Word(ワード)2019 & 365で数式挿入 新機能でLaTeX構文にも対応! 数式エディターは削除されたが、「インク数式」は入力の手間がぐっと省ける!これからの数式はインク数式で

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Word(ワード)から数式エディターが削除された

Word(ワード)がバージョンアップされて、旧来の数式エディターが削除されたっていう噂が飛び込んきて、会社でも話題になりました。半年?くらい前です。実際には2018年の初めくらいみたいですが、最近はあまり数式エディターを利用することがなかったので不便を感じていませんでした。同僚に相談されて、「ふーん、で?」って感じでしたが、数式を利用する方からすればそれはもう大変な騒ぎだったようです。以前のバージョンに戻したら利用できるとか、「MathType Lite」を利用すればいいとのことで一応の解決がついたみたいです。

Microsoft(マイクロソフト)Wordの数式の挿入

Wordに入っていた数式エディター3.0、確かに便利でした。僕も利用していた時期もありました。その一方で、Word独自の数式も、2007からでしたっけ?追加されていました。ただ当時は正直しょぼい(失礼)機能で、使い物にならなかった記憶があります。そりゃもう正直、Wordの「挿入」「数式」では、分数でさえも全然使えねーって感じでした。

時代は進化していた!数式がとてもきれいに挿入できるように!

時は過ぎ(いつの話だ)、先述の数式エディターがWordから削除された頃から、一応同僚に頼まれていたので数式を気にするようになりました。数式エディターで作成した過去の資料を編集するには「MathType Lite」を利用するしかないようですが、今後数式を利用するなら、Word(ワード)本来の機能である「数式の挿入」で十分利用が可能なくらいに進化しています。

Office(オフィス)2019&365現在の数式は素晴らしい!

いきなりですが、Wordのメニューより、「挿入」「数式」から「フーリエ級数」(よく知らない)を挿入してみました。

フーリエ級数の挿入

一応、「フーリエ級数」とは、Wikipediaからの引用です。

フーリエ級数(フーリエきゅうすう、Fourier series)とは、複雑な周期関数や周期信号を、単純な形の周期性をもつ関数の(無限の)和によって表したものである。フーリエ級数は、フランスの数学者ジョゼフ・フーリエによって金属板の中での熱伝導に関する研究の中で導入された。


フーリエ級数 – Wikipedia

おお、素晴らしい!以前のWord(ワード)の数式しか知らなかった僕には感動ものです!

「フーリエ級数」Word数式

ただ、これは組み込み関数なので、クリック一つで挿入できますが、これをキーボードで一から入力するのは手間がかかりすぎる。。。

そこで今回紹介する、とても便利な機能である「インク数式」の利用方法です。

「インク数式」って便利!知ってました?

お恥ずかしながら僕は知りませんでした。めっちゃ便利ですね。手書きで数式を書くと、それをWordが認識し、挿入してくれます。

「挿入」「数式」から「数式ツール」のメニューの一番左の「インク数式」です。

「インク数式」数式を手書きで挿入します。

すると、下図のようなダイアログボックスが開きます。

数式入力コントロール画面

試しに、ちょっと複雑な数式を、手書きで入力してみます。

数式を手書きで入力

おお、素晴らしい認識力です(へた字でごめんなさい)!こんなへた字でも大丈夫なんですね。

続いて、みなさんも中学で学習した「解の公式」にチャレンジしてみます。

Word数式インク 「解の公式」

相変わらずへた字(笑)。でも、ちゃんと認識してくれています!うまくいかない場合も、「消去」や「選択と修正」で再認識してくれますよ。これを以前の数式エディター(MathType)や、キーボードで入力していたら凄い時間がかかります。それが、へた字(笑)でもあっという間に数式が入力できます!

One Mix 2sでスタイラスペンを利用・活用してみた 意外と便利 & PDFに直接手書き文字を書き込み・保存できるMicrosoft Edgeは進化していた!
One Mix 2sをポチったとき、思わずスタイラスペン付きのモデルを購入したのですが、今までスタイラスペンを利用したことがほとんどありませんでした。せっかくのスタイラスペンなので、今回はいろいろな活用方法がないか考えてみ...

エクセルにも数式を入力できる!

Office(オフィス)2019&2017&365では、エクセルでも数式を同様に入力することができます。

Excel(エクセル)の「挿入」リボンの右端の「記号と特殊文字」をクリックして、「数式」です。

エクセル(Excel) 数式の挿入

もちろん、セルに入るわけではなく、図としての挿入になりますが、エクセルで数式が利用できるのは超便利ですね。

エクエル(Excel)数式を挿入

もちろん、インク数式も利用可能です。

Word(ワード)2019&365の新機能 LaTeX入力

ところで、Word(ワード)2019(365)の新しい機能である数式には、「LaTeX入力」なるものがあります。

数式で LaTeX 構文を使用する

Word は、数式を作成して編集できる LaTeX の数式構文をサポートするようになりました。[数式] タブから LaTeX 形式を選択して、数式を記述します。

Word 2019 for Windows の新機能 – Word – Office Support – Office 365

LaTeXとは、文字や図版の要素を紙面に配置する作業をコンピューターで行うことができる機能です。

TeX,LaTeX とは?
TeX は Donald Ervin Knuth によって開発された,フリーの「組版システム」です。 すなわち,活版印刷のような「文字や図版などの要素を紙面に配置する」という作業をコンピュータで行います。

LaTeX は TeX の上に構築されたフリーの文書処理システムです。 Leslie Lamport によって開発されました。 TeX は「組版のために開発された言語」でもあり,そのままでは使いにくい点もあるので,LaTeX では一般的な文書作成に便利な機能拡張がなされています。

LaTeX入門 – TeX Wiki

UnicodeとLaTeX構文の数式の違い

見た目が、より数式っぽい(教科書に載っている書体)のはLaTeXの方ですね。以前の数式エディターがそうであったように、教科書の書体に合わせるにはLaTeX構文の方がいいですね。

上:Unicode、下:LaTeXの数式

実際にWordで数式を利用する際には、LaTeX構文をおすすめします。

Office(オフィス)の数式エディター

冒頭でも紹介しましたが、Word(ワード)の数式エディターがなくなって、戸惑われた方も多かったと思いますが、今後はWord(ワード)2019&365の新機能、LaTeX構文の数式を利用されたらいかがでしょうか。以前の数式エディターよりも、インク数式を利用すれば入力の手間も省けますし、見た目も変わらないですから。しかし、Word(ワード)の数式の挿入もすごく進化したものですね。搭載された当初は分数もほんとにしょぼい(失礼)ものでしたから、素晴らしい進歩ですね。僕もこれからは、数式を入力する機会があれば、Word2019&365の新機能、LaTeX構文のインク数式を利用していきたいと思います。

最新Office(オフィス)2019よりOffice365の方が最新? Office365は進化し続ける!
Microsoft(マイクロソフト)Office(オフィス)の最新バージョン、2019が2019年1月22日より、日本でも販売が開始されました。Office2019は買い切り型の永久ライセンスOffice2019は...
スポンサーリンク
Office・Windows
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました