Amazon あんしんメール マスクの安全な使用について マスクはほんとに効果があるのか?

新型肝炎コロナウイルスの脅威は止まりません。

マスクの重要性が再認識されていますが、首相官邸や厚生労働省検疫所から注意喚起が出ています。

「Amazon あんしんメール」で知りました。

Amazon.co.jp: : マスクの安全な使用について
マスクの安全な使用について の優れたセレクションでオンラインショッピング。
スポンサーリンク

首相官邸ウェブサイトでの喚起

意外なことに、屋外では相当混み合っていない限りマスクの着用による効果はあまり認められていないそうです。

下記は首相官邸ウェブサイトでの喚起の引用です。

マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクをつけましょう。

一方で、予防⽤にマスクを着⽤することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは、相当混み合っていない限り、マスクを着⽤することによる効果はあまり認められていません。

咳や発熱などの症状のある人に近づかない、人混みの多い場所に行かない、手指を清潔に保つといった感染予防策を優先して行いましょう。

マスクの安全な使用について

ウイルスの感染経路は飛沫感染・接触感染・経口感染に分けられます。

いずれも1メートル前後の範囲で感染しますから、混み合っていない(1メートル範囲に不特定多数の人がいない)場合はウイルスに感染する可能性はゼロに近いです。

スポンサーリンク

厚生労働省検疫所FORTHホームページ からの注意喚起

厚生労働省検疫所では、下記の引用の通りWHOの標準推奨事項が明記されています。

主にエチケットや衛生上の注意喚起となっています。

やはり推奨事項にマスクのことは含まれていません。

・アルコール手指消毒剤または石鹸と水を使用して、頻繁に手を洗います。
・咳やくしゃみをするときは、曲げた肘やティッシュで口と鼻を覆います。その後、すぐにティッシュを捨てて、手を洗ってください。
・発熱や咳がある人との近距離でのやりとり(接触)を避けてください。
・発熱、咳、呼吸困難がある場合は、早期に医療機関を受診して、以前の旅行歴を医療提供者と共有してください。
・現在、新型コロナウイルス患者がアウトブレイクしている地域のライブマーケット(生きた動物を扱っている市場)を訪問する場合、生きている動物や動物と触れるものの表面との直接的で無防備な接触を避けてください。
・生または調理が不十分な動物製品を食べることは避けるべきです。生の肉、牛乳、または動物の臓器は、良好な食品安全のルールや手法に従って、未調理の食品を汚染しないように注意して取り扱われるべきです。

マスクの安全な使用について

コロナウイルスのことも明記されています。

感染源とされている野生動物の件に関しても注意喚起がされています。生きている動物へ触れたりなどの接触は今は特に注意が必要です。

食品に関しても生肉などはしっかりと調理したものを摂取する必要があります。

スポンサーリンク

マスクの着用でウイルス感染予防はあんしんなのか?

実際に調べてみると、マスクの効果はウイルス感染予防ではなく、咳をしている人は周りにご自身の飛沫を飛ばさないようにするためという、むしろ感染を広げないようにするためのエチケットというものでした。

エラー|NHK NEWS WEB

実際、上記のサイトでもマスクに予防効果があるかどうかの科学的エビデンスはないとのことでした。

こちらのサイトでは風邪やインフルエンザにならないようにマスクをつけてもその効果は限定的ということです。

マスクと顔の間に隙間があり、その隙間からウイルスの飛沫が侵入する恐れがあるからだそうです。

正しくマスクをしていないとその効果はさらに下がってしまいます。

マスクの効果と正しい使用方法|感染制御室|診療科のご案内|自治医科大学附属さいたま医療センター
自治医科大学附属さいたま医療センター診療科のご案内ページです。内科系・外科系の診療科や診療部等に関連する情報を掲載しています。
スポンサーリンク

感染予防にはマスクよりも手洗いとうがいの励行を

マスク着用によるウイルス感染予防の効果は、「しないよりまし」という結論です。

マスク着用よりも効果が認められている感染予防は、手洗いとうがいの励行です。

新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~ | 首相官邸ホームページ
新型コロナウイルスに関連した感染症対策。過剰に心配することなく、マスクの着用や手洗いの徹底などの通常の感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

厚生労働省のサイトでは、日々コロナウイルスに関する報道資料がアップされています。

報道発表資料 2020年2月

日本でも感染者が増えてきています。

コロナウイルスの情報にアンテナを張っておくことはもちろん、正しい感染予防が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました