ネットに溢れているただのエクセル万年カレンダーではない! 予定を書込み・記憶しながら一つのシートでスケジュール管理できるほんとの万能万年カレンダー グループウェア風の利用がおすすめ!

万年自動祝日カレンダーでググるといろいろな記事を目にします。

実際、当サイトもネットで溢れている「ごく普通」の祝日・土日色分けカレンダーの記事を投稿しています。

しかし今回紹介するカレンダーは、そんじょそこらの「自動万年カレンダー」とは訳が違います。

一つのシートで予定を記憶・記録し、自由自在に月を移動しながらも祝日自動表示は当たり前、土日色分けも当然、エクセル一つで永久にスケジュールを管理することができるカレンダーです。

もちろん、翌月のカレンダーはシートをコピーして、というようなしょぼいものではありません。

目次

まずは縦型 長い予定を書き込む完全万年カレンダー

まずは縦に並んでいるカレンダーからの紹介です。

下図のように、一見普通のシートを利用した万年カレンダーのように見えます。

ごく普通の万年カレンダーに見えるがただものではない

ところがこちらのカレンダーは、「▶(翌月に進む)」「▶▶(翌年に進む)」「◀(前月に戻る)」「◀◀(前年に戻る)」ボタンを備えていて、自由に予定を確認することができます。

各月の予定は「カレンダー」シート一つで表示されます。

よくあるエクセルの万年カレンダーとは仕様そのものが違います。

シートをコピーして、翌月分を作成するようなカレンダーではありません。

「一つのシート」で、すべての予定を管理できます。

下図は、翌月に移動した状態です。

9月の予定が消えて、行の高さが元に戻っているのがお分かりいただけますでしょうか。

さらには、各月に合わせて日数を自動調整しています。

一つのシートで予定をすべて管理できる

前月に戻る(◀)と、もちろん記憶・記録した予定は表示されます。

これだけでも、いわゆる「エクセルで万年カレンダー」とは一味違うことがお判りいただけると思います。

このようなカレンダーは自分がネットでググる限りは存在していないと思います。

エクセルのシート一つですべての予定を管理できます。

理論上は9999年12月まで利用が可能です。

エクセルだけでカレンダーで予定管理が完璧にできる

先述しましたが、こちらの縦型カレンダーは月によって日数が自動的に変動します。

もちろん、うるう年の2月29日にも完全対応です。

今後のうるう年にも完全対応

こちらから、このカレンダーの仕様版の無料ダウンロードが可能です。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる