iPhoneのバッテリーがすぐに減っていく バッテリーの寿命を知りたい! 最近バッテリーの減りが気になる方に バッテリーの劣化状態をすぐに確認する方法

スマホのバッテリー劣化問題はまだまだ解決されていません。

リチウムイオンバッテリーを使用している間は、スマホの性能がいくら向上してもバッテリーの劣化問題は性能のボトルネックになっていますね。

自分は常にモバイルバッテリーを携帯していないと不安で仕方がないです。

バッテリー100%で家を出ても夜には20%を切ることが多いです。

そこで気になるのが、自分のスマホのバッテリーがどのくらい劣化しているのかを知りたい、ということです。

バッテリーの劣化状態を確認した上で、バッテリーを変えるべきか新機種にするか悩みたいですよね。

今回はiOS標準機能であるバッテリー劣化状況を確認する方法をご紹介します。

目次

iOSの標準機能である「設定」でバッテリーの劣化状況がわかる

iOS11から、バッテリーの劣化状態を確認できる機能が追加されています。

以下は、iOSでのiPhoneのバッテリー劣化状態を確認する方法です。

「設定」「バッテリー」をタップします。

「設定」「バッテリー」

「バッテリー」から「バッテリーの状態」をタップします。

「バッテリー」「バッテリーの状態」

すると、下記のように現在のバッテリー容量がパーセントで表示されます。

自分の場合は「89%」と、11%の劣化となっていました。

まだ一年程度しか経っていないのですが、かなりの劣化状態ですね。

最大容量「89%」

500回の充電サイクルで最大容量は80%

Appleのサポートページでは、下記のような記述がありました。

通常のバッテリーは、通常の条件下で使用された場合、フル充電サイクルを 500 回繰り返した後も本来の蓄電容量の最大 80% を維持するよう設計されています。

support .apple.com

フル充電サイクル500回でバッテリーの最大容量は80%を維持するように設計されているようです。

ただ、よくても20%は劣化することになるのですね。

500回ということは、毎日フル充電すると1年半も持たずにバッテリー劣化が何と20%も進むのですね。

1年半で20%もバッテリーが劣化するなんて。。。

新機能を搭載する技術も必要だとは思いますが、バッテリー劣化を防ぐ新技術の開発が進んで欲しいものです。

スマホのバッテリー劣化問題は、何年も経った今もまだ解決されていません。

バッテリーの減りが早くなって、劣化が進むと新機種に変更するか、モバイルバッテリーを持ち運ぶかの二択になります。

ノートパソコンのバッテリー劣化情報を知るソフトは存在する

Windowsノートパソコンでは、バッテリー劣化を知るソフトが複数存在します。

ところがiOSを搭載するiPhoneやiPad用のバッテリー寿命ソフトは古いiOSのバージョンしか対応していない情報でした。

ググっても今のGoogle検索は答えが出てこない。。。

自分は結構、ググるのが得意な方で、ほぼネットの情報だけで問題を解決してました。

ところが今のGoogleは答えが出るまでに数ページかかります。

中には解決しないことも多々あります。。。

今回ご紹介した方法は、偶然友人との話題の中で解決法を教えていただきました。

今回の記事が自分と同様に困っていた方の助けになれば幸いです。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる