2019年4月以降、楽天アフィリエイトの成果発生数・報酬額が減っていた。。。

スポンサーリンク

2019年4月に改定された楽天アフィリエイトの報酬率アップ以降、報酬額が増えるかも?と喜んでいたのですが、2019年4月以降、順調に減ってきています。。。

楽天アフィリエイトの報酬料率が2019年4月から改定された! 従来の1%がジャンルによって2%から8%に!もしもアフィリエイトも対応! デメリットとメリットは?
先日、登録しているASPの1つのA8ネットから「楽天アフィエイト プログラム内容変更のご案内」なるメールが届きました。A8ネットでは楽天アフィリエイトのリンクは貼っていないんですが、プログラムを提携していない会員にもお知らせしているそうで...

上記の記事の時は、メリットデメリットで、メリットの方に「Yes!」と答えていたんですが。。。

スポンサーリンク

従来の1%の報酬率がジャンルによって2%から8%に

これを聞いたときは非常に喜んだものです。Amazon PA-APIの変更により、もしもアフィリエイト経由のAmazonリンクをAmazonアソシエイトに切り替えていました。ですから現在はもしもアフィリエイトでの売り上げ発生は楽天アフィリエイトだけとなっています。

商品管理プラグインRinkerで突然Amazonの商品が検索できなくなった! 「リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」?API利用ポリシーの変更?
先日、RinkerでAmazonの商品リンクを作成しようとしていて、「Amazonから商品検索」をすると、「リクエスト回数が多すぎます。 RequestThrottled」のエラーメッセージが表示されました。。。【エラー】リクエス...

改定前は一律1%の報酬でしたが、2019年4月以降はジャンルによって2%から8%の報酬額に変更されました。

下記が2019年4月以降のジャンル別料率一覧です。ジャンルによって結構差があります。

成果報酬が8%のジャンル

メンズファッション、靴、食品、水・ソフトドリンク、レディースファッション、インナー・下着・ナイトウエア、ジュエリー・アクセサリー、バッグ・小物・ブランド雑貨、日本酒・焼酎、ビール・洋酒、スイーツ・お菓子

成果報酬が5%のジャンル

ペット・ペットグッズ、医薬品・コンタクト・介護、ダイエット・健康、美容・コスメ・香水

成果報酬が4%のジャンル

カタログギフト・チケット、花・ガーデン・DIY、キッズ・ベビー・マタニティ、スポーツ・アウトドア

成果報酬が3%のジャンル

サービス・リフォーム、キッチン用品・食器・調理器具、住宅・不動産、本・雑誌・コミック、おもちゃ・ゲーム、日用品雑貨・文房具・手芸、インテリア・寝具・収納、ホビー

成果報酬が2%のジャンル

CD・DVD、腕時計、パソコン・周辺機器、家電、楽器・音響機器、スマートフォン・タブレット、光回線・モバイル通信、TV・オーディオ・カメラ、デジタルコンテンツ、車用品・バイク用品、車・バイク、それ以外のジャンル

いずれも紹介料の上限は1件につき1,000円となっています。

この知らせが来たときは絶対報酬額が増えると思ったんですが。。。

改定前の方がよかった? 以前の記事で書いたデメリットとメリットを振り返る

前回投稿した記事では、下記のように書いていました。

2019年4月の改定で考えられるデメリット

以前のルールでは、来訪後30日間にさかのぼって売り上げが発生していましたが、今回の改定で来訪後24時間以内に注文されないと売り上げとしては計上されなくなります。その点ではデメリットになります。ただ、過去30日さかのぼっての売り上げはそうそうなかったと思いますので、こちらは影響があまりないように思います。30日間にさかのぼって計上されるのは魅力的でしたが、こちらはもう記事とはあまり関係のない売り上げですから、ラッキー程度に考えていた方がよさそうです。

成果報酬の料率アップはデメリットを上回るメリット

今回の改定では、来訪期間が短縮されたデメリットよりも、成果報酬の料率が上がったことによるメリットの方が随分大きいと思います。

ところが現実はデメリットの方が大きかった

ところが実際には、改定前のルールの方が発生成果数も報酬額も2019年4月以降は大幅に減少しました。

改定前のルールの方が発生成果数は多かった

改定前のルールでは、来訪後30日間にさかのぼって売り上げが発生していました。しかし改定後は報酬率はアップしましたが、来訪後24時間以内に注文されないと報酬として発生しないいうルールに変更されたため、当サイトでは2019年4月以降の発生成果数は激減しているのが現状です。来訪後24時間以内というのはAmazonアソシエイトと同じ条件になります。Amazonアソシエイトの方は、24時間以内であっても報酬はコンスタントに発生していますが、楽天アフィリエイトの方は過去30日ルールが効いていたのでしょうか?来訪後24時間以内になった2019年4月以降は順調に発生件数が減っています。

当サイトの過去の楽天アフィリエイトの発生成果数は?

2019年1月からの楽天アフィリエイトの発生成果数は以下のようになっています。

クリック数発生成果数
2019年1月9415
2019年2月16219
2019年3月11417
2019年4月925
2019年5月19日現在704

2019年3月までが15~19件発生していたのに対し、4月以降はおよそ3分の1から4分の1になっているのが分かります。

ちなみに「申し込みが入りました!」のメールも2019年4月までは10時30分に届いでいたのですが、2019年か5月1日からは12時30分に変更になりました。

一件の報酬額の単価は確かに上がりましたが、発生件数が減っているため、やはり報酬額も4月以降は3分の1から4分の1に減ってきています。

今後の推移を見守っていくしかない

クリック数は月によって変動していますが、発生成果数は目に見えて減少を続けています。今後はPV数を増やす努力をしたり、記事のリライトによって発生成果数を増やしていくしかありません。当サイトでは、Amazonアソシエイトの方はいい意味で変化はありませんでしたので、楽天アフィリエイトの方はやはり成果発生条件が来訪後30日間から24時間以内に変更されたルールがもろに響いているようです。

今後の推移を見守っていって、また改善できれば記事にしたいと思います。

スポンサーリンク
ブログ・WordPress
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました