Adsense(アドセンス)が1クリックで4桁? 見間違いと思ったが本当だった!「無効なトラフィック」になりませんように。。。皆さんの1クリック単価の最高額はいくら?

スポンサーリンク

先日、ちょっと酔いも手伝ってツイッターで、「朝起きたらアドセンスが4桁になってたらいいな」ってツイートしました(そのツイートは翌日削除しましたが)。

その翌日に、なんと1クリックで4桁が計上されていました!夢が叶いました!

スポンサーリンク

初めての経験に目を疑う

朝、見たときは1クリックで2ケタでした。ところが何気なく確認してびっくり!いきなり4桁になっていました。

突然の4桁!

下記のように、2クリック目で4桁に突入です。1クリック目が2桁でしたから、2クリック目の単価は、1クリックで4桁になります。もちろん、僕にとっては過去最高の1クリック単価です。今までは、250円程度もありましたが、それのほぼ5倍の単価となっています。

2クリックで4桁に

ページRPM(広告が1000回表示されたらいくらになるか)がすごいことになっています。

ページ RPMがすごいことに

結局、この日は2クリックのままで終わりましたが(笑)。今月はそれまでのクリック単価が低すぎたため、低調な収益が続いていました。しかし、この1クリックのおかげで先月比マイナスが、一気にプラスに転じました。これが続けばいいなーって思っていましたが、その後はクリック単価も安く、先月をちょっと超えるくらいの金額に落ち着きそうです。

アドセンス1クリックで最高はいくらくらいなのか?

アドセンス1クリックって最高額はどのくらいなんだろうと気になり、「アドセンス 1クリック 最高」で調べてみました。すると、なんと9,754円だそうです。ちょっと古い記事ですので何とも言えませんが、下記のサイトに載っていました。

Googleアドセンス1回1クリックあたりの最高金額はいくらなのか?
クリック単価の最高金額はおいくら万円? 先日Googleアドセンスのクリック報酬として、とんでもない数字が出た…

1クリック1,000円超えで喜んでいた自分がちょっと恥ずかしい。。。

当サイトの1クリック最低金額は

はい、当サイトの1クリック最低金額は1円ではなく0円です。ちょっと別の意味でショックが大きくてスクショは取れていないんですが、はっきりとありました。「0」円です。クリック単価が0円というのは、誤クリックが原因のようです。例えば間違えて広告をクリックしてしまい、すぐタブを閉じるとかの行為が0円になるようです。

Google Adsense(アドセンス)の収益がマイナスされている!「無効なトラフィック - コンテンツ向け AdSense」とは一体何?
Google Adsense(アドセンス)、毎日見ていますか?僕は毎日見ています。iPhoneのウィジェットに追加して、WordPressのJetPackウィジェット版とともに、暇さえあれば覗いています。先月はあと数百円で最低支払額に到達...

しかし、無効なトラフィックでまた後から減額されるケースもあるというのに、アドセンスってなかなか難しですね。


無効なトラフィックの例は次のとおりです。
・サイト運営者様が、ご自身のライブ広告をクリックしてクリック数やインプレッション数を増やすこと
・1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと
・ サイト運営者様がご自身の広告でのクリックを誘導すること(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導するあらゆる言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告掲載など)
・ 自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正な行為を行うソフトウェア


無効なトラフィックの定義 – AdSense ヘルプ – Google Support

とりあえず、今回の1クリック4桁が無効なトラフィックにならないことを祈るしかないですね。

金融系の広告が単価が高い?

今回の1クリック4桁超えがどの広告がクリックされたのかわかるすべはありません。ただ、金融系の広告は単価が高いそうなので、もしかしたら次の記事でクリックしていただけたのかもしれません。「クレジットカード・電子マネー」のカテゴリを作成しましたが、今のところこの記事1つだけです。。。

コンビニや飲食店で財布に入れたまま「タントン♪」dカードGoldと電子マネーiDはとっても便利でお得!dカードGoldに入会してドコモ以外からもお小遣いももらえる方法!
コンビニや飲食店での支払い、現金ですか?レジが混雑しているときなど、小銭を探して支払っている方多いですよね。僕は気の長い方ですが、時間がなくて焦っているときはさすがにイライラしてしまいます。電子マネーは普及しているようですが、まだまだ僕の...

一応、アドセンスの「デリケートなカテゴリ」を確認してみましたが、特に 「収益額の割合」が高いカテゴリはありませんでした。

Google広告に「アルコール」「ギャンブル」のカテゴリが デリケートなカテゴリは許可するべき? そして新発見!広告回数と収益額の割合が一覧で確認できる便利なページが!
先日、Google Adsense(アドセンス)のページを見ていると、「デリケートなカテゴリ」というタブがありました。確認してみると、さまざまなカテゴリがありました。ほとんどの項目はデフォルトで許可になっていましたが、「アルコール」と「ギ...

「一般カテゴリ」も参考までに見てみるとありました、「収益額の割合(過去30日間)」で40%超えのカテゴリが。「ビジネス、産業」でした。

収益額の割合(過去30日間)

ちょっとぼかし過ぎで見づらいかもしれませんが、一応念のためにということでご理解ください。

この後、「ビジネス、産業」を辿っていきましたが、わかることはありませんでした、というか収益額の割合が、最後にはなくなってしまいました。

「ビジネス、産業」から「事務所」を辿っていきます。

「ビジネス、産業」から「事務所」を辿っていく

で、最後には0%になっていました。うーん、いまいちわからない。。。

「事務所」 最後には「0.0%」に

これが毎日続けばいいが。。。

1クリック4桁を体験したのは1週間ほど前のことでしたが、その後はいつもと変りなく、1日の収益額は2桁から3桁いくかどうかの繰り返しです。きっと、単なるラッキーパンチだったんでしょうね。。。

でもこの1クリック4桁のおかげで、それまで低調だったアドセンスも先月並みになりましたので助かりました。もし、この1クリックがなければ前月比大幅マイナスとなるところでした。

「無効なトラフィック – コンテンツ向け AdSense」になりませんように。。。

この記事を投稿するのは平成最後の日、平成31年4月30日です。アドセンスの収益が確定するのが翌月3日とのことですから、令和元年5月3日ですね。そのときに「無効なトラフィック」で減額率が少ないことを祈ってます。今回の1クリック4桁はとてもうれしい話でしたが、これが「無効なトラフィック」になっていたらもう立ち直れないかもしれません(笑)。

追記:1クリック4桁は無効なトラフィックとして計上されませんでした!

1クリック4桁は無効なトラフィックに計上されませんでした!
スポンサーリンク
ブログ・WordPress
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました