楽天アフィリエイトの報酬料率が2019年4月から改定された! 従来の1%がジャンルによって2%から8%に!もしもアフィリエイトも対応! デメリットとメリットは?

スポンサーリンク

先日、登録しているASPの1つのA8ネットから「楽天アフィエイト プログラム内容変更のご案内」なるメールが届きました。A8ネットでは楽天アフィリエイトのリンクは貼っていないんですが、プログラムを提携していない会員にもお知らせしているそうです。

スポンサーリンク

もしもアフィリエイトのトップページにも記載が

もしもアフィリエイトのトップページにもお知らせとして記載されていました。

2019年4月1日から楽天市場(楽天ブックス含む)の成果発生条件、報酬率が新しくなります

これはありがたいお知らせですね。従来、Amazon経由の紹介料は一律2%でしたが、楽天市場の方は1%でしたから、少なくとも報酬率が2倍になるようです。ただし、成果発生の期間が、従来の30日間から24時間に短縮されるそうです。

Amazon PA-APIの変更以降のもしもアフィリエイト

Amazon PA-APIのポリシー変更以来、もしもアフィリエイト経由にしていたAmazonアフィリエイトプログラムをもしもアフィリエイト経由をから外しました。

商品管理プラグインRinkerで突然Amazonの商品が検索できなくなった! 「リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」?API利用ポリシーの変更?
先日、RinkerでAmazonの商品リンクを作成しようとしていて、「Amazonから商品検索」をすると、「リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」のエラーメッセージが表示されました。。。【エラー】リクエス...

Yahooショッピングはバリューコマース経由にしているので、もしもアフィリエイトで発生する売り上げは楽天市場での売り上げだけになっていました。楽天市場での売り上げは、今回の改定前までは、過去30日間の来訪期間からさかのぼっての売り上げがありましたが、今回の改定で24時間以内に購入されないと売り上げが発生しなくなり、Amazonアソシエイトと同様になりました。

Rinkerで商品リンク先をAmazon PA-API経由に変更したのでAmazonアソシエイト支払いをゆうちょ銀行に登録してみた&最後にIEでのトラブル
先日、「 Product Advertising API (PA-API)利用ポリシー」の変更による、「Rinker」で商品が検索できない記事を書きました。「リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」というエラーでし...

Amazonでは売り上げに対して一律で2%の紹介料ですが、楽天市場では今回の改定で、2%から8%の料率となり、その部分ではAmazonよりもお得ですよね。今後、もしもアフィリエイト経由の楽天市場での売り上げが増えることを期待してしまいます。先日(2019年4月1日)早速申し込みが入りましたが、これってまだ新ルールの料率ではないですね。これからどんどん楽天市場からの商品から売り上げが入ってくると嬉しいのですが。

気になるジャンル別報酬料率は?

下記が気になるジャンル別料率一覧です。ジャンルによって結構差がありますね。

成果報酬が8%のジャンル

メンズファッション、靴、食品、水・ソフトドリンク、レディースファッション、インナー・下着・ナイトウエア、ジュエリー・アクセサリー、バッグ・小物・ブランド雑貨、日本酒・焼酎、ビール・洋酒、スイーツ・お菓子

成果報酬が5%のジャンル

ペット・ペットグッズ、医薬品・コンタクト・介護、ダイエット・健康、美容・コスメ・香水

成果報酬が4%のジャンル

カタログギフト・チケット、花・ガーデン・DIY、キッズ・ベビー・マタニティ、スポーツ・アウトドア

成果報酬が3%のジャンル

サービス・リフォーム、キッチン用品・食器・調理器具、住宅・不動産、本・雑誌・コミック、おもちゃ・ゲーム、日用品雑貨・文房具・手芸、インテリア・寝具・収納、ホビー

成果報酬が2%のジャンル

CD・DVD、腕時計、パソコン・周辺機器、家電、楽器・音響機器、スマートフォン・タブレット、光回線・モバイル通信、TV・オーディオ・カメラ、デジタルコンテンツ、車用品・バイク用品、車・バイク、それ以外のジャンル

いずれも紹介料の上限は1件につき1,000円となるそうです。A8ネットから来たメールでは、上記の紹介料より数パーセント低くなっていますが、楽天アフィリエイトと、もしもアフィリエイトのサイトで確認したところ、上記の紹介料となっていました。

しかし今回の楽天アフィリエイトの料率改定の話は結構前からあったんですね。2018年の7月くらいから検討していたそうです。当サイトを立ち上げる前の話だったので今回初めてしりました。

結局のところ今回の改定でお得になったのか?

これはもうYes一択ですね。

今回の改定で考えられるデメリット

以前のルールでは、来訪後30日間にさかのぼって売り上げが発生していましたが、今回の改定で来訪後24時間以内に注文されないと売り上げとしては計上されなくなります。その点ではデメリットになります。ただ、過去30日さかのぼっての売り上げはそうそうなかったと思いますので、こちらは影響があまりないように思います。30日間にさかのぼって計上されるのは魅力的でしたが、こちらはもう記事とはあまり関係のない売り上げですから、ラッキー程度に考えていた方がよさそうです。

成果報酬の料率アップはデメリットを上回るメリット

今回の改定では、来訪期間が短縮されたデメリットよりも、成果報酬の料率が上がったことによるメリットの方が随分大きいと思います。

以前から当サイトでは、楽天市場での売り上げよりもAmazonでの売り上げの方が圧倒的に多かったです。ですが売り上げ数は少なくても料率が上がることにより、楽天市場での成果報酬は結果的にアップすると思います。

今回の改定は大歓迎 もしもアフィリエイトでの報酬が増えるかも

Amazonアソシエイトに変更してから、もしもアフィリエイトの報酬は激減しました。ただ今回の改定で報酬額が増えることを期待しています。

商品管理プラグインRinkerで商品が検索できなくなった今回のAmazon PA-APIの変更への対応から分かってきたこと Rinkerはとっても便利!
商品管理プラグインRinkerで「Amazonから商品検索」をすると、「リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」のエラーメッセージが表示されて焦りましたが、下記の記事以降その後は快適に商品検索をすることができていま...

今回の楽天市場の成果料率最大8%ってすごいですね。以前の1%っていうのを知っているから余計に感じます。もっと早く改定してくれていれば、なんて思ってしましますよね。いずれにせよ我々ブロガーにとってはありがたいルール改定ですね。

ただいずれのジャンルでも上限が1,000円となりますから、例えば成果料率8%の商品が2万円売り上げを計上したとしても、8%であれば1,600円の成果になるはずですが上限の1,000円の成果となります。このあたりはAmazonアソシエイトと同様、残念な部分です。

スポンサーリンク
ブログ・WordPress
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました