LINE Payしかバーコード決済には対応していない店舗を発見! 登録してみて分かったLINE Payのメリットとデメリット

スポンサーリンク

2019年10月になって、消費税が8%から10%になりました。

軽減税率で8%のままの商品もありますが、キャッシュレス決済では軽減税率に関わらず2%か5%のポイントが2020年6月30日まで付きます。

いつも行くコンビニのお姉さんも、「ニュース見てもわからーん」とおっしゃってるくらいですからなかなか浸透していないみたいですね。

今回は、キャッシュレス決済の1つであるクレジット払い以外の方法で、バーコード決済の中では唯一「LINE Pay」に対応している店舗を見つけましたので、早速登録してみました。

スポンサーリンク

LINE Payの登録方法

普段LINEをご利用の方は「LINE Pay」の登録は非常に簡単です。アプリのダウンロードも必要ありません。

LINEを起動してウォレットをタップします。

ウォレットをタップ

画面上部の「LINE Payをはじめる」をタップします。

LINE Payをはじめる

「はじめる」をタップします。ほんとに30秒で申込みが完了します。

LINE Payをはじめる

新規登録の画面になりますので、「すべてに同意」をタップし、その後、「新規登録」をタップします。

すべてに同意して新規登録

「Payパスワードを設定せずに機種変更すると、Payアカウントが利用できなくなります。ここをタップして、パスワードを設定してください。」のメッセージが表示されますのでタップします。

パスワードを設定

6桁のパスワードに限定されるようですね。パスワード入力後、確認のためもう一度パスワードを入力する必要があります。

パスワードは6桁

「Touch IDを使用しますか?」の画面が出ますので「はい」をタップします。

Touch IDを使用しますか?

以上で「LINE Pay」の設定は完了です。

「LINE Pay」の設定が完了

LINE Payのチャージ方法は

LINE Payへのチャージ方法はおもに5つあります。

  • 銀行口座を登録
  • セブン銀行ATM
  • ファミリーマートのファミポート
  • LINE Payカードによるローソンなどでチャージ
  • QRコードによる一部店舗でのチャージ
「LINE Pay」のチャージ方法

銀行口座を登録すると現金が必要ないのですが、それ以外のチャージ方法は以外と限定的で不便です。

実際に使われているチャージ方法は銀行口座を登録するかセブン銀行ATMでのチャージの2択になるのではないでしょうか。

セブン銀行ATMでのチャージ

LINE Payのメリットは利用額によって還元率がアップする「マイカラー」方式

LINE Payでのポイント還元率は「マイカラー」によって変動します。

カラーは、ホワイト(0.5%)・レッド(0.8%)・ブルー(1.0%)・グリーン(2.0%)となっています。

グリーンになれば2.0%の還元率になりますから結構お得ですね。

LINE Payの「マイカラー」

初期段階のホワイトでは還元率は0.5%ですから「d払い」や「PayPay(Yahoo! Japanカードを利用しない場合)」と同じ還元率です。

「マイカラー」の変更基準ですが、毎月の利用額によって変わっていきます。月間の利用額が10,000円でレッドに、50,000円でブルーに、100,000円を超えるとグリーンになります。

キャッシュレス決済をLINE Payだけにするとグリーン(還元率2.0%)への到達には1カ月もあれば可能ですね。

「マイカラー」によって還元率が変わる

同じバーコード決済である「PayPay」はクレジットカードの本人認証をしても、青いバッヂがつくまでは月額上限50,000円ですから、その点では「LINE Pay」の方が使い勝手はいいですね。

銀行口座やクレジットがなくてもチャージだけで利用可! PayPayをダウンロード&設定&利用してみた ドコモユーザー(dカードGOLD所有)にもメリットあり!
今、流行りのバーコード決済、なんたらPay。自分は、ドコモユーザーで、dカードGOLDを所有しているので、速攻「d払い」に決めました。d払いでは、タバコの料金も0.5%還元されるので重宝していますが、2つ問題がありました。...

デメリット LINE Payのチャージ方法にクレジットカードがない

これが一番のデメリットですね。

先の「マイカラー」によるポイントの還元率で最大2.0%までになります。

そこにクレジットカードの還元率が付与されればかなりの率になりますが、残念ながらLINE Payにはクレジットカードによるチャージ方法がありませんのでLINE Pay独自のポイント還元のみとなります。

LINE Payはクレジットカードによるチャージに対応していない

「d払い」でdカードGoldを支払い方法に選択すると合わせて1.5%+ローソンなどのdカード特約店でのポイントを考えると、LINE Payの2.0%の還元率もそれほどメリットとはならなくなります。

今流行りのスマホ決済 dカード利用の方にオススメ 「d払い」のメリットと「d払い」アプリで支払い方法をdカードに設定する方法
  1.  

チャージ方法にクレジットカードが加われば非常に魅力的なのですが。

LINE ポイントをLINE Payの残高に交換できる

ただLINEではいろいろな方法で「LINE ポイント」が貯まります。

普段自分はメッセージや通話にしかLINEを使わないのですが、公式アカウントの友達追加や動画視聴等で結構「LINE ポイント」が貯まっている方も多いのではないでしょうか。

「LINE ポイント」が貯まっている方にとって「LINE Pay」は非常に魅力的な決済方法になります。

「LINE ポイント」は「LINE Pay」の残高に交換することが可能です。「LINE ポイント」を「LINE Pay」の残高にするのことができる点は非常に魅力的ですね。

「LINE ポイント」を「LINE Pay」の残高に交換できる

「LINE Pay」では今、さまざまなキャンペーンを実施しています。自分はdカードGoldでの決済をしていますので「LINE Pay」でdカードGoldが登録できないのは残念ですが、銀行口座の登録で気軽に利用できる「LINE Pay」、非常に魅力的なキャッシュレス支払いの1つですね。

クーポンプレゼント
財布を持たずに出かけよう! スマホ1つで何でも会計 キャッシュレス生活のすすめ 2019年10月の増税後はキャッシュレス決済に限り5%か2%のポイントが還元される!
みなさん、現金派ですか?現金での支払いは会計のときに時間がかかりますよね。2019年10月から消費税が10%になりますから、1円硬貨や5円硬貨を利用する機会はほぼ無くなりますが、それでも財布の中を探して小銭をジャラジャラ探すのは大変です。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました