脱水状態に必要な水分と電解質(塩分)を効果的に摂取できる! 経口補水液のすすめ

先日アルコールを摂取しすぎると、水分不足に陥り、喉がカラカラになるという記事を投稿しました。

アルコールと二日酔いと水分の関係 二日酔いでなぜ喉が渇くのか? 原因と対策!
二日酔いの日は、頭痛や吐き気、嘔吐などの症状が発症してつらいですよね。自分は吐き気や嘔吐はないのですが、頭痛と体の震えに悩まされ続けています。それとも...

脱水症状の際には、体内の水分や塩分が不足します。

今回は脱水症状になったとき、または脱水症状を防ぐために、効果的に水分補給をする方法です。

スポンサーリンク

脱水状態になると口の乾きやその他の症状が発症

「脱水症」とは、体内の水分が足りない状態のことをいいます。

「脱水」になると、自覚症状としては口の渇きや体のだるさ、立ちくらみなどを訴えることが多いです。皮膚や口唇、舌の乾燥、皮膚の弾力性低下、微熱などが起こります。そのほかに食欲低下、脱力、意識障害、血圧低下、頻脈なども出現しやすいです。

https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/rounensei/dassui.html

脱水症状になる原因には、水分不足以外にも塩分も不足することによっても発症します。

水と電解質(塩分)が発汗などで失われて脱水症状になります。

大量に発汗が生じて、水分と電解質(塩分)が不足した状態が「熱中症」となります。

熱中症を引き起こす条件は、「環境」と「からだ」と「行動」によるものが考えられます。
「環境」の要因は、気温が高い、湿度が高い、風が弱いなどがあります。
「からだ」の要因は、激しい労働や運動によって体内に著しい熱が生じたり、暑い環境に体が十分に対応できないことなどがあります。
その結果、熱中症を引き起こす可能性があります。

環境省熱中症予防情報サイト 熱中症の予防方法と対処方法
スポンサーリンク

脱水状態を事前に防ぐために対策は

脱水症状は水分と電解質(塩分)の不足が原因で発症します。

脱水症状を事前に防ぐためには、やはりこまめな水分補給が必要です。

夏場はもちろん、日差しの強い場所から離れることも必要ですが、発汗作用をするスポーツなどではさらに水分補給は欠かせません。

こまめな水分補給をしっかりと

また、電解質(塩分)の補給も重要です。

睡眠時には電解質(塩分)の補給ができませんので、命水(宝水)のほかに、特に電解質(塩分)の補給が必要になります。

就寝前に500mLほどの水を摂取することで、血管をドロドロにすることも防ぐことができ、脳梗塞や心筋梗塞の危険性を減らすことができます。

就寝前の水分補給、命水(宝水)

このような水のことを「命水(宝水)」と呼ばれています。

スポンサーリンク

効果的に水分と電解質(塩分)を補うには経口補水液がおすすめ

そのような脱水症状を防ぐためには、「経口補水液」がおすすめです。

経口補水液(けいこうほすいえき、英: Oral Rehydration Solution, ORS)とは、食塩とブドウ糖を混合して、適切な濃度で水に溶かしたものである。真水を飲用するよりも、これを飲用した方が小腸において水分の吸収が円滑に行われるため、主に下痢・嘔吐・発熱・発汗による脱水症状の治療に用いられる。なお、水に溶かす前の状態のものを経口補水塩(けいこうほすいえん、Oral Rehydration Salts)と言う。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/経口補水液

経口補水液は、電解質(塩分)が十分含まれている上に、糖分も医学的見地によって配合されている飲料です。

また水分と電解質(塩分)を効果的に吸収することができます。

スポンサーリンク

二日酔いや頭痛にも経口補水液

二日酔いの原因は、肝臓でのアルコール分解時に発生するアセトアルデヒドが原因です。

アセトアルデヒドを無害の酢酸に分解するために、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きが重要です。

二日酔い対策!「アセトアルデヒド」を分解するキーワードは3つ! 二日酔いになる前・なった後・普段から気をつけること お酒大好きな方も苦手な方も必見!
つらいつらい二日酔い。飲んでるときは楽しいけど朝起きて「ああ、しまった」って後悔することはないですか?今回は二日酔いのつらさにあわないようにするために...

そのアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によるアセトアルデヒドの分解には大量の水分が必要になります。

また、二日酔いによる頭痛にも経口補水液は効果的です。

水分と電解質(塩分)と糖を効率的に吸収する経口補水液は普通の水よりも二日酔いの症状を低減します。

スポンサーリンク

これからの冬に向けての脱水症状にも注意が必要

脱水症状になるのは実は夏だけではありません。

冬になると、外気の乾燥によって体内から水分が失われやすくなります。

さらには気温が下がるため、喉が乾くという感覚が鈍り水分を積極的に摂取しないようになります。

また気温が低くなることで利尿作用も含めて、冬場は特に脱水症状になりやすい季節でもあります。

冬の「かくれ脱水症状」に、これからの季節は注意が必要です。

冬の「かくれ脱水症状」荷物ご注意をば

脱水症状であるめまいやふらつき。頭痛などの症状の際には冬の「かくれ脱水症状」に注意が必要です。

その際にも効果的に水分・電解質(塩分)・糖分を摂取できる「経口補水液」はこれからの季節にも活躍します。

脱水症状を未然に防ぐために、「経口補水液」をしっかりと摂取する習慣を心掛けましょう。

スポンサーリンク
健康・サプリ
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました