OneGX1、日本では2020年6月29日に予約販売開始! 本当にTiger Lakeは間に合わない、のか???

One-Netbook社初のゲーミングUMPC、OneGX1ですが日本では2020年6月29日から予約販売が開始されます。

日本(海外)向けOneGX1は2020年6月29日に予約開始

ただ、当初搭載予定であったIntel第11世代モバイルプロセッサ「Tiger Lake」の出荷が当初の予定より遅れているとのことでOneGX1はまず「Comet Lake」搭載UMPCとして予約販売が開始されるとの情報が出回っています。

実際、中国ではすでに予約販売が開始されていますが、そのスペック表によると、CPUには「Core i5-10210Y」となっています。

https://tieba.baidu.com/p/6698192294

果たしてOne-Netbook社初のゲーミングUMPC、OneGX1は日本(海外)での予約販売でもTiger Lakeではなく、Comet Lake「Core i5-10210Y」を搭載するのでしょうか。

スポンサーリンク

One-NetBook社の日本公式ツイートでは「Comet Lake」であることを認めている

comet lakeなのは本当ですか?

はい。
Tiger Lakeの発売が延期されたため、Tiger Lakeを搭載したのは今年の後半には出る予定です。ご理解を頂ければ幸いです。

でも、このコメントはOneGXテスターからの画像に関するツイートに返信しただけで、OneGXテスト(プロトタイプ)モデルが「Comet Lake」であることを認めているだけであって、製品版が必ずしも「Comet Lake」搭載であることを認めているわけではないのはでしょうか(個人的感想)。

スポンサーリンク

From OneGX1テスターからの画像から分かること

以下の画像は、One-Netbook社から正式に提供いただいたOneGXテスターからの画像です。

From OneGX1テスターからの画像 その1
From OneGX1テスターからの画像その2
From OneGX1テスターからの画像その3
From OneGX1テスターからの画像その4

OneGX1のボディが鮮明に分かる画像ですが、CPUに関しては全く記載はありません。

中国ですでに予約販売されているOneGX1は「OneGX ファッションエディション(カジュアル版)」と呼ばれています。

あくまで現在中国で予約販売されているOneGX1(プロトタイプ)が「OneGX ファッションエディション(カジュアル版)」であり、日本(海外)販売モデルは仕様が違う可能性もあるのではないでしょうか(個人的感想)。

One-NetBook社担当者からのメールを引用します。

さらに、早期予約特典も付きます。
6月29日にOneGx1をご予約されたお客様にOneGx1コントローラーをプレゼント!
コントローラーの数量は限定ですので、先着顺でお配りさせて顶きます。
もっと詳しい情報は、予約開始する前に、改めてご連絡いたします。

お手数をおかけいたしますが、読者達にご紹介して頂ければ大変助かります!

これからも、公式ツイッターにてもっと多くのゲーム動画を発信いたしますので、
よろしくお願いします!

まだまだもっと多くのゲーム動画の配信がありそうです。期待しています。

スポンサーリンク

画像で見るOneGX1のアピールポイントは

以下の画像は、One-Netbook社より正式に提供いただいたものです。

OneGX1は、7インチ液晶搭載で4G(5G)搭載で最も小さいUMPCとなります。

7インチ液晶でSmallest

下記の画像では、SIMカードスロットの搭載も判明しています。

SIMカードスロットを標準搭載

次の動画は実際にSIMスロットにSIMカードを挿入している場面です。

次の画像は、すでに当サイトでも紹介しているOneGX1、4つのモードです。

OneGX1、4つのモード
OneGX1は4つのモードで楽しめる! 着脱式コントローラー画像と4つのモードの詳細を紹介!
One-Netbook社担当者様から、新たにOneGXの画像を提供いただきました。7インチ液晶搭載で5G対応の世界で最も小さなゲーミングUMPC、「O...
スポンサーリンク

「Tiger Lake」内蔵GPU「Xe」は何が凄いのか

現在クラウドファンディング中であり、Amazonでの一般予約販売を開始しているライバル機、GPD WIN MAXはCPUにCore i5-1035G7を搭載しています。

内蔵GPUである「Iris」は「UHD Graphics 620」と比べて、ゲームにおけるフレームレートが最大1.8倍に向上したということです。

クラウドファンディング中のGPD WIN MAXがAmazonに登場! クラウドファンディングよりもおすすめ!
クラウドファンディング中の注目のゲーミングUMPC、GPD社のGPD WIN MAXですが、日本正規販売代理店のデントオンライン(Three One)から早く...

さらに「Tiger Lake」に搭載される内蔵GPUである「Xe」は「Iris」の2倍の性能を誇るとのことです。

Tiger Lake内蔵GPU「Xe」の性能はIrisの2倍に? eスポーツ普及促すインテル
インテルが都内で開催した開発者向けカンファレンス「インテル デベロッパー・カンファレンス 2019」で、2020年に市場投入が計画されている次世代の主力CPU「Tiger Lake」(マイクロアーキテクチャの開発コード名)の性能について言及があった。

Tiger Lake搭載内蔵GPU「Xe」は、Comet Lake搭載の内蔵GPUの実に4倍の性能となります。

もしOneGX日本販売モデルに「Tiger Lake」が搭載されればゲーミングUMPCとして、素晴らしいスペックとなりそうですね。

スポンサーリンク

OneGXの国内到着までに「Tiger Lake」は間に合うのか?

報道によると、「Tiger Lake」搭載パソコンは2020年後半とされています。

OneGXが実際に国内に到着するのは2020年8月となっています。

2020年8月と言えば、すでに2020年後半に差しかかっています。

OneGXに「Tiger Lake」は搭載されるのか?

果たして、2020年6月29日にOne-NetBook社より発表される「OneGX」のスペックに「Tiger Lake」の文字はあるのでしょうか。

個人的であり、希望的観測でもありますが自分は「OneGX」のスペック一覧に「Tiger Lake」の記載があることについて、可能性はあると思っています。

2020年6月29日の発表が待ち遠しいですね。

追記:やはり間に合いませんでしたね。。。

OneGX1、ついにAmazonで予約販売開始! 99,980円から& geekbuyingのクーポンコードも 新作発表会が東京&YouTubeで!
One-Netbook社初のゲーミングUMPC、OneGX1の予約販売がついに開始されました。当初、Intel第11世代モバイルプロセッサ「Tiger...
スポンサーリンク
UMPC
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました