商品管理プラグインRinkerで商品が検索できなくなった今回のAmazon PA-APIの変更への対応から分かってきたこと Rinkerはとっても便利!

商品管理プラグインRinkerで「Amazonから商品検索」をすると、「リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」のエラーメッセージが表示されて焦りましたが、下記の記事以降その後は快適に商品検索をすることができています。

目次

すべての始まりはAmazon PA-APIの変更から始まった

そうなんです。すべての始まりはAmazon PA-APIの変更から話は始まりました。

変更内容について

Product Advertising API (以下PA-API)ではこれまで全てのお客様に初期状態にて1秒間に1リクエストのサービス提供をしてまいりました。
2019年01月23日よりこの条件を変更し、初期状態にて1日のリクエスト上限を8,640リクエストとし、追加の日次リクエスト可能数の上限を毎日動的に変更する下記仕様といたします。

•初期リクエスト可能数 : 1日あたり 8,640リクエスト(API利用開始より60日間)
•PA-APIより取得した商品リンクより発生した、過去30日間の発送済み商品売上$0.05(日本円で約5円)ごとに1リクエスト追加
•1日の最大リクエスト可能数は、1日あたり864,000リクエスト

また、発送済み商品売上が過去30日以内に発生していない場合、PA-APIをご利用いただけなくなる恐れがございます。
なお Amazon Link Builder(WordPressプラグイン)のご利用には影響はございません。

amazonアソシエイト ヘルプ

以前のAmazon PA-APIのアクセス数は凄すぎる

従来は、1日あたりのアクセス制限は86,400回(1秒当たり1回)でしたが、2019年1月23日より10分の1の8,640回が上限となりました(単純に10秒に1回リクエスト可)。普通はこんなにアクセスしませんから大丈夫なはずだったんです。ただRinkerで価格を再取得したりしていると、中には超える方もいらっしゃるのでしょうね。僕は普通に1000回もあれば全然余裕です。

上限は8,640回ですが、売上額5円ごとに1リクエスト追加されるみたいです。ただ、上限は以前の86,400リクエストみたいですが。なぜこのような規制が起こったのかの原因は、アクセスは多いが売り上げが全くない方を規制するためのようです。

問題の根本は30日間PA-API経由の売り上げがないとアクセスできなくなる点

今回の仕様の変更ですが、要約すると30日以内にPA-APIで売り上げがあると、それ以降30日間は一日最大8,640回利用できるということです。ですから今は、快適に「Rinker」を利用して記事を執筆することができます。Rinker作者さんに感謝です。

ただ、逆に言うと30日ごとにPA-APIでの売り上げが必要で、その間に売り上げがない場合はPA-APIにアクセスできなくなり、とっても便利なRinkerで商品を検索できなくなります。売り上げがあった日に、またリンクを|もしもアフェリエイト」に変更して、また30日が経つ前に、AmazonのPA-APIに戻すという運用も可能ですが、現実的ではないですよね。Amazonさんには、また新しい規制をしていただいて、何とかしてもらいたいものです。

もしもアフィリエイトさんは今回の件に対して対応するのだろうか?

残念ながら僕の場合は、Amazonの商品を紹介するとき、Rinkerを利用していて、「楽天市場」と「Yahoo!ショッピング」を同時にしているため、もしもアフィリエイト経由のアマゾンの売り上げは全くなくなりました。このことは、ブログを運用している多くの人が同じような状況に陥っていられるのではないかと思います。もしもアフィリエイトは今後、何か対応をされるのでしょうか。今のところお知らせは届いていませんが、また何か情報があればお伝えしたいと思います。

もしもアフェリエイトは、売上や売上が承認されたらメールをいただけるし、承認金額に10%上乗せして振り込まれますから、とてもありがたかったんですが、これからは「もしもアフェリエイト」では、楽天市場の売り上げだけになりそうです。

「もしもアフィリエイト」さんは何か対応されるのでしょうか。とりあえず若干不便になっていますが、何とかブログを運用することができている状態です。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる