忘年会・新年会のシーズンに! キーワードは「アセトアルデヒドの分解」 ついつい飲みすぎてつらい二日酔いの防止・対策によく効く食品の紹介

本格的に寒くなってきましたが、忘年会・新年会のシーズン真っ盛りです。自分はシーズン以外でも毎晩飲んでいますが。

忘年会・新年会といえばアルコール。そしてアルコールといえば切っても切れないのが二日酔いですよね。

二日酔いのキーワードは「アセトアルデヒド」。肝臓でアルコールを分解する際に、発生する「アセトアルデヒド」が体内に残っている状態が「二日酔い」の状態です。

二日酔い対策!「アセトアルデヒド」を分解するキーワードは3つ! 二日酔いになる前・なった後・普段から気をつけること お酒大好きな方も苦手な方も必見!
つらいつらい二日酔い。飲んでるときは楽しいけど朝起きて「ああ、しまった」って後悔することはないですか?今回は二日酔いのつらさにあわないようにするために...
スポンサーリンク

二日酔いの元凶 アセトアルデヒドとは

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解されます。さらにアセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きで無害な酢酸に分解され、 体内で水と二酸化炭素に分解されます。

アセトアルデヒド (acetaldehyde) は、アルデヒドの一種。IUPAC命名法では エタナール (ethanal) ともいい、他に酢酸アルデヒド、エチルアルデヒドなどの別名がある。自然界では植物の正常な代謝過程で産生され、特に果実などに多く含まれている。また人体ではエタノールの酸化によって生成されて発がん性を持ち、一般に二日酔いの原因と見なされている。またたばこの依存性を高めている。産業的にも大規模に製造され、その多くが酢酸エチルの製造原料として使われている。独特の臭気と刺激性を持ち、自動車の排気やたばこの煙、合板の接着剤などに由来する大気汚染物質でもある。


アセトアルデヒド – Wikipedia

その大量に発生したアセトアルデヒドが酢酸に分解されずに体内に残っている状態が二日酔いの状態です。

スポンサーリンク

アセトアルデヒドの原因である血中アルコール濃度を下げる効果のあるトマトジュース

トマトジュースには、体内の血中アルコール濃度を下げる効果があります。

トマトやトマトジュースといえばリコピンを多く含む、抗酸化作用などの健康によい食品として有名ですが、そのトマトが、飲酒後のアルコール血中濃度を下げる効果があるそうです。

トマトジュースを飲んでいない場合と比べて、トマトジュースを飲んでいると、アルコールの消失に約50分の短縮があったそうです。

ヒトにおいてトマトジュース缶3本(約160ml×3本)と焼酎甲類(ストレート約100ml)の同時摂取試験を適正飲酒量にて実施したところ、トマトジュースを飲んでいない場合(対照として水と焼酎甲類を摂取)と比較して、血液中のアルコール濃度が顕著に(最高血中濃度として約3割)低下することを確認しました。また、計算上、体内に留まるアルコール量が約3割減少しました。さらに、体内からのアルコールの消失に、トマトジュースを飲んでいない場合では5.0時間要したのに対し、トマトジュースを飲んだ場合では4.2時間となり、約50分程度早まりました。


アサヒグループ、カゴメ共同研究トマトが飲酒後の血中アルコール濃度を …
二日酔い対策にトマトジュース ほんとにすごく効く! お酒の席にまたは二日酔いの朝にも効果的! トマトに含まれる栄養素はすごい!
辛い辛い二日酔い。僕はほぼ週に2回は、二日酔いになっています。いろいろお酒について投稿してきましたが、今回は意外なものが二日酔いにとても効果的でした。トマトジ...

トマトジュースを飲むと血中アルコール濃度を下げる効果が期待できますので、飲む前よりもむしろ宴の後半、または睡眠前に飲むとより効果を発揮します。

二日酔いにトマトジュースはいつ飲むと効果的なの? 血中アルコール濃度を下げる効果があるトマトジュースの効果的な摂取のタイミングはこれ!
意外と知られていない、二日酔い軽減対策の強い味方であるトマトジュースですが、その効果はかなりあります。そんなトマトジュースですが、二日酔いの防...
スポンサーリンク

オレンジジュースにはアセトアルデヒドの毒性を弱めるビタミンCがいっぱい

オレンジジュースには、アセトアルデヒドの毒性を弱めるビタミンCがいっぱい含まれています。

また、オレンジジュースにはビタミンCだけでなく、ビタミンBに属する葉酸の含有量も多いのです。

アルコールを大量摂取すると、ビタミンB群を低下させる作用がはたらきます。そういった意味でも、オレンジジュースをアルコール摂取後に飲むと、ビタミンB群を効果的に補うことができます。

二日酔いの朝にはオレンジジュース!ビタミンCと葉酸と果糖(フルクトース)が二日酔いを低減!
自称二日酔いマスターの自分です。二日酔いに関しては、さまざまなサプリや食品、ドリンク等をいろいろと実体験してきました。今回はかなりの効果があっ...

また、オレンジジュースにはフルクトース(果糖)が多く含まれているため、二日酔いの原因の一つの低血糖状態にも効果を発揮します。

スポンサーリンク

柿に含まれるタンニン系ポリフェノールの一種「シブオール」がアセトアルデヒドにはたらきかける

柿には、タンニン系ポリフェノールの一種、「シブオール」が含まれています。

「シブオール」は柿の渋みを感じる成分です。渋くない柿にも含まれており、アルコールの吸収を抑え、さらには二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを体外へと排出を促す作用があります。

日本酒1合を『柿を食べずに飲む』『飲む30分前に柿を食べる』『飲んだ後に食べる』『飲みながら食べる』というケースで、飲酒1時間後に吐く息に含まれるアルコールの濃度を測りました」

結果は、日本酒を飲む前に柿を食べると、食べないで飲んだ時に比べてアルコール濃度は約36%減、飲んだ後で食べると約33%減、日本酒を飲みながら食べると約47%減と驚くべき効果だった。

https://www.j-cast.com/tv/2016/11/28284581.html

実際に飲んでいるとき、または飲んだ後に柿を食べるとアルコール濃度が減少するという驚くべき実験結果もあります。

柿が二日酔い予防に効く!その効能はすごい! 柿の知られていないパワーがここにある! シブオールの効果を実感しよう!
先日、いつもの居酒屋の常連のお姉さんが柿を持ってきてくれました。そこに同じく常連さんの元新地の料理人のおじいさんがいつも身につけている「マイナイフ」で...

さらには、意外と知られていないのですが、柿にはビタミンCがなんと柑橘類の約2倍含まれています。

柿は「飲む前」にも、「飲んだ後」にも効果を発揮します。

スポンサーリンク

バニラアイスクリームに含まれている動物性たんぱく質がアセトアルデヒドの分解を促進

アイスクリームの原材料には、牛乳が多く含まれています。牛乳には動物性たんぱく質が含まれているため、アセトアルデヒドの分解に効果があります。

バランスの良い動物性たんぱく質は、肝臓の細胞の再合成を助けるはたらきがあります。

そのため、二日酔いの最大の敵であるアセトアルデヒドの分解がスムーズになります。

二日酔いの朝にはバニラアイスクリーム! 二日酔いの低糖状態は糖分を欲する! 飲み会のシメにも効果的
最近寒くなってきました。それでもお昼の食事のときにお酒を飲むと不思議とアイスが食べたくなりますよね。自分はいつも休日のお昼にはアルコールを飲ん...

また、アルコールの分解には多くの血糖を必要とするため、低血糖の症状になりがちです。それが二日酔いの原因でもあります。

アイスクリームには、ご存知のようにたくさんの糖分も含まれており、アルコールの分解をスムーズにします。

アルコールを摂取した後にアイスクリームが欲しくなるのはその低血糖状態が糖分を欲するからです。

お酒を飲んだ後、無性にアイスクリームが食べたくなるのはなぜ? アルコール分解とアイスクリームの糖分の関係
最近、お酒を飲んでいて、その最後の締めにアイスクリームが無性に欲しくなります。僕もそうですが、僕の友人たちも、なぜか抹茶アイスで締めています。どこの居酒屋さん...
スポンサーリンク

二日酔い予防・対策のキーワードは「アセトアルデヒド」の分解

二日酔いの症状は、「アセトアルデヒド」が体内に残っていることが原因です。

アセトアルデヒドの分解をスムーズに行い、無害な酢酸に分解するには、今回紹介したちょっとした食品が効果を発揮します。

いずれもコンビニで手に入れることができる食品ですから、飲み会の後や出勤前にコンビニに寄って、これらの食品を摂取してみてください。

それでも効果がない方にはサプリに頼るしかないかもしれません。

飲んだ後の血中アルコール濃度を短時間で減少させるサプリ!翌日のアルコール濃度が機になる方に超画期的!飲む前ではなく飲んだ後の二日酔い対策
今日は絶対しないと心に誓う翌日の二日酔い。でも次の朝起きた時にはやっぱり「ああ、二日酔い」。こんな経験よくありますよね。とりあえず翌日...
二日酔いに悩んでいる方に 飲んでも後悔しない方法 お酒を飲んで翌日後悔していませんか? ekas(エカス)
飲む前は「今日は飲んでも控えよう」とか「絶対今日は日本酒は飲まない」と思っても、目の前にドンッと日本酒の一升瓶が置かれると飲んでしまいますよね。それが口当たり...
スポンサーリンク
健康・サプリ
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました