Excel(エクセル)2019の新機能! 追加された新関数IFS(イフエス)の使い方 IF関数よりもシンプルに条件分岐が可能!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Excel(エクセル)2019で追加された機能

Excel2019になっていろいろな機能が追加されています。

Office2019とOffice365って区別が難しい! あなたのOffice365はすでにOffice2019同等、いや同等以上の機能になってる!
Office365を使っていればOffice2019に?僕がOffice365を使い始めた当初は、バージョン2016でした。2018年10月1日に発売された、現在の最新バージョンであるOffice2019は、Office2016か...
  • CONCAT
  • IFS
  • MAXIFS
  • MINIFS
  • SWICHI
  • TEXTJOIN

最後にSがついている関数以外は何となく名前で機能は想像できそうですが、最後にSがついているのはSpecial(スペシャル)のSですかね?

今回は新しく追加された関数の一つ、「IFS(イフエス)」関数の使い方です。

IFS(イフエス)ってOffice2019の新しい関数だったんだ!

IFS関数ってOffice2019の新しい関数だったんですね。COUNTFSは便利でよく使っていますけど、こちらはOffice2007から使用できるみたいで、普通に使っていました。COUNTFSの方が複雑な処理が簡単にできるので便利なような・・・。

Word(ワード)2019 & 365で数式挿入 新機能でLaTeX構文にも対応! 数式エディターは削除されたが、「インク数式」は入力の手間がぐっと省ける!これからの数式はインク数式で
Word(ワード)から数式エディターが削除されたWord(ワード)がバージョンアップされて、旧来の数式エディターが削除されたっていう噂が飛び込んきて、会社でも話題になりました。半年?くらい前です。実際には2018年の初めくらいみた...

とりあえず今回はOffice2019の新しい関数の中から、IFS関数の使い方を簡単に紹介します。

IFS関数とは

IFS(イフエス)関数は、従来まであった関数、IF関数の強化版です。

入れ子になった複雑な IF 関数を入力するのは大変ではありませんか? IFS 関数はそれを解決するものです。この関数では、指定した順に条件がテストされます。テストに合格すると、結果が返されます。どの条件も満たされていない場合は else “catch all” を指定することもできます。詳細については、「IFS 関数」を参照してください。

Windows 版 Excel 2019 の新機能

今回は、得点によって、「S」「A」「B」「C」「D」の評価を表示します。

完成画面

まずは関数の検索から

「A2」セルをクリックして、関数の挿入をしてください。

関数の挿入 fxをクリック

そして、関数の検索から「ifs」と入力して「検索開始(G)」です。

新関数「IFS」の検索画面

「OK」ボタンをクリックして、「論理式1」を入力、「値」が「真」の場合の文字列を挿入します。

「IFS関数」引数の入力画面

「論理式1」に「a2>=90」、「値が真の場合1」に「S」と入力します。

これは「a2」セルの値が、90を超えるまたは同じ場合に「S」の文字列を「b2」セルに表示させるという意味です。

A2の値が90以上の場合は「S」を表示

同様に「論理式2~4」にそれぞれ「a2>=80」、「a2>=60」、「a2>=40」と入力し、「値が真の場合2~4」にそれぞれ「A」、「B」、「C」を入力します。””は不要です(次のボックスをクリックすると自動的に入ります)。論理式1から順に検査し、条件に合えば該当の文字列が表示されます。

論理式2~4と値が真の場合2~4の入力

どの条件にも当てはまらない場合は論理式に「true」を

最後に、どの条件にも当てはまらない場合を、今回は「論理式5」に「true」と入力し、「値が真の場合5」に「D」を入力し、「OK」を押します。

いずれの条件にも当てはまらない場合を「true」とする

「A2」セルに「=IFS(A2>=90,”S”,A2>=80,”A”,A2>=60,”B”,A2>=40,”C”,TRUE,”D”)」と入力されていたらOKです。

評価が表示された

後は、オートフィルで「B2」から「B7」までドラッグするだけです。

書式なしコピーを忘れずに!

いかがでしたか?慣れれば簡単に応用できると思います。

従来のIF関数と比べると

IFS関数の以前のIF関数では、ネスト(関数の中に関数を入れる)がいっぱいで、項目が多くなると分けがわからなくなりましたが、IFS関数なら簡単に条件分岐できますね!

従来のIF関数

=IF(A2>=90,”S”,IF(A2>=80,”A”,IF(A2>=60,”B”,IF(A2>=40,”C”,”D”))))

今回のIFS関数

=IFS(A2>=90,”S”,A2>=80,”A”,A2>=60,”B”,A2>=40,”C”,TRUE,”D”)

IF関数では、最後の「)」がすごいことに。。。今回は、分岐が4つだけでしたのでまだましですが、10個も分岐をすれば訳が分からなくなってました(笑)。IFS関数なら、分岐が10個あっても整理しやすいですね。

次回は、もっと便利ですが難しい、COUNTIFS関数を紹介したいと思います。

Excel(エクセル)関数 Sシリーズ 便利なCOUNTIFS関数 今での苦労は何だったんだ? 2019新機能の新関数IFSより難しいけど超役立つ!
Excel(エクセル)2019の新関数 IFSExcel2019になってIFS関数が追加されました。僕的には前からあったような気がするんですが、Office365を使っていたからでしょうかね。ちゃんとマイクロソフト...
スポンサーリンク
Office・Windows
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました