OneGX1 ProがTiger Lake Core i7-1160G7を搭載して2020年12月にリリース! 最新スペックと最新画像を公開! Amazonで予約開始!

One-Netbook社担当者さまから連絡をいただきました。

Tiger Lake Core i7-1160G7搭載のOneGx1 Proが正式に12月リリースされます!

当初、2020年6月に登場予定どあったTiger Lake搭載、One-Netbook社初のゲーミングUMPC「OneGX1」は新型コロナウイルスの影響で遅れに遅れていました。

ついに今回、「OneGX1 Pro」が年内に登場することになりました。

追記:Amazonで予約販売が開始されました!

「OneGX1 Pro」のスペックを確認していきたいと思います。

また後半では、One-Netbook社提供「OneGX1 Pro」の最新画像もご紹介いたします。

目次

OneGx1 Proの正式公開スペックは

今回、正式に発表されたOneGx1 Proのスペック表はこちらになります。

OneGx1 Pro 公式スペック

この中から、いくつか気になる点をピックアップしていきます。

Tiger Lake Core i7-1160G7を搭載しながら7インチ液晶で質量630g!

OneGX1 Proは、Tiger Lake Core i7-1160G7を搭載しながらも、7インチ液晶に質量630gと、先に発売されたOneGx1とほぼ同じ質量となっています。

とにかくコンパクトで高性能なゲーミングUMPCが欲しい方にとって、うれしいサイズですね。

ライバルと目されているGPD WIN MAXがCore i5 1037Gを搭載して質量790gですから、かなりのコンパクトさですね。

もちろん、液晶サイズはOneGX1 Proが7インチ液晶でGPD WIN MAXが8インチ液晶ですから、同列で比較するのは間違っているかもしれませんが、自分は「小さいが正義」ですので。

Tiger LakeといえばGPUに「Xe」を搭載!

ライバルと目される、GPD WIN MAXに搭載されているGPU「Iris」はAmber Lakeシリーズ搭載「UHD Graphics 620」と比べて、ゲームにおけるフレームレートが最大1.8倍に向上したということです。

Tiger Lakeに搭載されるGPU「Xe」はその「Iris」の2倍の性能を誇るとのことです。

Tiger Lake搭載内蔵GPU「Xe」は、初代OneGX1に搭載Comet Lakeの内蔵GPUの実に4倍の性能となります。

Tiger LakeといえばUSB4.0準拠の「Thunderbolt 4」搭載!

Tiger Lakeといえば、USB4.0準拠の「Thunderbolt 4」を搭載しています。

OneGX1 Proは、そのUSB4.0 Type-Cを2つ備えています。

USB4.0の転送速度は、これまでのUMPCに標準装備されていたUSB 3.2の2倍の速度、最大40Gbpsというデータ転送速度を誇ります。

USB4.0搭載UMPCは史上初となります。

その他にスペック表からはUSB Type-A、MicroHDMI、MicroSDスロットと、インターフェイスも豊富にそろっています。

OneGX1といえば5G/4Gモジュール搭載可能! Proでももちろん搭載可能!

OneGX1といえば、5G/4G対応SIMモジュールをSIMカードに挿入して、インターネットサービスを利用することが可能です。

One-Netbook社からの情報によると、さまざまな国の主要な通信事業者の周波数帯域がサポートされるとのことです。

5G/4G対応SIMスロット搭載

Wifi6やBluetooth5.0、大容量バッテリーも搭載

もちろん、OneGX1 ProはOneGX1で公開されたスペックをそのまま引き継いています。

以下、One-Netbook社からの情報の引用です。

OneGx1 Proの機能:

1.サイズは7インチ、重さは630グラムです。最新のインテル第11世代TigerLake i7-1160g7プロセッサーを使用し、インテル®Iris®Xeグラフィックスカード、16GB DDR4 / 4X-4266 + 512GB PCIeSSDを搭載しています。

2.取り外し可能なゲームコントローラー(日本アルプスのジョイスティック)、デバイスに合わせた専用送信機を内蔵し、シングルモードとダブルモードをサポートする3つの接続モードを提供します(ダブルモードはゲームのマッチングによって異なります)。

3.サポート4G / 5G SIMモジュールをSIMカードに挿入してインターネットサービスを使用し、さまざまな国の主要な通信事業者の周波数帯域をサポートします。

4.2つのUSB4.0(tb4)を内蔵し、40Gbpsの伝送速度をサポートします。

5.2048の筆圧レベルの手書きをサポートし、GPPプロトコルをサポートするすべてのスタイラスペンを使用できます。

6.最新のWiFi 6(802.11ax)プロトコルをサポートします。

7.BT5.0をサポートします。

8.標準のWASDキー位置とメモリ機能をサポートするRGBキーボードランプは、自由な切り替えのための7つのモードを提供します。リングテールライトサポート機能は自由にオン/オフを切り替えることができます。

9.2×6000mAh / 46.2whの大容量ポリマーリチウムバッテリー。pd3.0プロトコルの65W急速充電技術をサポートし、モバイルパワーバンク電源で充電できます。

OneGX1 Proの最新画像ギャラリー

以下の画像は、One-Netbook社から正式に提供いただいた画像です。

個人的意見ですが、やはりUMPCにはブラックの筐体が似合います。

ブラックの筐体が素晴らしいOneGX1 Pro

OneGX1 Proの天板です。

「1」?の一文字だけのシンプルなデザインです。

着脱可能な専用コントローラーもブラックで渋いです。

OneGX1の天板はシンプル

着脱可能な専用コントローラーを外した状態です。

7インチ液晶搭載UMPCらしく、簡単に片手で持てる非常にコンパクトなサイズです。

非常にコンパクトな筐体のOneGX1 Pro

インターフェイスがぎっしり並んでいる本体奥からの画像です。

「See you in December」の文字に注目ですね。

「See you in December」

もちろん、カラフルに光るキーボードは健在です。

自由に切り替えが可能な7つのモードを搭載しています。

切り替え可能な7種類に光るカラフルキーボード

次の画像は5G/4G対応SIMカードを挿入する画像です。

SIMスロット対応で、簡単にOneGX1 Pro単体でネットワークにつなぐことが可能となっています。

SIMスロット対応で、簡単にOneGX1 Pro単体でネットワークにつなぐことが可能

OneGX1 Proの販売価格と販売日はカミングスーン!

今回はOneGX1 Proのスペックに関する情報だけでした。

また販売日は2020年12月、というだけの情報です。

販売日はおそらく12月25日、クリスマス商戦に合わせてくるのではないでしょうか(個人的予測)。

販売日も気になるところではありますが、もっと気になるのは販売価格ですね。

またOne-Netbook社から情報が入り次第、記事にしたいと思います。

Tiger Lake搭載OneGX1 Proは、新型コロナウイルスの影響で遅れに遅れましたが、登場までいよいよカミングスーンという状態になりました。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる