OUTLOOK(アウトルック)が「プロファイルの読み込み中」から動かなくなった! 365・2019・2016 解決済! 「Scanpst.exe」の場所が分からない方も必見!

マイクロソフトオフィスのトラブルは日々様々な困った形で現れます。

今回は、OUTLOOK(アウトルック)が「プロファイルの読み込み中」の画面のまま止まってしまう状態に遭遇しました。

OUTLOOKが「プロファイルの読み込み中」から動かない
スポンサーリンク

OUTLOOKの「プロファイルの読み込み中」問題で事前に調べた対策法

OUTLOOKの「プロファイルの読み込み中」で動かない問題で、事前に調べた対策は以下の通りです。

  • タスクマネージャーでプロセス終了
  • Office プログラムの修復(クイック修復)
  • Office プログラムの修復(オンライン修復)
  • オフィスのアンインストール&再インストール
  • 「Scanpst.exe」の実行

順番に試していきます。

スポンサーリンク

タスクマネージャーで「OUTLOOK.exe」のプロセスを終了

タスクマネージャーを起動するには、キーボードの「Ctrl」+「Shift」+「Esc」を同時に押します。

タスクマネージャーが起動しますので、「Microsoft Outlook」を選択し、「タスクの終了」クリックします。

タスクマネージャーで「Microsoft Outlook」のタスクを終了

その後、再度アウトルックを起動してみましたがやはり「プロファイルの読み込み中」で止まってしまいます。

次に進みます。

スポンサーリンク

Office プログラムの修復(クイック修復)と(オンライン修復)の実行

マイクロソフトオフィスの調子が悪いとき、まず試してみることは「Offce プログラムの修復」です。

Windows10起動時にワードやエクセルなどのOfficeが勝手に起動する Officeの修復でも直らないバグ? 起動させない方法はめんどうくさいが。。。2つの方法の紹介
最近、気づいたらWindows10を起動するたびにエクセルが開くようになりました。いつからかははっきりと覚えていませんがごく最近のように思います。今までは何も考えずに面倒くさいですが「閉じる」ボタンを押して閉じていたのですが、ネッ...

「Offce プログラムの修復」には、「クイック修復」と「オンライン修復」の2つがあります。

「Office プログラムの修復」を実行するには、コントロールパネルを開いて、「プログラムのアンインストール」をクリックします(コントロールパネルの表示がカテゴリの場合)。

Windows システム ツール 「コントロールパネル」
「プログラムのアンインストール」

「プログラムのアンインストールまたは変更」の画面から「Microsoft Office 365」をクリックし、上の「変更」をクリックします。

「Microsoft Office」 「変更」をクリック

すると、「Office プログラムをどのように修復しますか?」というメッセージとともにOfficeの修復画面になります。

Office プログラムをどのように修復しますか?

「クイック修復」はインターネットに接続しないですぐに修復が完了します。

「オンライン修復」は時間がかかります。さらに、あの「Microsoft Teams」が復活します。

Microsoft Teamsが勝手にインストールされる! アンインストールしても再起動するとまた復活する! 自動起動しないように完全に眠ってもらう2つの方法
最近になってまた「Microsoft Teams」のサインイン画面がWindows10の起動時に表示されるようになりました。ずいぶん前に、アンインストールしたはずなのですが、また最近出現し始めました。Microsoft T...

まずは「クイック修復」を試したところ、通常より長めに時間がかかりましたが、なんとこの段階で、「プロファイルの読み込み中」の問題は解決しました。

今回は意外とあっさりと問題が解決しました。

もし、解決しない場合は「オンライン修復」を試してみてください。

スポンサーリンク

オフィスのアンインストールと再インストールを試してみる

実際には、今回は「Office プログラムの修復」で解決しましたが、解決できない場合の方法をご紹介します。

先述した「プログラムのアンインストールまたは変更」で、「アンインストール」を選択します。

「プログラムのアンインストールまたは変更」

そして、「Microsoft Offce」をアンインストール後、再度インストールします。

オフィスの調子が悪いときには、プログラムのアンインストール&再インストールが解決することも多いです。

ただOffce2019以降(365含む)は、明示的に選択しない限りは64ビット版オフィスがインストールされるので注意が必要です。

OFFICE2019から64ビット版のインストールがデフォルトに!365も同様 明示的に32ビット版をインストールする方法 マクロの挙動には注意が必要
先日、何気なくマクロを利用したエクセルファイルを開くと、コンパイルエラーが。コンパイルエラー 「このプロジェクトのコードは、64 ビット システムで使用するために更新する必要があります。Declare ステートメントの確認...
スポンサーリンク

Scanpst.exeによるアウトルックの「PST」ファイルの修復 「受信トレイ修復ツール」

最悪でも、「Scanpst.exe」で解決するとは思っていました。

「Scanpst.exe」による「PST」ファイルの修復の方法です。「Scanpst.exe」はバージョンによっても違いますが、下記の場所にあります。

C:\Program Files\Microsoft Office\root\Office16

見つからない方は、マイクロソフトから「受信トレイ修復ツール」が提供されていますので、そちらを利用してください。

下記リンクをクリックします。

http://download.microsoft.com/download/8/b/8/8b889bfe-9118-4f74-9fc4-ebc4c163b02c/microsofteasyfix20101.mini.diagcab

するとブラウザの下部にダウンロードされたファイルが表示されますので、クリックします。

「簡易修正ツール」をダウンロード

クリックすると、「簡易修正ツール」が表示されますので「次へ」をクリックします。

「簡易修正ツール」

すると、「Microsoft Outlook 受信トレイ修復ツール」(Scanpst.exeと同じ)が開きます。

「Microsoft Outlook 受信トレイ修復ツール」(Scanpst.exe)で「開始」をクリックする前にOutlookを終了しておく必要があります。

Outlookを終了後、「開始」をクリックします。

「Microsoft Outlook 受信トレイ修復ツール」

「Scanpst.exe」をパソコンから探し出すよりも、リンク先の「Microsoft Outlook 受信トレイ修復ツール」 を利用するほうが楽ですね。内容は全く同じです。

スポンサーリンク

マイクロソフトオフィスに自分は日々トラブルに見舞われている

自分はマイクロソフトオフィス製品には、日々トラブルに巻き込まれることが多いです。

必見! エクセルのさまざまなトラブル・困ったことを解決してきました! エクセルトラブル解決集 365・2019・2016・2013・2010・2007対応
当サイトでは、「日々様々なことを解決していきます」をモットーにブログを執筆中です。今までブログ内の記事で、エクセルで様々な困ったことを解決してきました。今回は解決済みのそれらのトラブルをまとめてみました。エクセルの...

ただ、解決したときは大いなる達成感を味わうことができます。

当サイトでは、マイクロソフトオフィスに関するトラブルに対して日々、解決していきたいと思います。

Outlook(アウトルック)でよくあるメールが文字化け 読む方法は超簡単です。で、今回は本気で調べてみたら何と原因は自分だったなんて。。。解決済み!
みなさん、他人からメールが来た時、よく文字化けすることはないですか?文字化けメールを読めるようにするのは簡単です。いつもある特定の複数の人から来るメールが文字化けするので、「この人たち、ちゃんとメールの設定してるんだろうか?」なんて人のせ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました