エクセル2016・2019・365でファイルの共有ができない! 従来の共有は「レガシ」になって表示されていなかった 解決済!

ここしばらくの間、ネットワーク上のファイルを共有する必要性はありませんでした。すでに必要なファイルは共有化されていましたので。

むしろ問題は、「誰も使用していないファイル」が「読み取り専用」になることでした。

ネットワーク上のエクセルファイルが「読み取り専用」になる 誰も開いていないのに ずっと頭を悩ませていた問題がついに解決! Windows 10もWindows 7も対応!
ずっと頭を悩ませていた、ネットワーク上のエクセルファイルを開くと、誰も開いていないのにエクセルのファイルが、「編集のためにロックされています」のメッセージが出る問題です。「使用者は’◯◯◯’です。で開いてください。...

こちらは解決しましたが、久しぶりにブックの共有をしようとしたら「ブックの共有と解除」アイコンがグレーになっていました。

「ブックの共有」も「共有の解除」もできない
スポンサーリンク

ブックの共有方法が新しくなっていた

新しい「コメント」と「メモ」のときと同様に、ブックの共有は「共同編集」ができる新しい「共有ブック」となりました。

共有ブック機能について
Excel for Office 365 Excel for Office 365 for Mac Excel 2019 Excel 2016 Excel 2019 for Mac その他…
重要: “共有ブック” は複数のユーザーとブックで共同作業ができる古い機能です。 この機能には多くの制限があるため、共同編集に置き換えられました。 共同編集は Office 365 サブスクライバー向けの Excel 2016 を含む、特定のバージョンの Excel で利用可能です。

https://support.office.com/ja-jp/article/共有ブック機能について-49b833c0-873b-48d8-8bf2-c1c59a628534

新しい「共同編集」ができる「共有ブック」はエクセル2016以降から置き換えられ、その後の2019も、もちろん365も対象になっています。

うーんややこしい。。。

エクセル(Excel)2016 & 2019&365の従来の「コメント」機能が「メモ」になって、新たに「コメント」は共同作業可能な新機能に強化されていた!
従来のExcelのコメント機能を入力しようとすると1か月ぶりくらいにエクセルファイルの「コメント」を追加したら何だか今までと違う。。。エクセルの新「コメント」従来の「コメント」はこのようでした。エクセルの新...
スポンサーリンク

「共同編集」ができる「共有ブック」は「OneDrive」にアップロードする必要がある

マイクロソフトのの提案している、「共同編集」ができる「共有ブック」は「OneDrive」にアップロードしなければなりません。

エクセル画面の右上の「共有」をクリックしてみます。

エクセル 新しい「共有」

するとファイルを「共有」するためには、「OneDrive」にアップロードするように促されます。

新しい「共有」は「OneDrive」にアップロードが必要

「OneDrive」は便利なのですが、ファイルの共有に使うにはまだ時は来ていないと(個人的に)思います。

OneDriveを使ってクラウドにファイルをアップロード どこでもどのデバイスでもアクセス・同期可能 5GBまで無料のクラウドサービス WindowsとOfficeとの親和性が抜群
MicrosoftのクラウドサービスOneDrive。「OneDrive」でグーグル検索すると「OneDrive 削除」とか「OneDrive いらない」といった否定的な関連ワードも出てきます。最初は自分もそうだったんですが、一旦...

それでは、従来のファイルの「共有」メニューの設定方法を2つ紹介します。

スポンサーリンク

ブックの共有(レガシ)をリボンに表示する方法

以前のブックは「ブックの共有(レガシ)」という名称に変更されています。

ちなみに「レガシ(レガシー)」とは、「過去の遺産」という意味です。そんな名前をつけなくてもって思いますよね。。。

その「ブックの共有(レガシ)」をリボンに表示させる方法をご紹介します。

「ファイル」「オプション」「Excel のオプション」から「リボンのユーザー設定」をクリックします。

「コマンドの選択」から「リボンにないコマンド」を選択し、ちょうど真ん中あたりの「ブックの共有(レガシ)」をクリックします。

右側の追加先は「新しいグループ(ユーザー設定)」を選択して、真ん中の「追加」をクリックするだけです。

「Excel のオプション」「リボンのユーザー設定:」

「Excel のオプション」画面で「OK」をクリックすると、下図のように「新しいタブ」に「ブックの共有(レガシ)」が表示されていることが分かります。

リボンに「ブックの共有(レガシ)」が表示された

リボンに表示された「ブックの共有(レガシ)」をクリックすると、下図のダイアログボックスが開きます。

「新しい共同編集機能ではなく、以前の共有ブック機能を使用します。」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。

「新しい共同編集機能ではなく、以前の共有ブック機能を使用します。」

すると、「この操作を行うと、ブックはいったん保存されます。よろしいですか?」とアラートが出ますので、「OK」をクリックします。

「この操作を行うと、ブックはいったん保存されます。よろしいですか?」

すると、「校閲」タブに「ブックの共有を解除」が表示されました。

「ブックの共有と解除」アイコンが表示された

これで従来のエクセルブックの「共有」が可能になりました。

スポンサーリンク

クイックアクセスツールバーに「ブックの共有(レガシ)」を表示させる

もう一つ、別の方法を紹介します。

クイックアクセスツールバーとは、リボンのタブと無関係に常にエクセルの上部に表示されるツールバーのことです。

ですから頻繁に利用する機能を「クイックアクセスツールバー」上に登録しておくと、アクセスが便利になります。

クイックアクセスツールバーの表示方法はやはり「Excel のオプション」から設定します。

「ファイル」「オプション」「Excel のオプション」から、「クイック アクセス ツール バー」をクリックします。

「コマンドの選択」から「すべてのコマンド」を選択し、下図のスクロールバーを目安に「ブックの共有(レガシ)」を探し、選択します。

選択後、中央にある「追加」をクリックすると完了です。

「クイックアクセスツールバー」の設定

下図のようにエクセルのグリーンのツールバーにメニューが表示されます。

これならいつでもアクセスできて便利ですね。

「ブックの共有(レガシ)」がクイックアクセスツールバーに表示された
スポンサーリンク

エクセルの仕様は常に改善されていく

今回のブックの共有や、コメント・メモなどエクセルは常に進化しています。

最新Office(オフィス)2019よりOffice365の方が最新? Office365は進化し続ける!
Microsoft(マイクロソフト)Office(オフィス)の最新バージョン、2019が2019年1月22日より、日本でも販売が開始されました。Office2019は買い切り型の永久ライセンスOffice2019は...

ただ、突然仕様が変更されて戸惑うことも多くあります。

当サイトはこれからもエクセル・オフィス全般の仕様の変化に対応していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました