Fetch as Googleが2019年3月28日以降は使えなくなる!新しいSearch ConsoleにFetch as Google はあるのか?「URL 検査」ツールでインデックス登録のリクエストを!

スポンサーリンク

ついにFetch as Googleが使えなくなります。そろそろかなーって思って記事の下書きはしていたんですが、ついに、Fetch as Google の画面上に表示されるようになりました。2019年3月28日以降(ちょっと中途半端感が)、利用できなくなるそうです。

Fetch as Googleは2019年3月28日以降利用できない

上記のリンクをクリックすると、新しいGoogle Search Consoleの「サマリー」に移動します。

ブログを始めて2週間が過ぎて・・・ Fetch as Google
Googleでも検索出て来ましたぼちぼちサーチエンジンからも来訪者が来てくれてます。クリックはなかなかしてもらえてませんけど。。。ブログ始めて2週間が過ぎました。XSERVERの契約からWordPressの設定まで、今思えば大...

今までお世話になってきた、Fetch as Googleですが、代用できる機能はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

最近Fetch as Google の頻度は減っていた

ここ最近はずっと、日付が変わってから記事を投稿しています。そして朝起きてからインデックスされてるかを確認すると、ほぼ毎日インデックスされていました。

いつまでたってもインデックスされない特定の記事がある!? Fetch as Google
記事投稿するたび、Fetchしてます。新規に記事を投稿するたびにFetch as Googleしています。便利でいいですねー。特に開設当初の当ブログは頼りきっています。せっかく新記事を投稿しても、Googleに...

ですから、たまにインデックスされていない時だけ利用していたので、最近のFetch as Google の使用頻度は週1回ってところでした。

新しいGoogle Search Console でFetch as Google は?

新しいGoogle Search Console では、Fetch as Google の機能はありません。代わりにGoogle にインデックスを申請するには「URL 検査ツール」を利用することになります。

記事を投稿したら気になるGoogle Search Console 対象範囲(カバレッジ)でいまいちわからないところ
Google Search Console見ますよねどんなキーワードで当サイトを見に来ていただいているか気になります。当サイトもようやくいろいろなキーワードで検索していただいて、来ていただいて感謝しかありません。「検索パフォーマンス...

新しい「Google Search Console」左のメニューから「URL 検査」です。

URL 検査はURL アドレスのフルパスが必要

URL検査ツールでインデックス登録の申請をするためには、URLのフルパスの入力が必要になります。これが地味に面倒臭いんですよね。

URL検査 URL入力画面

Fetch as Google だったら、その記事の番号を入力するだけでよかったので、スマホでパパっとできたんですが。ただし、Fetch as Google では「わたしはロボットではありません」で、ロボットではない証明が必要ですから、これも地味に面倒くさく思ってたんですけど(以前は必ず出てましたが最近は出ない時もありますね)。

「URL が Google に登録されていません」

上図で、「インデックス登録をリクエスト」できます。

Fetch as Google よりURL検査ツールの方が優れているところ

URL検査ツールですから、Fetch as Googleより優れている点がいくつかあります。「公開URLをテスト」ボタンをクリックすると、URLを検査してくれます。

公開URLをテスト

下図が検査結果です。

URL検査 結果画面

登録の可否や、モバイル ユーザビリティも診断してくれます。

ページがモバイルフレンドリーではない? Google Search Consoleのモバイル ユーザビリティでエラーから解決まで
Fetch as Googleしなくてもインデックスされるようになってきた最近は、Fetch as Googleをしなくても、夜に記事を投稿して、朝確認したら記事はちゃんとインデックスされるようになりました。たまに...

新しいGoogle Search Console にまだ実装されていない機能

Search Console ヘルプからの引用です。

この新しい Search Console のベータ版には、次のような既知の問題があります。こうした問題について報告していただく必要はございませんが、その他の機能についてのご意見や、発見した問題がありましたら、レポートに組み込まれているフィードバック機能を使ってお知らせください。

旧サービスの一部のレポート、ツール、機能はまだ実装されていません。
モバイル版は現在開発中です。
プロパティ セットはまだサポートされていません。
Android アプリはまだサポートされていません。

新しい Search Console

その他、自分が利用している機能としては、「クロールの統計情報」が新しいConsoleでは利用できません。

結論:Fetch as Google が使えなくなっても大丈夫

記事がなかなかインデックスされない時は、今後「URL 検査」ツールを使用すればとりあえずFetch as Google の代わりになりますね。URLをフルパスで入力するのは大変ですが、インデックスリクエストするページを開いてコピペすればいいだけですから、まあ何とかなるのではないでしょうか。スマホでは厳しいですけど。

2019年3月28日以降はFetch as Google が利用できなくなりますので、過去記事をリライトする必要がありそうです。結構、Fetch as Google について記事を書きましたので、過去記事をすべてリライトしていく作業が大変になりそうです。

スポンサーリンク
ブログ・WordPress
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました