Amazon PA-API v5 移行期限は2020年3月9日まで 何をすればいいの? 結論、「Rinker」なら何もしなくて大丈夫!

Amazon から「重要なお知らせ」ということでメールが来ていたのですが、見逃していました。

というか、確認しましたがメールが来ていませんでした。

Amazonアソシエイトのサイトで確認すると、下記の「重要なお知らせ」が表示されていました。

【重要なお知らせ】

●PA-API v5移行のご案内(2020年3月9日まで)
現在PA-APIをご利用の方で引き続きのご利用をご希望の場合、移行手続きが必要になります。 PA-API v5への移行を2020年3月9日までに実施しなかった場合、現在のPA-APIはご利用をいただけなくなります。 移行ガイドはこちらをご確認ください。

https://affiliate.amazon.co.jp/home
スポンサーリンク

2020年3月9日までにPA-API v5に移行しないとPA‐APIが利用できなくなる?

2020年3月9日までにPA-API v5に移行しないとPA‐APIが利用できなくなるという情報でしたので自分なりに調べてみました。

サイトによっては新たにAmazonアソシエイトサイトからAPIのアクセスキーとシークレットキーを再取得しなければならないとありましたがそんな必要はありません。

混乱のもとですよね。今までAmazonアソシエイトサイトのレポートで売り上げが発生していれば、何もする必要はありません。

従来のAPIアクセスキーとシークレットキーのままで大丈夫です。

商品管理プラグインRinkerでエラー 突然Amazonの商品が検索できなくなった! 「リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」?API利用ポリシーの変更?
先日、RinkerでAmazonの商品リンクを作成しようとしていて、「Amazonから商品検索」をすると、「リクエスト回数が多すぎます。 RequestThr...

ただし「AWS」で発行されたアクセスキーとシークレットキーでは、Amazonアソシエイトサイトからアクセスキーとシークレットキーを再取得する必要があります。

「AWS」って何?という方は安心してください。

クラウドならアマゾン ウェブ サービス 【AWS 公式】
アマゾン ウェブ サービス(AWS)は、信頼性と拡張性に優れたクラウドコンピューティングサービスを低料金で提供しており、190か国の100万以上、日本国内では10万以上のお客様にご利用いただいています。AWS アカウントの作成は無料で、40以上のサービスを無料でお試しいただけます。
スポンサーリンク

Amazon PA-APIはプログラム上の問題

Amazon PA-APIはプログラムが利用するインターフェイスのことです。

そもそも「API」とは、「Application Programming Interface」の頭文字です。

アプリケーションプログラミングインタフェース(API、英: Application Programming Interface)とは、広義ではソフトウェアコンポーネント同士が互いに情報をやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。

アプリケーションプログラミングインタフェース – Wikipedia

ですから我々ブロガーが何か変更する必要はなく、プログラマー側での変更が必要になってきます。

スポンサーリンク

結論 「Rinker」を利用していれば問題なし!

当サイトは、「Rinker」を利用してAmazonや楽天ショップ、Yahooショッピングの商品を紹介しています。

ですから、「Rinker」がAmazon PA-API v5に対応していれば全く何もする必要はありません。

「Rinker」はすでにver1.5.5から「PA-API v5」に対応しています。

Rinkerリリース履歴
Rinkerをまだインストールしていない方はこちらをご覧ください。商品リンク管理プラグインRinker(リンカー)の公式サイト Rinkerベーシック版 ver1.7.7 (2020年10月17日 一般リリース) 楽天市

「Rinker」作者のやよい様に感謝ですね。

商品管理プラグインRinkerで商品が検索できなくなった今回のAmazon PA-APIの変更への対応から分かってきたこと Rinkerはとっても便利!
商品管理プラグインRinkerで「Amazonから商品検索」をすると、「リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」のエラーメッセージが表...
スポンサーリンク

今のうちに確認しておくこと 「PA-API 5」でのクリック発生の確認

今のうちにするべきことは、Amazonアソシエイトサイトで「PA-API v5」でクリックが発生しているかを確認するだけです。

「Amazonアソシエイト」「レポート」「リンクタイプレポート」です。

下記のように、「PA-API 5」でのクリックが発生していたら大丈夫です。

PA-API 5でのクリックが発生している

実は、当サイトで確認したところ、「PA-API 5」以外に少数ですが「PA-API(v4)」でのクリックも発生していました。

これは以前、「Rinker」でAmazonの商品が検索できなくなったとき(PA-APIポリシーの変更)に仕方なく「Amazonアソシエイトツールバー」から直接リンクを作成して記事に貼り付けた残骸があったからです。

下の図のリンクですね。

「Amazonアソシエイトツールバー」から直接リンク

「Rinker」を利用せず、上記のような商品リンクを貼っている方はあらためて「Rinker」での商品リンクを貼り付けることをおすすめします。

当サイトは「Rinker」による商品検索ができなかった時期がすぐに分かりましたので、当該リンクを「Rinker」にて再取得して商品リンクを貼り換えました。

スポンサーリンク

ネットでの情報は錯綜している

自分もここ数日、AmazonのPA-API v5移行の件に関してネットで調べてみましたが、いろいろな情報が錯綜していて対応方法に困りました。

同様に困っている方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました