WordPress 5.2 へようこそ メジャーバージョンアップ? サイトヘルスが本格的に稼働! 無事バージョンアップできました! 「サイトヘルスチェック」編

スポンサーリンク

本日、WordPressのダッシュボードを見ていたら「WordPress の新しいバージョンがあります。」の文字が。WordPress 5.2への更新のお知らせでした。

WordPress 5.2-ja に自動更新できます

新しい物好きの僕は、早速(バックアップは取りましたが)バージョンアップしました!アップデートにかかる時間はほんの数秒で完了します(数分というレベルではないです)。

スポンサーリンク

約2か月半ぶりのメジャーアップデート

前回僕がWordPress5.1にアップデートしたのが2019年2月下旬でしたから、およそ2か月半でのメジャーアップデートとなります。

WordPress 5.1 へようこそ WordPressがバージョンアップ! 早速、最新バージョンに更新してみた 体感速度がアップ!
WordPressが5.1にアップグレードできるとのことで、早速(バックアップは取りましたが)いつものように何も考えずにアップグレードしてみました。WordPress 5.0の時は、大変焦ったものですが、今や懐かしい思い出になって...

サイトを安全に保つ
WordPress 5.2ではさらに、設定問題や致命的なエラーを特定、修正するためのより強固なツールを提供しています。クライアントを手助けする開発者であれ、ご自分のサイトのみを管理する方であれ、これらのツールは必要なときに正しい情報を手に入れる助けになるでしょう。

ついにサイトヘルスが編集画面の「ツール」に追加された!

WordPress5.1にアップデートした時の特徴の一つ、「サイトヘルス」がついにWordPress編集画面の「ツール」に登場しました。

サイトヘルスチェック

このリリースでは5.1で導入したサイトヘルス機能を拡張し、よくある設定上の問題をデバッグする手助けをする新しいページを2つ追加しました。さらに、開発者がサイト管理者のためにデバッグ情報を含められるスペースも追加しています。 サイトステータスを確認し、問題をデバッグする方法を学びましょう。

早速、「ツール」「サイトヘルス」をクリックしてみます。

「ツール」「サイトヘルス」

すると「サイトヘルス」ステータス画面になります。

「サイトヘルス」ステータス画面

「サイトヘルス」が75%になっています。。。夕方に5.2にアップデートした際は81%だったような気がするのですが。短時間の間に「サイトヘルス」が落ちたのでしょうか?

停止中のプラグインを削除してください

「停止中のプラグインを削除してください」の忠告が出ました。

停止中のプラグインを削除してください

プラグインは連絡フォームや e コマース機能などを追加してサイトを拡張します。サイトに深くアクセスするため、最新に保つことが重要です。

4個のプラグインがアップデートを待っています。

このサイトには4個の無効なプラグインがあります。 停止中のプラグインは攻撃者の標的になります。プラグインを使用するつもりがなければ削除することをおすすめします。

ということで、4個のプラグインのアップデートと4個のプラグインの削除を実行してみました。

すると、1つ減って「3件のおすすめの改善」になりました。

「おすすめの改善」が1つ減った

停止中のテーマを削除してください

「停止中のテーマを削除してください」を実行してみたいと思います。「twentynineteen」は使ったことがないですから削除してもいいかなって思いましたが、以前使用していたテーマ、「Simplicity」はちょっと躊躇しました。現在は「Cocoon」を利用しているのですが、「Simplicity」にはまだ設定が残っているのですが。

テーマはサイトのデザインを決定します。ブランドの一貫性とサイトの安全性の維持のため、常に更新することが重要です。

このサイトには5個のアップデート待ちのテーマがあります。

サイトには5個の停止中のテーマがあります。 サイトのセキュリティ向上のため未使用のテーマを削除することをおすすめします。WordPress のデフォルトテーマ twentynineteen、現在有効なテーマ Cocoon Child、親テーマ Cocoon は削除しないでください。

あ、WordPressのデフォルトテーマの「twentynineteen」は削除したら駄目なんですね。思い切って「Simplicity」を含む未使用のテーマを削除しました。「テーマを管理」をクリックします。

停止中のテーマを削除してください

テーマの管理画面で、テーマにマウスを合わせて「テーマの詳細」をクリックします。

「Simplicity2」「テーマの詳細」

「テーマの詳細」画面の右下の「削除」をクリックします。今までありがとう!「Simplicity」!さようなら!

同様に、「Simplicity 2 child」や他のテーマを削除します。「twentynineteen」と「Cocoon」と「Cocoon Child」だけを残しました。ここまでで「サイトヘルス」は87%になりました。

1件の致命的な問題

ここで、「1件の致命的な問題」が現れました。「更新可能なテーマがあります」ですが、「Cocoon」の最新バージョンが公開されたんですね。最新バージョンに更新します。「twentynineteen」も最新バージョンがありましたので更新しました。

1件の致命的な問題

そして、再び「サイトヘルス」に戻りました。

この状態で、「サイトヘルス ステータス」は96%になっています。

ここで、「おすすめの改善」は1件になりました。

おすすめの改善が1件に減った

PHPの更新をおすすめします

PHP は WordPress の開発や保守に使用されているプログラミング言語です。PHP の新しいバージョンはより高速で安全なため、アップグレードするとサイトのパフォーマンスに良い影響を与えます。

「PHPの更新をおすすめします」が残りました。おかしいですね、「XSERVER」で最新バージョンのPHPを利用しているはずなんですが。とりあえず「テスト通過」をクリックしてみました。

テスト通過

すると、「問題のない項目26件を検出しました」と表示されました。


「問題のない項目26件を検出しました」

26件中、「パフォーマンス」や「セキュリティ」以外に「Jetpack」関係もありましたが、すべて問題ないようです。

「Jetpack」関係も問題なし

サイトヘルスは96%のまま

その後、改めて「サイトヘルス」に戻りましたが、「ステータス」は96%のままでした。100%になるのでしょうか。

他にも、WordPress 5.2の特徴はあるのですが、「サイトヘルス」だけで記事のボリュームが大きくなりましたので、他の機能に関しては、また別記事で紹介したいと思います。

スポンサーリンク
ブログ・WordPress
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました