二日酔い対策に飲む前に飲む、トマトジュースのチカラ 超おすすめ! 血中アルコール濃度を下げるのは睡眠中に

二日酔いにはトマトジュース。

実感されている方も多いのではないでしょうか。

自分も毎朝飲んでます。ところがトマトジュースの効果が出るタイミングが遅く、酷いときは夕方まで残ることもしばしばありました。

今回、自分はトマトジュースを飲むタイミングを変えてみて、翌日(ほぼ)全く二日酔いの症状がでなくなりましたので記事にしました。

二日酔いに困っている方への朗報となれば幸いです。

目次

トマトジュースにはアルコール血中濃度を下げる効果が

そもそもトマトジュースは、血中アルコール濃度を下げる効果があります。

トマトジュースを飲んでいない場合と比べて、トマトジュースを飲んでいると、アルコールの消失に約50分の短縮があるそうです。

ヒトにおいてトマトジュース缶3本(約160ml×3本)と焼酎甲類(ストレート約100ml)の同時摂取試験を適正飲酒量にて実施したところ、トマトジュースを飲んでいない場合(対照として水と焼酎甲類を摂取)と比較して、血液中のアルコール濃度が顕著に(最高血中濃度として約3割)低下することを確認しました。また、計算上、体内に留まるアルコール量が約3割減少しました。さらに、体内からのアルコールの消失に、トマトジュースを飲んでいない場合では5.0時間要したのに対し、トマトジュースを飲んだ場合では4.2時間となり、約50分程度早まりました。


アサヒグループ、カゴメ共同研究トマトが飲酒後の血中アルコール濃度を …

トマトそのものを食べるよりも、トマトジュースの方が効果が高いです。

トマトそのものよりもトマトジュースには二日酔いの効果がある

アルコールを飲みすぎるとトマトジュースでも間に合わない

ところが自分は365日毎日アルコールを摂取するのですが、昼から(今は家飲みですよ)飲んでしまうと、翌日の朝起きたときにトマトジュースを飲んでも回復に時間がかかります。

ひどいときは夕方まで症状が残る場合も多々出てきました。仕事が休みの日の翌日は確実に残ります。。。

飲む前に飲む!トマトジュース×3

そこで飲むタイミングを変えました。

これが効果てきめんです!

もう昼からずっと飲んでいても、翌日二日酔いの症状はほぼなくなります。

その方法とは、アルコールを飲む前にトマトジュースを飲む、ということです。

ただアルコールを摂取する前にトマトジュースを飲むだけではありません。

チェイサーのように、昼にトマトジュースを飲んでからアルコール摂取、さらに夕方アルコールを飲む前にトマトジュースをまた飲む、そして夜寝る前にダメ押しでもう一本のトマトジュースを飲む、つまり一日にトマトジュースを3回飲む方法です。

トマトジュースにはカラダにいいことがいっぱい

ところでこの記事を執筆中に、トマトジュースには塩分を排出する効果があることを知りました。

どうしてもアルコールが入るとつまみに塩分が多く含まれて、塩分を摂取しすぎることがしばしばあります。

トマトジュースには、塩分を体外に排出するはたらきのあるカリウムを多く含んでいます。

そのような塩分摂取過多の予防ににも、トマトジュースが効果的です。

また後日、トマトジュースと塩分排出とカリウムの関係についての記事を執筆したいと思います。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる