エクセルの条件付き書式で期限・締め切りが迫るとセルの色が変わる設定方法 & EDATE関数で正確な2か月後、半年前などの日付を取得する方法 365・2019・2016・2013・2010・2007対応

目次

何か月後または何か月前の日付を取得する「EDATE関数」

実は、「A13」セルと「A16」セルにEDATE関数を使用しています。

「A13」 セルには、基準の日(今日)から1ヵ月後の日付を取得するように設定しています。

設定の日から1ヵ月後の日付を取得

また、 「A16」セル には2ヵ月後の日付を取得するように設定しています。

2ヵ月後の日付を取得

実際に、それぞれのセルに入力している数式をB列に表示してみました。

月ごとの日数の計算は単純にはいかない

EDATE関数の使い方

EDATE関数は具体的には、下記のようになります。

=EDATE(基準となるセル,月数)

1ヶ月後であれば月数を「1」、2ヶ月前は「-2」といったように2つ目の引数を設定します。

これで、例えば「=EDATE(A9, 2)」と入力をすると、セル「A9」からちょうど2ヶ月後の同じ日が表示されます。「A9(基準となる日)」を「2月1日」とするとEDATE関数の結果では「4月1日」が表示されます。

試しに、先ほどの「書式ルールの編集」でEDATE関数を利用してみましょう。

「次の値」の右側を「=EDATE($A$9,2)-1」とします。基準となるセル($A$9)の「2月1日」から2か月後、4月1日からマイナス1していますので、「3月31日」の間の数値が書式設定によってセルの色が変更されます。

EDATE関数を利用して2ヶ月後の日付を計算

いかがでしょうか。1ヶ月の日数に関わらず2ヶ月以内の日数のセルに色を付けることができました。

2ヶ月以内のセルの色を変更

エクセルの日付の計算はなかなか難しい

エクセルでは日付データをシリアル値(1900年1月1日を1として、そこからの経過日数)で管理しています。

シリアル値と日付のやり取りは簡単にできますが、今回のような月数をまたがる計算をする場合には「EDATE関数」は非常に役に立ちます。

note上にて、さまざまな役に立つエクセルファイルを公開中です。

ぜひご覧になってください。

1 2
よかったらシェアしてね!

関連コンテンツ

コメント

コメント一覧 (4件)

  • はじめまして。
    質問してもよろしいでしょうか?
    どうしてもできないので教えて頂きたいです。

    エクセルに入力してある日付に対して
    今日の日付から2か月先の日付のセルを赤色に変更。
    今日より過去の日付が入力されているものを青色に変えたい場合の
    条件書式の方法を教えて下さい。
    また、上記に対して空白のセルも色が変わらないようにしたいです。

    宜しくお願い致します。

    • 山下様
      コメントありがとうございます。
      条件付き書式の数式にtoday関数を利用してはいかがでしょうか?
      数式はこんな感じです。
      書式を変更したいセルをA3と仮定した場合です
      2ヶ月後 「=a3>edate(today(),2)」
      過去の日付 「=a3

    • <today()」
      うまくいかないようであれば、こちらのコメントに返信いただけたら幸いです。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる