まもなくWindows 7のサポートが切れる パソコン買い換える?それともこの機会にSSD化とWindows 10に無料アップデートはいかが?

スポンサーリンク

長らく利用されてきたWindows 7も、いよいよ2020年1月14日に延長サポートが終了します。

それ以降は、マイクロソフトからのセキュリティ更新プログラムが提供されなくなります。

セキュリティ更新プログラムが提供されなくなると、新たにOSの脆弱性が見つかった場合に、その脆弱性を狙った外部からの攻撃を防ぐことができなくなります。

スポンサーリンク

Windows 10 搭載のPCに買い替える?

Windows 10 搭載パソコンも今やお安い値段で販売されています。

ただ、新しいパソコンを購入すると個人データやアプリの引継ぎが大変です。下手をすると休日丸一日かかる場合もあります。

新しいパソコンを購入してデータの引継ぎを簡単にするには「EaseUS Todo PCTrans」が非常に便利です。

初心者でも安心!新しくパソコンを購入した際のデータ・アプリ・プロファイルの引継ぎを簡単に! EaseUS Todo PCTrans
新しいパソコンを購入したとき、わくわくする気持ちと同時に、わずらわしいと感じるのは、膨大な時間がかかるデータやアプリ、プロファイルの再設定ですよね。新しいパソコンは動作も快適で、うれしくなるものなのですが、引継ぎ設定に多くの時間が...

実は2019年現在でもWindows 7からWindows 10への無償アップグレードが可能

Windows 10の無償アップグレードは2016年に公式に終了していますが、実際には2019年現在でも、正規のライセンスでWindows 7をご利用中であればWindows 10にアップグレードをすることができます。

無償アップグレード期間にWindows 10に一度もアップグレードしていないパソコンでもWindows 7からWindows 10にアップグレードすることが可能です。

以下、方法をご説明しますが、Windows 7からWindows 10にアップグレードをされる場合は自己責任でお願いします。

HDDを利用している方はこの機会にSSDに換装をしてからWindows 10にアップグレード

もし、Windows 7からWindows 10へのアップグレードをお考えの方で、ハードディスクを利用されている方はこの機会にSSDへの換装をしてからアップグレードをすることをおすすめします。

超簡単!初心者でもできる ハードディスクからSSDに換装 画像付き 
SSD(ソリッドステートドライブ)に換装する方法昨日の続きです。ハードディスクからSSDに換装する方法です。事前にSSD本体の購入と、繋ぐケーブルの購入とソフトのインストールが必要です。SSD本体はこちらをどうそ。SAT...

そうすることで、パソコンの動作もまるで新品のパソコンのように軽快に利用することができます。

一度SSDの速度になれてしまうと、二度とハードディスクのパソコンには戻れなくなりますよ。

Windows 10にアップグレードをする前にぜひおすすめします。

アップグレードの前にディスクイメージのバックアップ

また、万が一のためにアップグレードの前にはディスクイメージのバックアップをおすすめします。

Windows10をクリーンインストールする前にちょっと待った! クリーンインストールする際に絶対しておきたいディスクイメージのバックアップ
先日、日々のドキュメントやミュージック、ビデオなどのファイルの自動バックアップの方法をご紹介しました。今回は、Windows10などのクリーンインストール(不安定な状態のOSをまっさらな状態にする)する際に、万が一バックア...

ディスクイメージのバックアップをすることで万が一、Windows 10へのアップグレードに失敗しても元の状態に戻すことができます。

また、必要なファイルが消えてしまった場合でも個別にファイルを探し出して復元することができるので安心です。

いよいよWindows 10にアップグレード

それではいよいよWindows 10にアップグレードする方法のご紹介です。

下記のリンクをクリックしてください(新しいタブが開きます)。

Windows 10 のダウンロード

「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

「ツールを今すぐダウンロード」

ブラウザの左下にダウンロードファイルが表示されますので(下図はChromeの場合)、クリックします。

MediaCreatinToolをダウンロード

「準備ができるまで少しお待ちください」の画面が表示されます。

「準備ができるまで少しお待ちください」

「適用される通知とライセンス条項」が表示されますので、「同意する」をクリックします。

「適用される通知とライセンス条項」に「同意する」

この後再び「準備ができるまでしばらくお待ちください」の画面になり、しばらくすると「実行する操作を選んでください」の画面になりますので、「この PC を今すぐアップグレードする」を選択して「次へ」をクリックします。

「この PC を今すぐアップグレードする」

すると「Windows 10 をダウンロードしています」の画面になりますのでしばらく待ちます。PCの操作は可能ですが、しばらく何もしないで待った方がいいです。

「Windows 10 をダウンロードしています」

Windows 10ダウンロード後、「ダウンロードを検証しています」の画面になります。ここも時間が少しかかります。

「ダウンロードを検証しています」

インストールしているアプリによって、Windows 10と互換性のないアプリをアンインストールするよう画面が表示される場合がありますが、「確認」ボタンを押すことで次に進むことができます。

そしてようやく「インストールする準備ができました」の画面になりますので「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」を選択して「インストール」をクリックします。

「インストールする準備ができました」

しばらくWindowsが再起動したりと時間はかかりますが、以上でWindows 7からWindows 10へのアップグレードは完了です。

その後、クリーンインストールをして、きれいな状態のWindows 10にしたり、32ビットから64ビット版Windows 10にすることも可能です。

超簡単! Windows10 (Pro・Home対応)を32bitから64bitにUSBを用いて無料でクリーンインストールする方法
Windows7の頃はまだ32bitが全盛期でした。ですからWindows10無料アップグレードの際に、32bit版Windows7をアップグレードされた方も多いと思います。32bitからのアップグレードは自動的にWindows10も32...
OFFICE2019から64ビット版のインストールがデフォルトに!365も同様 マクロの挙動に注意が必要 明示的に32ビット版をインストールする方法も紹介
先日、何気なくマクロを利用したエクセルファイルを開くと、コンパイルエラーが。コンパイルエラー 「このプロジェクトのコードは、64 ビット システムで使用するために更新する必要があります。Declare ステートメントの確認...

その場合もディスクイメージのバックアップをされてからのクリーンインストールをおすすめします。

Windows10をクリーンインストールする前にちょっと待った! クリーンインストールする際に絶対しておきたいディスクイメージのバックアップ
先日、日々のドキュメントやミュージック、ビデオなどのファイルの自動バックアップの方法をご紹介しました。今回は、Windows10などのクリーンインストール(不安定な状態のOSをまっさらな状態にする)する際に、万が一バックア...
スポンサーリンク
Office・Windows
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました