dカードGoldをiPhoneのApple Payに登録して「iD」でスマホでスピーディ決済! 「d払い」との違い・メリット・デメリットをまとめてみた

スポンサーリンク

iPhone 7に機種変更して1ヶ月ほどが経ちました。「小さいが正義」の自分がiPhone SEからiPhone 7に機種変更したのはFelicaを利用したApple Payにdカードを追加して、財布を出さずに「iD」をiPhoneだけで利用したかったためです。

いまさらながらiPhone SEからiPhone 7に機種変更してみた シンプルに簡単にiPhoneの機種変更でデータ移行をする方法 最新のiOSでなくても大丈夫!
先日、訳あってお気に入りのiPhone SEから7に機種変更しました。小さいが正義の自分なんですが、どうしても7以上にする必要があったのと、dカードの優待クーポン20,000円がありましたので思わす機種変更しました。...

今回は、iPhoneだけで「iD」で決済するメリットとデメリットについて考えてみました。

スポンサーリンク

メリット 財布を出さずにiPhoneだけで「iD」での決済ができる点

これ、ほんとに便利です。「iD」とはクレジットカード(dカードGOLD )と紐付けされた電子マネーです。

キャッシュレスで決済ができる電子マネー「iD」。まだご利用になっていない方にはぜひおすすめしたいです。

iPhoneだけで「iD」決済が完了

その「iD」をiPhoneのApple Payに登録すると、財布の中身を探して小銭をジャラジャラさせる必要はありません。

iPhoneで「iD」をApple Payに登録する方法についてはこちらをご覧ください。

ドコモオンラインショップでiPhoneを購入・機種変更後にドコモ関係で再設定が必要なメール・Wi-Fi・dカードアプリ・d払いアプリの再設定方法 iPhoneで「iD」も利用できるようになった!
先日、長年利用していたiPhone SEからiPhone 7に機種変更しました。データのバックアップ・復元は簡単にできたのですが、ドコモ関係はメール・Wi-Fi・dカードアプリ・d払いアプリ等、再設定することがたくさんあり...

メリットはなんといっても財布を出さずにコンビニや飲食店、ショッピングによる店舗での決済を、iPhoneのApple Payに登録したdカードGOLDに紐付けされた「iD」だけで完了できる点です。

iPhoneをかざすと自動的に「Wallet」の「iD」が起動する

Felicaを店舗のリーダーにかざすだけのスピーディ決済

Apple Payによる「iD」決済の最大のメリットはスピーディさにあります。

コンビニや店舗で、支払いの際に「iDで」って店員さんに伝えてiPhoneの背面カメラの横にあるFelicaをかざして指紋認証をするだけでスピーディに決済が完了します。

iPhone 「Felica」読み取り部分

実際に体験されたら分かると思いますが、レジが混雑している状況で、小銭を探してマゴマゴしている方を拝見するとイライラします(基本温和なのですがイラチなので)。

そんなときにレジに並んでいる方が電子マネーで決済されるとホッとしますよね。電車の時間が迫っているときにはなおさらです。

デメリット dカード特約店ではdポイント取得のためにひと手間がかかる

iPhoneでスピーディ決済、Apple Payの「iD」ですが、デメリットもあります。

dカード特約店での決済時です。

Apple Payでの「iD」決済ではdポイントが付かない

便利なApple Payの「iD」ですが、dカード特約店では「dポイントカード」を提示しないとdポイントが付きません。

モバイルdポイントカード

ですからdカード特約店(LAWSONなど)では、スマホで「モバイルdポイントカード」を提示してから、改めて「iD」での支払いという、ひと手間がかかり、スピーディではありません。

dカード特約店では「d払い」の方がお得に

せっかくのiPhoneの「iD」によるスピーディな決済も、dポイントを付けようと思ったら「モバイルdポイントカード」を提示してから「iD」で決済と、ひと手間かかってしまいスピーディではなくなります。

このように、dカード特約店ではひと手間かかりますので、「d払い」アプリの方がお得になります。

今流行りのスマホ決済 dカード利用の方にオススメ 「d払い」のメリットと「d払い」アプリで支払い方法をdカードに設定する方法
  1.  

ただ、「d払い」も事前に「dポイントカード」を提示して、バーコードを読み取ってもらう手順が必要ですので、同じ手間になり、スピーディではなくなりますが。

バーコード決済「d払い」ではポイントがお得に

「d払い」ではポイント還元がdカードの1%以外に「d払い」アプリにつく0.5%のポイントと、合わせて1.5%のポイントが付きますのでお得です。

その上、dカード特約店のポイント(店舗によって異なります)がdポイントとしてさらに付与されます。

「d払い」アプリのメニューにある「dポイントカード」

スピーディではありませんが、dカード特約店でポイントをよりたくさん貯めるには、「d払い」がお得になります。

財布に入れてdカード GOLDの「iD」での支払いにするのもスピーディ決済

財布にdカード GOLDを入れて、お店のリーダーにかざすと「dポイント」は自動的に付きます。

財布を出す手間がありますが、それはそれでスピーディではあります。

コンビニや飲食店で財布に入れたまま「タントン♪」dカードGoldと電子マネーiDはとっても便利でお得!dカードGoldに入会してドコモ以外からもお小遣いももらえる方法!
コンビニや飲食店での支払い、現金ですか?レジが混雑しているときなど、小銭を探して支払っている方多いですよね。僕は気の長い方ですが、時間がなくて焦っているときはさすがにイライラしてしまいます。電子マネーは普及しているようですが、まだまだ僕の...
交通系ICカード(ICOCA・PiTaPa・Suica)3枚収納 おすすめ超コンパクト二つ折り財布 ミラグロ(Milagro)
交通系ICカード3枚収納可! おすすめ超コンパクト二つ折り財布以前、紹介しました交通系ICカード収納財布の続報です。もちろん、交通系以外のICカード(iD・nanaco等)も利用可能です。実は上記の財布は2種類購入して、サブの財...

ただ、「d払い」による0.5%のポイントはつかないので、悩ましいところではありますが。

結局どの支払いが一番いいのか

以上のことをまとめますと、dカード特約店以外ではiPhoneのApple Payによる「iD」支払い一択、dカード特約店であれは「d払い」という風に使い分けをする必要があります。

ただ、「d払い」でも先に「dポイントカード」をお店でスキャンしてもらわないと、特約店での「dポイント」が別途に付きません。iPhoneによるiD決済と手順は変わらないですが、ポイントの還元率が変わってきます。

店舗によって使い分けが必要に

dカード特約店では「d払い」で、特約店でなければiPhoneによる「iD」支払いで、と使い分ける必要があります。

dカード特約店では「d払い」でポイントを貯めて、それ以外では「iD」でスピーディ決済

dカード特約店でなければ電子マネーによる決済(iD)でスピーディに、特約店ではバーコードによる決済(d払い)でお得にポイントを貯めることができます。

ポイントカードの提示がめんどくさい方はdカード特約店でもiPhoneの「iD」で支払いを(ただポイントはdカードの1%だけになりますが)、ポイントをできるだけためたい方はdカード特約店では「d払い」と選択する必要があります。

自分はdカード特約店では「モバイルdポイントカード」の提示と「d払い」で決済、dカード特約店ではない店舗ではiPhoneの「iD」によるスピーディ決済と使い分けています。

ほんとはどのような決済であっても、dカードに紐付けされた「iD」だけでdポイントがつくようになればいいのですが。

銀行口座やクレジットがなくてもチャージだけで利用可! PayPayをダウンロード&設定&利用してみた ドコモユーザー(dカードGOLD所有)にもメリットあり!
今、流行りのバーコード決済、なんたらPay。自分は、ドコモユーザーで、dカードGOLDを所有しているので、速攻「d払い」に決めました。d払いでは、タバコの料金も0.5%還元されるので重宝していますが、2つ問題がありました。...

ちなみに自分は、「iD」も「d払い」も利用できない店舗では、「PayPay」を利用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました