までを抜き出しています。

「姓」を取り出す数式

「名」を取り出す関数・数式

「名」を取り出す関数・数式は、「RIGHT関数」と「LEN関数」、また「SEARCH関数」を利用します。

=RIGHT(A2,LEN(A2)-(SEARCH(" ",A2)))

「LEN関数」で文字列の長さを取得し、そこから「SEARCH関数」でスペースの位置までを引いた文字数を「RIGHT関数」で右から文字列「名」を取得します。

「名」と取り出す数式

その後、セルをドラッグして数式をコピーすれば「姓」と「名」に分割が可能です。

「姓」「名」に分割する方法 その1

分割方法その二 区切り位置を利用する

エクセルには、スペースやコンマ、ピリオドなどの記号をもとにテキストを分割する機能があります。

それが「区切り位置」機能です。まずA列全体を選択します。

「区切り位置」を利用して「姓」と「名」に分割する

その後、「データ」「区切り位置」をクリックします。

「データ」「区切り位置」

「区切り位置指定ウィザード」が開きます。まずは「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」を選択して、「次へ」をクリックします。

「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」

「区切り位置指定ウィザード」の2つ目の画面で「スペース」にチェックを入れます。

下図のように「姓」と「名」にうまく分割されていることを確認後、「次へ」をクリックします。

「区切り位置指定ウィザード」 その2

最後に、「列のデータ形式」を確認後、「完了」をクリックします。

列のデータ形式を選択

「区切り位置」を利用した「姓」と「名」の分割方法ですが、すでに「姓名」が入っているA列が上書きされて「姓」のみになります。

そのため、下記のようなメッセージが表示されますが、構わず「OK」ボタンをクリックします。

「既にデータがありますが、置き換えますか?」

すると、下図のようにA列に「姓」、B列に「名」が分割されます。

A列に「姓」、B列に「名」

「区切り位置」を利用すると、非常にシンプルに「姓」と「名」を分割することが可能です。

Excel(エクセル)でテキストファイル(BBenchのログファイル)を読み込む方法 & 「秒」を「時間:分:秒」表示に変更する方法 365・2019・2016・2013・2010・2007対応
テキストファイルをExcel(エクセル)に読み込む方法先日、GPD Pocket 2 のバッテリー対決で、BBench(バッテリーベンチマークソフト)を利用させていただきました。BBenchはログファイルを作成します。...

分割する方法その三 「フラッシュフィル」を利用する これは超便利!

分割する方法その三、「フラッシュフィル」を利用する方法です。今回の記事のメインです。非常に便利な機能です。

まずは、一人目はキーボードで「姓」と「名」を入力します。

キーボードで「姓」と「名」を入力

そして、2人目の「姓」のセルを選択します。

「姓」を入力するセルを1つだけ選択

その後、「データ」「フラッシュフィル」をクリックします。

「データ」「フラッシュフィル」

すると残り全員分の「姓」を取り出すことができました。

「フラッシュフィル」で全員の「姓」を一挙に抜き出す

同様に、2人目の「名」のセルを選択し、「データ」「フラッシュフィル」をクリックします。

「名」のセルを選択して「フラッシュフィル」をクリック

すると、残りの「名」もすべて取り出すことができました。一瞬です。

「名」も一瞬で取り出し可能

「フラッシュフィル」は、普通に「オートフィル」のメニューからも表示させることが可能です。

「オートフィル」のメニューにも「フラッシュフィル」が

ただ100人を超える氏名データがある場合などは、「オートフィル」でセルを選択するのは大変です。

ところが今回のように、2人目のセルを選択することによって、残り何百人のデータであっても一瞬でリストの最後まで「姓」「名」を取り出すことが可能になります。非常に便利な機能ですね。

エクセルで住所から都道府県と市や区名を関数で抽出・取り出す方法 市や区がない場合も取り出し可能! 365・2019・2016・2013・2010・2007対応
以前、文字列関数の使用方法の解説で都道府県、市、区や町名を取り出す方法について記事にしました。今回はその記事の上級者向けの、「住所一覧」から長さの違う都道府県名や、長さが違ったり、存在しない場合の「市」や「区」を取り出してセルに格...

「フラッシュフィル」という機能は、非常に便利なのですが、なかなか知られていないエクセルの機能の一つです。2013から利用が可能になっています。

例えば、下図のように逆に分割されたセルでも、D列に手動で「姓名」を入力し、「フラッシュフィル」で逆に「姓名」をスペースを含んで結合も可能になります。

「フラッシュフィル」で「姓名」を結合

今回は比較的簡単な「スペースで区切られた」氏名を、「姓」と「名」に分割する方法のご紹介でしたが、スペースがない氏名を「姓」と「名」に分割することは結構な準備と数式が必要です。

また後日、「スペース」がない氏名を「姓」と「名」に分割する方法を紹介したいと思います。

エクセルでスペースのない氏名(姓名)を姓(名字)と名に分割する(分ける)方法 意外と簡単 「VLOOKUP関数」で名字を確定して名前も取り出す! 365・2019・2016・2013・2010・2007対応
エクセルで、姓と名の間にスペースがある氏名から「姓」と「名」に分割する方法は簡単です。ところが、姓と名の間にスペースや区切り文字がない場合、「姓」と「名」に分割するのは非常に難しい作業となります。さすがのエクセルも...

コメント

タイトルとURLをコピーしました