One Mix 3s+(プラス)! Core i3-10110Y搭載のコストパフォーマンス抜群のモデルがgeekbuyingで発売中

One-Netbook社の勢いは止まりません。Intel第10世代モバイルプロセッサ搭載、One Mix 3シリーズに新モデルです。

Core i5-10210Y搭載の「One Mix 3 Pro」、Core i7-10510Y搭載「OneMix 3Pro KoiEdition」に続いて、Core i3-10110Y搭載の「One Mix 3s+(プラス)」の登場です!

「One Mix 3s+(プラス)」
目次

One Mix 3 Proよりも210ドルも低価格

geekbuyingでの価格を比べると、One Mix 3 Proよりも210ドルも安い価格設定となっています(スタイラスペンなしモデルで比較)。

One Mix 3 Proは、クーポンコード「Mix3Pro」の適用でスタイラスペンセットが$939.99となっています。

今回追加された新モデルの3s+は、クーポンコード「OneMix3SPlus」の適用でなんと$776.99(スタイラスペンなし)となります。

追記:Amazonでも販売開始されました。

Intel第10世代モデルプロセッサ「Comet Lake」が揃い踏み!

Core i3搭載UMPC、「One Mix 3s+」の登場で、One Mix 3シリーズは実にIntel第10世代モバイルプロセッサ「Comet Lake」搭載マシンを早くも3シリーズラインナップしたことになります。

OneMix 3s+OneMix 3Pro KoiEditionOneMix 3Pro
CPUCore i3-10110YCore i7-10510YCore i5-10210Y
本体色ブラックレッドブラック
画像解像度2560 x 16002560 x 16002560 x 1600
液晶サイズ8.4インチ8.4インチ8.4インチ
メモリ8GB16GB16GB
ストレージ256GB512GB512GB
本体サイズ204 x 129 x 14.9mm204 x 129 x 14.9mm204 x 129 x 14.9mm
質量670g670g659g
バッテリー容量8600mAh8600mAh8600mAh
スタイラスペン4096段階4096段階4096段階

見た目はブラックボディのOne Mix 3sやOne Mix 3 Proとほぼ変わりません。ただ、Koi Limitedの発表から質量がやや大きくなっています。Koi Limitedだけかと思ったら、今回の3s+も同じく0.67kgとなっています。わずか11gの差ですが。

質量およそ0.67kg

ブラックボディは美しいです。。。

One Mix 3s+ もちろん360度回転タブレットモード対応

メモリ8GBで4G(LTE)は搭載可能なのか?

ストレージ容量がNVMe(PCIe)接続SSD256GB、メモリが8GBとなっていますがUMPC(ウルトラモバイルパソコン)としては贅沢過ぎるスペックになっています。

ストレージ容量がNVMe(PCIe)接続SSD256GB メモリが8GBと十分なスペック

むしろメモリが8GBになることによって4G(LTE)モジュールの搭載が可能なのでは?と思いOne-Netbook社の担当者の方に確認しました。

回答はm3-8100Y搭載のOne Mix 3シリーズとは筐体(基盤)が違うとのことで、空きM.2スロットがないために4G(LTE)モジュールの装着は難しいとのことでした。

Intel第10世代モバイルプロセッサ「Comet Lake」Yシリーズのスペック比較

今回のOne Mix 3s+の登場で、One MixシリーズはCore i7、i5、i3から用途によってCPUを選択することが可能になりました。

プロセッサコア/スレッド数キャッシュTDPベース周波数(GHz)最大1コア周波数(GHz)最大全コア周波数(GHz)GPU周波数
Core i7-10510Y4/88MB4.5W1.24.53.21.15
Core i5-10310Y4/86MB5.5W1.14.12.81.05
Core i5-10210Y4/86MB4.5W1.04.02.71.05
Core i3-10110Y2/44MB5.5W1.04.03.71.00

「Comet Lake」Yシリーズの中ではCore i3-10110Yだけが2コアとなっていますが、逆にバッテリーの持ちに期待できそうですね。

早くも旧世代となったCPUと筐体カラーだけが違う、Core m3-8100Y搭載のOne Mix 3シルバーモデルよりも総合的な性能は上回るでしょう。

日本語キーボード対応は今のところなし

今のところOne Mix 3s+はgeekbuyingのみでの販売となっていて、日本正規代理店のテックワンからはまだ発表がありません。

それにともなって、One Mix 3s+は今のところ日本語キーボードモデルは販売されていません。

One Mix 3s+は英語キーボードのみ

逆に年末に発表された「One Mix 3 Pro Koi Limited」はgeekbuyingでの取り扱いはまだなく、日本でのみの販売となっています。

こちらもgeekbuyingの担当者の方に確認中です。近く回答をいただけるとのことでした。

クーポンコード「OneMix3SPlus」の適用でなんと$776.99(スタイラスペンなし)という価格設定の「One Mix 3s+(プラス)」、ブラックボディで非常にコストパフォーマンスに優れたモデルの登場です。

正直、欲しいです。バッテリーの持ちがOne Mix 3 Proよりもいいのであれば買いですね。

よかったらシェアしてね!

関連コンテンツ

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる