GPD WIN 3がデントオンラインショップで先行販売開始! Amazonでの販売も開始!!

ハンドヘルドゲーミングUMPC、GPD WIN 3の先行予約販売が、デントオンラインショップで始まりました。

前モデルのGPD WIN MAXのときはクラウドファンディング中に正規販売代理店からも販売されたのですが、今回は少し遅れての販売となりました。

ハンドヘルドゲーミングUMPC、GPD WIN 3

追記:Amazonでも販売開始されました。

目次

CPUの違いによる2モデル展開

デントオンラインショップでは、CPUの違いにより2モデルの展開となっています。

GPDWin3 Standard版(Core-i5搭載)が129,000円(税込)、GPDWin3 Ultimate版(Core-i7搭載)が149,000円(税込)となっています。

下の画像はGPD WIN 3のカラーバリエーションです。

クラウドファンディング時に限定モデルとしてブラック+シルバーツートンの筐体(右側)がありましたが、今回デントオンラインショップでの予約販売はブラックのみとなります。

自分的な好みで言えばオールブラックの筐体の方ががいいですね(ブラックが好き)。

デントオンラインショップではブラックのみ(右:クラウドファンディング限定モデルブラック+シルバーツートンカラー)

GPD WIN 3の主なスペック

以下、デントオンラインショップから主なスペックをテーブルにまとめてみました。

画面サイズ5.5インチ
アスペクト比16:9
画面解像度1280×720(HD 720)
CPUIntel Core i7-1165G7またはCore i5-1135G7
GPUIris Xe グラフィックス
メインメモリ16GB
ストレージNVMe(PCIe)接続SSD1TB
バッテリー容量3950mAh × 3
本体質量約560g
本体サイズ198 x 92 x 27 mm

GPD WIN 3の魅力は、なんといってもその本体サイズのコンパクトさにあります。

ゲーミング専用マシンサイズでありながら、Windows 10を搭載し、パソコンとしても利用できる点です。

コンパクトな筐体でありながらキーボードを搭載

超コンパクトな筐体サイズのGPD WIN 3ですが、小さいながらもキーボードも搭載しています。

まあ、お世辞にもあまり実用的とは言えませんが。

GPD WIN 3のキーボード

別売りドッキングステーションでGPD WIN 3を母艦にメインマシンとしての利用も可能

また別売りではありますが、専用のドッキングステーションに接続することで、GPD WIN 3を母艦として自宅の大画面モニターに出力し、ゲームや作業用パソコンとして利用できます。

何しろ基本スペックが贅沢ですから、そこらのデスクトップパソコンに負けない、メインマシンとしての利用でも十分な性能となっています。

GPD WIN 3専用別売りドッキングステーション

国内正規販売店デントオンラインショップは安心

以前、自分はデントオンラインショップでGPD Pocket 2を購入した経験があります。

その際、そのGPD Pocket 2は初期不良だったのですが、丁寧で迅速な対応をしていただいた経験があります。

やり取りはもちろん日本語で、こちらの意図もスムーズに伝えることができ、安心してサポートを受けることができました。

同じく初期不良だったgeeekbuyingで購入したOneMix3のときは、Google翻訳を使いながらもこちらの意図がうまく伝わらずにやり取りが大変でした。

デントオンラインショップではGPDオリジナルグッズも開発・販売

また、デントオンラインショップはGPDシリーズのオリジナル商品も販売しています。

GPD WIN 3用には販売されないとは思いますが、GPD WIN MAX用の保護ケース「BODY GUARDIAN」も完成したとの記事もありました。

今のところ、GPD WIN 3のAmazonでの販売リンクは見つかりませんでしたが、またAmazonで販売され次第こちらの記事に追記していきたいと思います。

追記:開始されました!

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる