One Mix 3sをポチる前に 8インチ液晶UMPCのライバルを調べてみた! CHUWI MiniBook 「最も競争力のある価格を持つ」価格は550ドル以下?

価格の高騰が続く中国製UMPですが、主流は液晶サイズが8インチ超へとシフトしています。その中でもすっかりOne Mix 3sのブラックボディーに一目惚れした自分ですが、他サイトやツイッターを拝見していると、MiniBookの名前をよく見かけます。今回は8インチ強のUMP(ウルトラモバイルPC)の中で、One Mix 3sやGPD P2 MAXのライバルの一つ、CHUWI社のMiniBookについて調べてみました。

CHUWI MiniBook

One Mix 3s Platinum Editionのカラーと似ていますね。かっこいいです。One Mix 3と比べると、MiniBookの方がややスクエアに近い感じでしょうか。

目次

気になるCHUWI MiniBookのスペックは

気になるスペックですが、CPUはIntel Core m3-8100Yで、ライバル?のOne Mix 3や、GPD P2 MAXと同じです。当初はIntel Gemini lake 4000/ N4100を搭載予定だったそうですが、ライバルの8インチUMPがIntel Core m3-8100Y搭載という事が確定したのでCHUWI 社もそれに合わせてきた形なのでしょうか。

CHUWI MiniBook Crowdfunding (公式サイト)

下記のテーブルは、液晶サイズ8インチ以上の主なUMPのスペック比較です。

スペックCHUWI MiniBookOne Mix 3GPD P2 Max
CPUCore m3 8100YCore m3 8100YCore m3 8100Y
液晶サイズ8インチ8.4インチ8.9インチ
液晶解像度1920×12002560×16002560×1600
メモリー8GB8GB8GB~16GB
ストレージeMMC 128GBPCIe SSD 256GBPCIe SSD 256GB~1TB
質量不明500~600g659g680g
バッテリー容量26.6Wh(約7389mAh?)3500mAh8600mAh9200mAh
本体サイズ不明200.6 ×130.6 × 17.9 mm204 × 129 × 14.9mm213 × 149.5 × 5.5 – 14.2mm

バッテリー容量が、MiniBookだけ、26.6Whという違う単位だったんですが、計算合ってますでしょうか?

本体サイズ・質量がまだ不明な点と、ストレージがeMMC 128GBであることが気になりますね。

追記:とんちき録様のサイトで確認させていただきました。

ストレージはeMMCだがM.2増設ポートで NVMe SSDを搭載可能?

先ほどのスペック一覧の中で、CHUWI MiniBookのみ、ストレージがeMMCでしたが、M.2増設ポートにPCIe接続のSSDを載せることができるそうです。

「ssd m.2 2242 pcie nvme amazon」で検索したところ下記の商品が1つ見つかりました。

価格は2万円ちょいというところですので、CHUWI MiniBookをSATAの限界越えPCIe接続SSDに換装するには本体価格からさらに2万円ほどの出費が必要になりそうです。もう少し安い製品があるのかもしれませんが、タイプ2242ではこちらの商品しか見つけることはできませんでした。

気になる価格は「最も競争力のある価格を持つ」?

そしてOne Mix 3とGPD P2 MAX両陣営の価格が発表されたあとに、CHIUWI公式ツイートで、Core m3-8100Y搭載の8インチ強のUMPの中では「最も競争力のある価格を持つ」とツイートしました。

以下のツイートでは、価格は550ドル以下(約60,539円)となっていますから、先ほどのPCIe接続SSDを購入したら80,000円ほどの出費になる計算ですね。ですから、CHUWI MiniBookはeMMCドライブを利用することによってのみ、価格での優位性が発揮されることになりますね。

https://twitter.com/chuwidotcom/status/1129306753240186880

ちなみにGPD P2 MAXが705ドル(約77,596円)ですから、純粋にPCIe接続SSDを利用したい方にとっては、GPD P2 MAXの方がお安くなるかもしれません。

ところで現在、 CHUWI MiniBook(公式)ページでメールアドレスを登録すると、特典として最大25%オフとなるキャンペーンを行っています。「最大」という言葉が気になりますが、25%も引いてくれるならうれしいですね。僕も登録しておきました。

https://twitter.com/chuwidotcom/status/1128955642511646720

キーボードはタイピングしやすそう

キーボードは「Caps Lock」を「Fn」キーに割り当てていますね。いい感じです。もちろん、「右Shift」キーが存在しています。ただ、「Del」キーが小さいのが気になります。106英語キーボード配列ではやはりこれが限界なのでしょうかね。

右上の丸い部分は指紋認証センサーでしょうか。また、キーボード中央、スペースキーの上にある部分がポインティングディバイスのようですね。この辺りはとほぼOne Mixシリーズと同じです。

カラーバリエーションは?シルバー・ブラック・ピンク?

公式サイトでは、シルバー・ブラック・ピンクと、3種類のカラーバリエーションが確認できました。

ブラックはOne Mix 3sやOneMix 2sのPlatinum Editionカラーと似ていますね。シルバーメタリックといったところでしょうか。

カラーはシルバー・ブラック・ピンク?

ピンクも意外ときれいな印象で、iPhoneのピンクを連想させます。カラーバリエーションによって、特別バージョンとして価格が変わったりするかもしれませんね。

追記:「Chuwi Tablet」がツイートしています。エントリーモデルとデラックスモデルに分かれるそうで、エントリーモデルはGemini Lake N4100+8GBで、デラックスモデルはCore m3-8100Yとなるそうです。また、SSDに関してもエントリーモデルはSATA接続、デラックスモデルはPCIe接続となるようです。「エントリーモデル」と「デラックスモデル」でどのくらいの価格差があるのか気になるところではあります。

CHUWI MiniBookは魅力的ではあるが

画像を見る限り、スリムに見える「CHUWI MiniBook」ですが、公式発表があるまで何とも言えないですね。デザインは素敵です。液晶サイズが8インチちょうどということとベゼルも広くないので、サイズはそれほど大きくならないのではないかと予想されます。サイズと質量が正式に発表されれば、One Mix 3sと迷うかな?うーん、いや今のところは迷わないですかね(笑)。今のところは自分的にはOne Mix 3s の勝ち!ですね。

追記:実は現時点では、スタイラスペンに対応しないようですね。

falcon PCも2が発表されたようですね。次のOne Mix 3のライバル、falcon PCについてもまた後日記事にしたいと思います!

そういえばこの8インチの液晶のUMPブームの先駆けは、Falcon PCから始まったんですよね。

今後、7インチUMPの未来はどうなるのでしょう。。。

「小さいが正義」の僕としては寂しいですが、8インチUMPを1つは所有したいです。

GPD Pocket初代に出会う前はLet’s Note J-10を使っていたんですが、それから比べるといい時代になったなーって思います!

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる