OneMix4がAmazonで予約販売開始! geekbuyingでもプレオーダー開始! クーポンコードも入手!

One-Netbook社からはまだ連絡はありませんが、Amazonを見ていたらなんとOneMix4が予約販売されていました!

すでに中国では製品化されているようですが、今回はAmazonでの販売でなんと日本語キーボードを搭載しています。

ちなみに日本正規販売代理店テックワン社のティザーサイトではまだ詳細の告知はありません。

追記:テックワンのサイトでも予約販売開始されました。

目次

OneMix4の詳細スペックは?

もはやUMPCと呼べなくなった10.1インチ液晶搭載のOneMix4ですが、液晶サイズが大きくなったことにより、筐体サイズも大型化しています(それでも非常にコンパクトなノートパソコンなのですが)。

10.1型液晶搭載でbiggerになった筐体だが厚さなんと1.1cm!

筐体サイズは、22.7 x 15.73 x 1.1 cmとなっています。

厚さ実に1.1㎝!非常にスリムなボディとなっています。

厚み1.1cmの超スリムなボディ

本体質量はおよそ769gとUMPC(ウルトラモバイルPC)からするとやや重い部類ですが、10.1型液晶搭載マシンとしては驚異的な軽さですね。

ポインティングディバイスにはタッチパッドを採用!

OneMix4は、One-Netbook社初のポインティングディバイスにタッチパッドを採用しています。

ポインティングディバイスにはタッチパッドを採用!

今までのOnMixシリーズのポインティングディバイスは非常に使いづらいです。

今もOneMix3sで記事を書いているのですが、やはりマウスが必須です。

本体のポインティングディバイスで操作をすると、どうしても誤作動してしまうんですよね。

それがタッチパッドを採用することによって、マウスが不要になればいいのですが。

CPUにはIntel第11世代Core i5-1130G7を搭載

CPUにはIntel第11世代Tiger Lake、Core i5-1130G7を搭載を搭載しています。

スペック的には全く申し分ありませんね。

メインメモリとNVMe接続SSDの容量違いで3モデル展開

メインメモリとNVMe接続SSDの容量の違いにより、3モデルが展開されています。

筐体カラーはスペースグレーとなっていますね。

ブラックの筐体のように見えたのですが。

ダークネイビーとなっています。残念ですね。

メインメモリ8GB・SSD256GBモデルが126,720円、メインメモリ16GB・SSD512GBモデルが136,620円、メインメモリ16GB・SSDなんと1TBモデルが146,520円となっています。

それぞれ1万円ずつの差ですから、自分的にはメインメモリ16GBにSSD512GBがおすすめですかね。

インターフェイスに関しては、Type-C(USB4.0)×2、Type-C(USB3.0)×1、オーディオ:ヘッドセットx1、 SDカードスロットx1となっています。

スリムな筐体サイズのために、ついにUSB Type-Aは見送られたのでしょうか。

Amazonのサイトを見ると記載がありませんでした。

追記:やはりType-Aは省略されたようです。

液晶360度回転タブレットモードも搭載!

液晶360回転タブレットモードは健在です。

360度液晶回転タブレットモードとスタイラスペン

もちろんスタイラスペンにも対応しています。ただ、別売りとなっているようです。

バッテリーは10,000mAh搭載

Amazonのサイトでは確認できませんでしたが、後にご紹介するgeekbuyingの画像ではバッテリーは10,000mAhとなっています。

同時にCore i7搭載プラチナモデルも予約開始!

今までのOne-Netbook社は、Core i7モデルのプラチナは後から発表してきました。

ところが今回はCore i7搭載のプラチナモデルも同時発表となりました。

Intel第11世代プロセッサCore i7-1160G7を搭載したプラチナモデルは、2モデルが用意されています。

メインメモリは16GB、NVMe接続ストレージの容量の違いだけになります。

1TBモデルが166,320円、512GB搭載モデルが156,420円となっています。 

今までOne-Netbook社のプラチナモデルはガンメタリックの筐体でしたが、OneMixプラチナモデルはブラックのようですね。

プラチナモデルはやはりガンメタリックボディですね。

スペースグレーの表記になっていました。

おそらくですが、後からカラー違いモデルを発表するのではないでしょうか。

geekbuyingでもプレオーダー開始! クーポンコードも追記

geekbuyingでもプレオーダーが始まっています。

こちらはOneMix4、Core i5搭載モデルです。

追記:geekbuyingよりクーポンコードを入手しました。

今回はなぜかユーロドルでの価格となっています。

クーポンコード「5M4IZN5H」の適用でCore i5 1TBモデルが€1,039.07(およそ134,152 円)となります。

続いてプラチナバージョン、Core i7搭載モデルとなっています。

geekbuyingでは英語キーボードのみの選択となっていますので、英語キーボードのOneMix4を手に入れたい方はgeekbuyingで購入する必要がありますね。

プラチナモデル1TBモデルはクーポンコード「5M4IUX79」で€1,215.47(およそ156,930円)、512GBモデルはクーポンコード「5M4IIZLQ」の適用により€1,142.39(およそ147,507円)となり、Amazonよりもお得に購入可能となっています。

日本正規代理店テックワンからのプレオーダーも開始

日本正規代理店テックワンからは、まだOneMix4についての情報は更新されていません。

まだ仕様に関しても明らかにされていません。

今回、Amazonとgeeekbuyingからの情報で、OneMix4の詳細が判明しました。

自分はOneMix4を購入予定です。

テックワンからもプレオーダーが始まり、すべて出揃ってから考えるつもりです。

追記:テックワンでもプレオーダー開ていました。One-Netbook社の担当者からは連絡がなかったので、こちらから連絡しました(笑)。

担当者さん何変わってから不安です。。。

One-Netbook本社に確認を取ったところ、今回のプロモーションはテックワン社が独自で行ったようです。

the promotion of OneMix 4 is responsible by One-Netbook Japanese reseller in Japan this time.

今回、OneMix 4のプロモーションは、日本のOne-Netbook日本の再販業者が担当します。

小さいが正義の自分ですが、やはりキーボードを打つにはある程度の大きさのキーボードが必要ですね。

この記事は8.4インチ液晶搭載のOneMix3sで書いていますが、やはりキーボードのタッチには時間が少しかかりますね。

あと、10.1型液晶搭載となったOneMix4をUMPCのカテゴリに入れてもいいのでしょうか。。。

それが今の自分の悩みです。

皆さんはどう思われますか?

この記事は、一応UMPCのカテゴリとしています。こちらの記事に追加するかどうかは少し検討してみます。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる