商品管理プラグインRinkerで突然Amazonの商品が検索できなくなった! 「リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」?API利用ポリシーの変更?

スポンサーリンク

先日、RinkerでAmazonの商品リンクを作成しようとしていて、「Amazonから商品検索」をすると、「リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」のエラーメッセージが表示されました。。。

スポンサーリンク

【エラー】リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled

【エラー】リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled

調べてみると、たまに「【エラー】リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」のメッセージが表示されることがあるそうなんですが、その場合は暫らく待って検索すると大丈夫とのことでした。が、今回はいつまで経ってもエラーが表示されるんです。困った挙句、「amazon api rinker」でググッて調べてみると、「Amazon PA-API利用ポリシーの変更」なる文字を見つけました。それで早速、「Amazon PA-API利用ポリシー」を調べてみました。

「 Product Advertising API (PA-API)利用ポリシー」が変更

2019年1月23日から「 Product Advertising API (PA-API)利用ポリシー」が変更されたそうです。

Amazonアソシエイト 重要なお知らせ

該当者にはメールでお知らせがあったようですが、僕はAmazonに登録しているメールアドレスはほとんど開かない(かなり昔から使用していて迷惑メールが多いため)ので、まったく寝耳に水でした。

過去30日以内に売上が発生していないとPA-APIが利用できない

どうも、PA-APIに一日のアクセス制限(一日の最大リクエスト可能数は86,400リクエストでしたが一日最大8,640リクエストに仕様変更)がかかり、過去にAmazon Product Advertising API(PA-API)経由の発送済み商品売上が過去30日以内に発生していない場合、PA-APIが利用できなくなるそうです。

これに引っかかってたんですね。当サイトは、Amazonの商品を「もしもアフィリエイト」経由にしていますから、Amazon PA-API経由での売上が一切ありませんでした。

Amazonアソシエイト レポート画面

Rinkerで3つの設定が必要に

Amazon PA-API経由で売上を発生させるために、Rinkerの設定の変更が必要になります。そこでRinker作者様のページを拝見して、確認してみました。「Rinker」作者様にはほんとに感謝しています。

WordPressの編集画面で、「設定」「Rinker」です。

Rinker設定

Rinker設定で、3つの設定をする必要がありました。

その1 「商品情報の再取得」を「取得しない」に

まずは、「基本設定」で、「商品情報の再取得」を「取得しない」にチェックです。商品情報の再取得をすると、例えば100個の商品を登録していると一日に100回のPA-APIを利用していることになります。

「商品情報の再取得」を「取得しない」に

その2 Amazonのリンク先を「リンク先を商品の詳細画面にする」

続いて、「Amazon」の「リンク先」を「リンク先を商品の詳細画面にする」をチェックします。「リンク先を検索画面にする」にすると、PA-API経由での売上ではなくなり、今回のアクセス制限の解除にはならないそうです。

「リンク先を商品尾詳細画面にする」

その3 もしもリンク優先ショップで「Amazon」のチェックを外す

最後に、「もしもリンク優先ショップ」で、「Amazon」のチェックを外します。「もしもリンク優先ショップ」で「Amazon」のチェックを入れると、今回の問題であるPA-API経由ではなく、もしもアフィリエイトの経由の売上になります。

もしもリンク優先ショップからAmazonのチェックを外す

チェックを外したら、「変更を保存」をクリックして完了です。

後はPA-API経由の売上を待つのみ

Rinkerの設定は変更しましたが、すぐに売上があるわけではないので、2日ほど待ってみました。

そして2日後、Amazonアソシエイトのページで確認すると、ついに売上が発生していました!

紹介料が発生!

一応、レポートの「リンクタイプレポート」で確認しました。ちゃんと紹介料が記載されていました。

売上の確認後、Rinkerの「Amazonから商品を検索」をすると、無事検索結果が表示されました!

Rinker 商品情報を取得

もしもアフィリエイトは非常に便利だったが

もしもアフィリエイトは非常に使い勝手がよかったんですが、今後はAmazonの商品(というかアフィリエイトの商品はほとんどがもしもアフィリエイトのAmazon経由なんですが)は全てAmazon PA-API経由にしないといけません。過去30日売上がなかったらアクセス制限がかかるなんて。。。ちょっと厳しすぎませんか、Amazonさん。。。一旦利用停止になった後のPA-APIのリクエスト可能回数がどのようになるのかはまだ不明ですが、まずは「Rinker」の「Amazonから商品を検索」が復活しました。

楽天アフィリエイトの報酬料率が2019年4月から改定された! 従来の1%がジャンルによって2%から8%に!もしもアフィリエイトも対応! デメリットとメリットは?
先日、登録しているASPの1つのA8ネットから「楽天アフィエイト プログラム内容変更のご案内」なるメールが届きました。A8ネットでは楽天アフィリエイトのリンクは貼っていないんですが、プログラムを提携していない会員にもお知らせしているそうで...

とりあえず、「【エラー】リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」問題は何とか解決して、ほっとしています。もしもアフィリエイトがAmazonで利用できないのは残念ですが、同じように困っている方の助けになれば嬉しいです。

Rinkerで商品リンク先をAmazon PA-API経由に変更したのでAmazonアソシエイト支払いをゆうちょ銀行に登録してみた&最後にIEでのトラブル
先日、「 Product Advertising API (PA-API)利用ポリシー」の変更による、「Rinker」で商品が検索できない記事を書きました。「リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」というエラーでし...

ブログって、奥が深いですね。これからも、日々様々なことを解決していきます。

商品管理プラグインRinkerで商品が検索できなくなった今回のAmazon PA-APIの変更への対応から分かってきたこと Rinkerはとっても便利!
商品管理プラグインRinkerで「Amazonから商品検索」をすると、「リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」のエラーメッセージが表示されて焦りましたが、下記の記事以降その後は快適に商品検索をすることができていま...
スポンサーリンク
ブログ・WordPress
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました