噂のブラックボディUMPC「MAG1」がgeekbuyingでプレオーダー開始! 8.9インチ液晶搭載でもGPD P2 MAXよりもコンパクト!

以前ご紹介したMagic-Ben社の「MAG1」がgeekbuyingでのプレオーダーを開始しました。

https://long-valley-river.com/9501

目次

geekbuyingでは$699.99と$793.99でプレオーダー開始

ついにgeekbuyingでMagic-Ben社の「MAG1」のプレオーダーが開始されました。

geekbuyingで「MAG1」がプレオーダー開始!

価格はメモリ8GB・ストレージ256GBモデルが$699.99、メモリ16GB・ストレージ512GBモデルが$793.99となっています。

https://affiliate.geekbuying.com/gkbaffiliate.php?id=1338&url=213463

https://affiliate.geekbuying.com/gkbaffiliate.php?id=1338&url=213464

質量690g 「MAG1」

GPD P2 MAXの最大のライバル Magic-Ben社「MAG1」

MAG1のスペックは、同じく8.9インチ液晶搭載のGPD P2 MAXとほぼ同じです。というか基本スペックのCPUやメモリ、ストレージ構成は全く同じです。

スペックMAG1GPD P2 Max
CPUCore m3 8100YCore m3 8100Y/Celeron 3965Y
液晶サイズ8.9インチ8.9インチ
液晶解像度2560 x 16002560 x 1600
メモリー8GB/16GB8GB/16GB
ストレージPCIe SSD 256/512GBPCIe SSD 256/512GB
質量690g680g
バッテリー容量8,600mAh9200mAh
本体サイズ207 x 146 x 17mm213 x 149.5 x 14.2mm

「MAG1」はメモリが8GB/16GB、ストレージにPCIe接続SSD 256GB/512GBと2モデルが販売されますが、GPD P2 MAXとは違い、いずれのモデルでもCPUはCore m3-8100Yとなっているのが魅力的ですね。

Magic-Ben社の「MAG1」の魅力とは

「MAG1」の魅力はその高スペックな構成もですが、8.9インチ液晶搭載でありながら非常にコンパクトな筐体に仕上げてきている点です。

後述する液晶占有比率、タッチしやすそうなキーボードと非の打ち所がないです。One Mix 3sを彷彿させるブラックボディのデザインも、自分にとっては非常に魅力的です。

高スペックでコンパクト

ただ一点、液晶360度回転タブレットモードに対応していない点が残念です。

MAG1のキーボードはOne Mix 3sと酷似している

下の画像は、Magic-Ben社からいただいた「MAG1」と「GPD P2 MAX」との比較画像です。

前回の記事のときは「MAG1」のコンパクトさに圧倒されたのですが、実は「MAG1」のキーボードが「One Mix 3s」のキーボードと酷似しているのです。

One Mix 3sのキーボード

キーボードにプリントされている刻印は違うのですが、キーボードの配列、各キーの大きさまで全く同じです。

「MAG1」と「One Mix 3s」のボディサイズの比較です。

MAG1One Mix 3s
本体サイズ207 x 146 x 17mm204 x 129 x 14.9mm

液晶サイズが「One Mix 3s」の8.4インチに対して「MAG1」は8.9インチと大型化しています。それでも、「MAG1」の筐体サイズは「One Mix 3s」と比べて幅と厚さで2、3mmほどの差しかありません。

液晶のベゼルの薄さもそうですが、液晶サイズを8.9インチとしながらもキーボードを含めて幅や筐体サイズをいかにコンパクトにしたのかがわかります。

液晶画面が86%を占めるという画面は、非常にベゼルの薄さを感じますね。

やはりこうしてみると、キーボードは自分が毎日使っている「One Mix 3s」と同じですね。見間違うくらいです。

酷評されている(失礼)、GPD P2 MAXのキーボードとの差は大きいですね。

https://long-valley-river.com/5652

CHUWI MiniBookの日本語キーボードもかなり厳しいですが。

https://long-valley-river.com/9576

ちなみに「MAG1」は同じ8.9インチ液晶搭載の「GPD P2 MAX」よりも3.5mmほど幅をコンパクトにしています。

クラウドファンディングを経ないで「MAG1」をgeekbuyingでプレオーダーするMagic-Ben社

GPD P2 MAXやCHUWI MiniBookがクラウドファンディングを通して支援金を募って開発・販売するのに対して、Magic-Ben社はいきなりgeekbuyingでのプレオーダーとなります。

https://long-valley-river.com/6487

https://long-valley-river.com/6231

https://long-valley-river.com/8739

ちなみに「MAG1」はMagic-Ben社のデビュー製品となっていますが、クラウドファンディングではなくいきなり製品を販売するあたり、信頼が持てますね。

かなりの資金力のある会社と見受けられます。One-Notebook社と非常に共通点が多いです。これ以上は突っ込まないようにしますが。

GPD P2 MAXの進化に失望された方に

いずれにせよ(個人的には)「MAG1」には「GPD P2 MAX」を超える魅力があります(GPDファンの方ごめんなさい)。

https://long-valley-river.com/5323

GPD P2 MAXの進化に失望されて購入を見送った方に「MAG1」は非常におすすめできる、魅力的なマシンとなっています。

ブラックボディとそのコンパクトな筐体が実に素晴らしい!

https://affiliate.geekbuying.com/gkbaffiliate.php?id=1338&url=213463

https://affiliate.geekbuying.com/gkbaffiliate.php?id=1338&url=213464

よかったらシェアしてね!

関連コンテンツ

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる