WordPress 5.1 へようこそ WordPressがバージョンアップ! 早速、最新バージョンに更新してみた 体感速度がアップ!

WordPressが5.1にアップグレードできるとのことで、早速(バックアップは取りましたが)いつものように何も考えずにアップグレードしてみました。

WordPress 5.0の時は、大変焦ったものですが、今や懐かしい思い出になっています。

目次

毎日コツコツ改善 より高速で安全なWordPressへ

WordPress 5.1へのアップグレードに成功しました ! 新たなブロックエディターを導入したメジャーリリース WordPress 5.0に続き、5.1では特にエディターの全体的なパフォーマンスを改善することで、磨きをかけることに焦点を当てています。さらにこのリリースは、サイト管理者と開発者にとって不可欠なツールとともに、より高速で安全な WordPress への下地を作ります。

WordPress 5.1 へようこそ 毎日コツコツ改善

マイナーバージョンアップですね。WordPress4から5へバージョンアップした時ほどの衝撃はないです。今のところ見た目では変化がわかりませんので、WordPress5.0を利用されている方は戸惑うことはないでしょう。安心してアップグレードできますよ。この記事もWordPress5.1で執筆していますが、全く違和感はありません。

新しい機能 サイトヘルス

セキュリティとスピードの観点から、このリリースでは WordPress 初となるサイトヘルス機能を導入しました。WordPress を動かしているプログラミング言語である PHP のかなり古いバージョンを実行しているサイト管理者に通知を表示し始めます。

WordPress のサイトヘルス機能は、新しいプラグインのインストール時にプラグインがサイトと互換性のない PHP バージョンを必須としていないか確認します。もし該当する場合は、プラグインのインストールを防ぎます。

新しい機能ですね。PHPの古いバージョンを利用している方は、アップグレードできないようです。アップグレードできないPHPのバージョンは、5.5以下が対象となるようです。先日、ブログのスピードをアップをしようと、XSERVERのPHPを確認しましたが、当サイトは最新のPHP、バージョン7.2を利用しているので大丈夫でした。



また、現在のWordPressのバージョンと互換性のないプラグインはインストールできないようになるみたいです。インストールボタンが無効になるようです。これもサイトヘルスの機能の1つです。

エディター機能のパフォーマンスアップ

WordPress 5.0で導入された新しいブロックエディターは改善し続けています。最も重要なことに、WordPress 5.1はエディター内のパフォーマンスが大幅に改善しています。エディターの起動が早くなり、入力がよりスムーズなのが体感できるはずです。それにもかかわらず、次のリリースではさらにパフォーマンスの向上が見込まれます。

もうそろそろみなさんもGutenberg(グーテンベルク)のエディターにも慣れた頃でしょうか。僕はすっかり新しいブロックエディターにはまっています。逆に、旧エディター(クラシックエディター)では操作に困ることもあって、古い記事をリライトするときは、必ずブロックに変換して作業しています。今回のWordPress 5.1へのバージョンアップは、パフォーマンスアップの更新でもあります。

体感速度が早くなったことを実感できるバージョンアップ

確かに、エディターの起動は早くなったような気がします。以前は、起動時や下書きとして保存したり、プレビューを見たりするときにちょっと引っかかる感じがありストレスを感じていましたが、それは少し軽減されたように思います。特に、プレビューの表示は早くなりました。

今後、「毎日コツコツ改善」していくことでWordPressはますます成長していくのでしょうね。次のリリースではさらにパフォーマンスが向上するとのことで、期待しています。僕は常に最新のWordPressを利用していきたいと思っています。ただ、WordPress4から5の時のような劇的な変更はやめてほしいです(笑)。もう、Gutenberg (グーテンベルグ)での操作に慣れましたからいいですけど。

みなさんも是非、WordPress5.1にバージョンアップして、快適なブログ執筆ライフを楽しんでください。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる