Bingからのアクセスが増えてきた! Bingでインデックスの登録をする方法 「Bing Webマスターツール」に登録してサイトマップを送信してみた

スポンサーリンク

最近、WordPressの「Jetpack」を見ていると、「Bing」からの検索流入が増えてきています。

最近読まれていなかった記事のアクセスが増えてきた それはマイクロソフト独自検索エンジン「Bing」からの流入だった!
WordPressのスマホ版、「Jetpack」でどんな記事のアクセスがあるのかをいつもチェックしています。もちろんGoogleアナリティクスのリアルタイムでも時間があればチェックをしています。すると、例のGoogleサーチエンジンアルゴ...

先日確認したときなどは、「Yahoo!」からの流入よりも多く、「Google」からの流入数のおよそ3分の1を占めていました。

Bingからの検索流入がGoogle のおよそ3分の1を占める

そこで今回は、(あまり需要はないかもしれませんが)「Bing」にインデックス登録を申請する方法(以前の「Fetch as Google」や現在の「URL 検査ツール」)をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Bingで「site:URL」をしてみると

Bingでインデックス申請する前に、「site:URL」をしてみました。当サイトは現在220記事を超えたところです。216件登録されているようです。

Bingで216件インデックスされている

ただ、ページを進めていくと、カテゴリーや下記の「ページ○○」のようなページもインデックスされていますので、実際には200件を大きく下回るインデックス数と考えられます。

Googleで、同様に「site:URL」で調べてみると22ページ目の途中、5番目で当サイトのトップページが出てきましたので、「site:URL」で調べた結果、Googleでは214記事がインデックスされていることになります(執筆時220記事目)。Googleでは、「site:URL」で調べるとちゃんと記事からインデックスされていって、記事が終了した後にトップページやカテゴリが現れるので数えやすいですね(Bingでは記事と記事の間に平気でカテゴリのページが表示されます)。

22ページ目でトップページがインデックスされている

前置きが長くなりましたが、「Bing」でインデックス登録を申請する方法です。

「Bing」でインデックス登録する方法

Bing Webマスターツールにアクセス

下記リンクから「Bing Webマスターツール」にアクセスします。

Bing webマスターツール

すると、下記のように「Bing Webマスターツール」の画面になりますので、「サインイン」をクリックします。

Bing Webマスターツール

Googleアカウントでサインインできる

MicrosoftアカウントやFacebookアカウントでもサインインできますが、今回はGoogleアカウントでサインインしました。

すると、アカウントの選択画面になりますので、サインインするアカウントをクリックします。

するとサインインが完了し、下記の画面になります。

サイトの追加・サイトマップの送信

上記の画面で、「サイトのURL」を入力し、「追加」ボタンをクリックします。

すると、各項目を入力する画面になります。会社名や部署は「個人」と入力しました。

「サイトマップの追加」は、Google Search Consoleと同じ、「sitemap.xml」で大丈夫です。下記の画像はちょっと違うかもしれません(一度登録した後、URLを削除してもう一度URLを追加した画面です)。「追加」をクリックします。

サイトマップの追加

サイトの所有権を確認する

次に所有権の確認の画面になります。オプションは3つありますが、今回は1つ目の「BingSiteAuth.xml」ファイルをサーバーに配置する方法を説明します。下図の「BingSiteAuth.xml」をダウンロードします。

BingSiteAuth.xmlをダウンロード

次に、ダウンロードした「BingSiteAuth.xmlをアップロードします。当サイトは「XSERVER」を利用していますので、XSERVERのInfoPanelにログインして、「ファイル管理」をクリックします。

XSERVER InfoPanelから「ファイル管理」

「WebFTP」が開きますので、パス「サイト/public_html/」に移動し、「ファイルのアップロード」で先ほどダウンロードした「BingSiteAuth.xml」を選択し、「アップロード」をクリックします。XSERVER以外であれば、FTPソフトを利用することで同様の操作ができます。

BingSiteAuth.xlmのアップロード

その後、BingWebマスターに戻り、「確認」ボタンをクリックします。

BingSiteAuth.xml配置後、確認

成功すると、下図のような状態になります。

サイトの登録が完了

反映されるまで少し時間がかかる

上図を見ると、サイトマップを送信しましたが、「保留中」となっていますので、数日待つ必要がありそうです。

以前は「siri」の検索に「Bing」が利用されていたことあるそうですが、今は「Google」に変わったそうです。しかし、パソコンでIE(インターネットエクスプローラー)を利用している方も多くいらっしゃいますので、「Bing」対策をすることは今後PV数を増やすことにつながるかもしれませんので「Bing」にサイトマップを送信することは重要です。

後日、「Bing」にサイトマップが確認されたら「Bing Webマスター」ツールの使い方についても解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
Office・Windows
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました