お米にこんにゃくを混ぜて糖質50%オフ? 糖質が気になる方に こんにゃく米で糖質を気にせずお米が食べれる! ダイエットを考えている方に運動しないでカロリーオフ

お米大好き!な自分ですが、最近糖質が気になります。ちょっと油断しているとあっという間にお腹がポッコリと。。。

そのため、食事は少なめでおかずでお腹を満足させ、ビールも控えめにハイボールを飲むようにしています。

そんな自分ですが、ある日いつもの居酒屋の常連さんに(また)新しい情報をいただきました。

糖質の多いお米ですが、こんにゃくを混ぜて炊くと糖質がなんと50%もオフになるそうです!

目次

白米とこんにゃく100g中に含まれる糖質の違いはすごい!

白米は炊いた後には100g中に糖質が36.8g(炊く前はなんと76.6g!)であるのに対して、こんにゃくは同じく100g中に糖質はなんと0.3gなんです!

こんにゃくの糖質は炊いた後のお米に比べて100分の1以下の糖質量となっています。

刺身こんにゃくもおいしい

白米と同じく糖質が多いと言われている茹でうどんが100g中20.8g、茹で中華麺が100g中27.9gですから、白米の糖質の多さとこんにゃくの糖質の少なさが際立ちますね。

ちなみに先述のアルコールの件ですが、ビールは100g中に糖質が3.1g(ウィスキー、ブランデーは0g)ですから、飲んでもいいじゃんって思ってしまいますね(笑)。実際は太りますけど。

糖質50%オフ? なぜこんにゃくと一緒にお米を炊くと糖質が減るのか?

お米とこんにゃくを一緒に炊くとお米の糖質が50%オフになると言われています。

その理由は、こんにゃくがお米と化学変化を起こしてお米の糖質を減らすわけではありません。

それは、白米にこんにゃくを混ぜて食べることによって、結果食べた量の全体の糖質がオフになるということです。

ですからこんにゃくの量を増やせば増やすほど糖質はオフになります。

糸こんにゃく(しらたき)

こんにゃく米の調理方法は超簡単 レシピの紹介

以下はいつもの常連さんに教えていただいた調理法です。

糸こんにゃく(しらたき)をフードブロッセッサーなどで米粒くらいの大きさにします。

そして水を少なめに普通に炊くだけです。

こちらのサイトを教えていただきました。

こんにゃくが含まれているとは分からないくらいに美味しい調理方法です。

ダイエットにも効果的なこんにゃく米は通販でも購入可能

なにしろ糖質が50%ちかくも減らすことができるのですからダイエットにも効果的ですね。

先ほどのレシピとは別に、Amazonなどでもこんにゃく米は販売されています。普通のお米に混ぜて炊くと、こんにゃく米が出来上がります。

こちらの商品は、スティックタイプです。

およそカロリー・糖質とも33%カット、1日3膳で261kcalカットで、日常生活に置き換えるとなんとウォーキング1時間25分に相当するそうです。

こちらも普通のお米に混ぜて炊くタイプです。糖質50%オフとなっていますね。

無農薬で栽培した「むかごこんにゃく」から「無着色」で精製されているとのことです。レビューの評価もいいですね。

自分はあまり気にならないのですが、こんにゃくの臭いが気になる方もいるようです。

上記のこんにゃく米はレビューでも臭いはなく、普通のお米と気付かないといった声も多いです。

何しろ食べるだけで、運動をしないでも今の生活のままカロリーオフになり、「こんにゃく米」はダイエットできるのですから継続することができますね。

自分でこんにゃく米を調理するもよし、通販で購入するもよし、今までダイエットが続かなかったあなたにおすすめの「こんにゃく米」です。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる