インターネットエクスプローラー(IE)はもうダメな子?いろいろと表示が崩れたりエラーが発生したり。。。全面的に Google Chromeに変えたほうがいいのだろうか

僕は実は昔から隠れMicrosoft(マイクロソフト)派なんですが、最近IE(インターネットエクスプローラー)で不具合が多発するようになっています。会社でも自宅でもずっとIEを利用してきましたが、最近いろいろなトラブルが起こっていて、完全にGoogle Chromeに乗り換えようか悩んでいるところです。

目次

Webブラウザのシェアは大きく変わっていた

Google Chrome(以下Chrome)の誕生(正式リリース)は2008年12月です。もう、10年以上たつんですね。StatCounterのデータによると、ウェブブラウザのシェア率は2009年1月はIEが65.4%で、Chromeが2.6%でした。それが3年後の2012年5月にはIEが32.1%、Chromeは32.4%とシェアを逆転されました。その後、右肩上がりにChromeはシェアを増やし続け、2019年2月に至っては、IEの5.3%に対して、Chromeはなんと71.6%!僕は時代に取り残されていたんですね。

StatCounter Japanではまだ健闘している

StatCounter Market Share JapanではまだまだIEも健闘しています。1位Chromeの43.7%、2位Safariの33.7%、IEは3位の9.2%となっています。

また先ほどのワールドワイドでは、Chromeの逆転は2012年5月でしたが、日本に限ると2015年の5月と、ほぼ3年ほどのタイムラグがあります。

日本ではまだまだ企業でIEが利用されており、IEでないと動かないプログラムがあることが原因のようですが。そう、僕の場合も動作確認はIEが必須でした。まだまだIEでないと動かないプログラムもあるのも現状です。

当サイトの各ブラウザの占有率

当サイトに訪問されている方の、ブラウザ占有率を調べてみました。

当サイト起ち上げ以来(2018年10月5日)、現在(2019年3月7日現在)までのブラウザ占有率を調べてみると、Chromeの占有率は48.2%、Safariの27.8%に続いてIEは8.7%の3位となっています。先ほどのStatCounterとは数字はもちろん違っていますが、僕が知らないうちにChromeはウェブブラウザ界を席巻していたんですね。もちろん、自分がブログを運営するまで調べることもなかったので、もし自分がブログを運営していなかったらIEに対して疑問も持たなかったことでしょう。

Microsoft Edgeの占有率は

StatCounterの2019年2月では、Microsoft Edge(以下Edge)のシェアは4.3%です。当サイトの占有率もFirefoxの5.5%に次いで4.0%の5位でした。IEもEdgeも、シェアを取りこぼしている理由は、モバイルに対応していないことが大きな原因の一つと考えられます。

Edgeはまだまだこれから(といいながら2015年にWindow10がリリースされて4年経ってますが)利用価値はありますよ。しかし、報道を見るとMicrosoftは「Edge」に変わる「Chromium」ベースの新ブラウザを開発中とのことです。

僕が体験したIEのエラー、不具合

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です(笑)。

スクリプトエラーが大量発生する

IEを利用していると、こんな画面、よく見ませんが?起こるときはどんどん起こってまともにブラウスできないときが多いです。最近は減ってきているようにも思いますが。

IE スクリプトエラー

インターネットオプションの設定で直るとか、いろいろ試してみましたが駄目でした。Chromeではまだ見たことがないです。

Chromeだと正常でもIEだと表示が乱れる

この記事にも書きましたが、僕がよく利用しているぱくたそのページが乱れます。

今(2019年3月)見ると、だいぶましになっていますが、やはりIEでは画像が半分しか表示されないようです。

WordPress5.0で予期しないエラーが発生する

WordPress5.0にバージョンアップしたとき、何故が予期しないエラーが発生しました。Chromeで編集すると問題なかったです。今も発生するのかは不明です(今はWordPressはChromeで編集)。

IEではアクセスできないページがある

こちらに至っては、IEではアクセスすることすらできませんでした。

Indeegogoブラックモデル

たまに、フリーズして動かない

たまに、何の前触れもなくフリーズして、タブを閉じることもIE自体を終了することができなくなります。そのときは仕方なく、タスクマネージャーからIEを強制終了するしかありません。その後、IEを再起動すると、「前回のブラウズ セッションは予期せずに終了しました「セッションの復元」」を押すと、またもと通りフリーズします。

Amazonアソシエイトの振込先変更でエラーが出た

これがこの記事を書くきっかけだったんですよね。何故かIEだとエラーが出ました。Chromeだと一発で保存できたのですが、謎です。

結論 しばらくはIEとChromeを併用していきます

でもなんといっても長年利用してきたインターネットエクスプローラー(IE)ですから、お気に入り(ブックマーク)も多く、愛着があります。またサイトによってはユーザー名とパスワードも記憶させているので、しばらくはこのままIEとChromeを併用していって、IEで不具合がある場合にChromeを利用していきたいと思います。みなさんはどう思われますか?僕はまだダメな子?になったIEを利用し続けていきます。IEのサポ―トは2025年10月14日とのことですから、「IEはあと6年は戦える!」(マ・クベ風)ですね(笑)。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる