ついに2019年6月26日 GPD P2 MAXのクラウドファンディングがIndiegogoで開始!m3-8100Yモデルのアンバーブラックと Celeron 3965Yモデルのシルバーの2モデル

噂のGPD社次世代モデルのGPD P2 MAXがついに本日(2019年6月26日)、Indiegogoでクラウドファンディングが開始されました。

PCIe接続1TBのSSD搭載モデルの発表はありませんでした。

目次

CPUと筐体カラーの異なる2モデル

CPUと筐体カラーの異なる2モデルてクラウドファンディング開始です。

m3-8100搭載 アンバーブラック
Celeron 3965Y 搭載シルバーモデル

カラーモデル2種類で、搭載CPUやストレージ容量とメモリ容量が異なります。

アンバーブラックシルバーモデル
CPUCore m3-8100YCeleron 3965Y
ストレージPCIe接続SSD 512GBPCIe接続SSD 256GB
メモリ16GB8GB
液晶サイズ8.9インチ8.9インチ
液晶解像度2560 x 16002560 x 1600
筐体カラーアンバーブラックシルバー
サイズ213 x 149.5 x 5.5-14.2mm213 x 149.5 x 5.5-14.2mm
質量650g650g
バッテリー容量9200mAh9200mAh
価格705ドル529ドル

Celeron 3965Y搭載のシルバーモデルは、ストレージとメモリ容量も抑えつつ、m3-8100Yモデルに比べて176ドル安くなっています。

m3-8100YとCeleron 3965Yの違いは、こちらのサイトが参考になります。

https://www.cpubenchmark.net/compare/Intel-Celeron-3965Y-vs-Intel-m3-8100Y/3234vs3367

こうしてみると、コンパクトに収まっていますね。このケースは一般販売されるのでしょうか。

GPD P2 MAXとケース

GPD P2 MAXのキーボードについて

GPD P2 MAXのキーボードのレイアウトです。

キーボードには右シフトキーがない

やはりキーボードには右シフトキーがないですね。それと「Del」キーは「Fn」+「Backspace」キーになっています。こちらも不便に感じます。

https://long-valley-river.com/6147

日本市場向けにP2 Max日本語キーボードステッカーが付属するそうです。

P2 MAX キーボード文字ステッカー

Indiegogoのクラウドファンディングサイトを見ると、Japanese Keyboard Versionがありました。キーボードステッカーではないのでしょうか?

Japanese Keyboard Version

Thanks for your support ! You will get 1 × GPD P2 Max (8100Y + 16GB LPDDR3 + 512GB PCIe NVMe M.2 2280 SSD) . At the same time,we will give you a free Japanese keyboard sticker! It is $137 USD cheaper than the retail price. Free delivery. Shipped on Sep 2019.

https://www.indiegogo.com/projects/gpd-p2-max-the-world-s-smallest-ultrabook/payments/new#/checkout

やはりよく見ると、キーボードステッカーでした。

https://www.indiegogo.com/projects/gpd-p2-max-the-world-s-smallest-ultrabook#/

廉価版、GPD P2 MAXはシルバーの筐体で、Celeron 3965Yを搭載しています。Celeron 3965Yといえば、GPD Pocket 2 アンバーブラックや先日プレオーダーが開始されたOne Mix 1sと同じCPUとなります。

https://long-valley-river.com/6395

Celeron 3965Y搭載3機種のスペック比較

ちなみに3機種のスペックを比べてみました。GPD P2 MAXのみ、8.9インチ液晶搭載となります。

GPD P2 MAX シルバーGPD Pocket 2 アンバーブラックOne Mix 1s
CPUCeleron 3965Y Celeron 3965Y Celeron 3965Y
ストレージPCIe接続SSD256GBeMMC 128GBPCIe接続SSD128GB
メモリ8GB 4GB 8GB
液晶サイズ8.9インチ 7インチ 7インチ
液晶解像度2560 x 16001920 x 12001920 x 1200
筐体カラーシルバーブラックシルバー
サイズ213 x 149.5 x 14.2 mm 181 x 113 x 14 mm 182 x 110 x 17 mm
質量650g465g518g
バッテリー容量9200mAh6800mAh6500mAh
価格529ドル515.99ドル449.99ドル

GPD P2 MAXのみ液晶が8.9インチとなりますので、一概に比較はできませんが次世代機となりますので、スペックは他2機種よりも高めとなっています。価格に関しては、One Mix 1sの安さが際立ちます。また、GPD Pocket 2 アンバーブラックと比べると、スペックの高さもさらに際立ちますね。

GPD P2 MAXとOne Mix 1sとは、液晶サイズが違いますのでお好みに合わせてといったところでしょうか。

GPD P2 MAXとOne Mix 3sとCHUWI MiniBookの比較

GPD P2 MAX上位モデルm3-8100Y搭載のアンバーブラックと、最大のライバルOne Mix 3s、さらに先日クラウドファンディングが開始されたCHUWI MiniBookとのスペックの比較をしてみました。

https://long-valley-river.com/6231

スペックGPD P2 MAXOne Mix 3sMiniBook
CPUm3-8100Ym3-8100Ym3-8100Y
ストレージPCIe接続SSD512GBPCIe接続SSD512GBeMMC 128GB
(PCIe増設スロットあり)
メモリ16GB16GB8GB
液晶サイズ8.9インチ8.4インチ8インチ
液晶解像度2560 x 16002560 x 16001920 x 1200
筐体カラーブラックブラックガンメタリック
サイズ213×149.5×5.5-14.2mm204x129x14.9 mm201 x 128 x 19 mm
質量650g659g662g
バッテリー容量9200mAh8600mAh7000mAh
価格705ドル929.99ドル529ドル
(200台限定)

価格ではGPD P2 MAXのシルバーモデルは、MiniBookと同じ設定になりますが、アンバーブラックではやや高くなります。その代わり、MiniBookがSSDはPCIe増設スロットを利用しての増設に対して、GPD P2 MAXとOne Mix 3sは出荷時点でPCIe接続SSDとなっています。

価格に関していえば、One Mix 3sは高級路線を踏襲していますね。

質量とバッテリー容量はGPD P2 MAXの勝利です。液晶サイズが最大の8.9インチにもかかわらず質量は一番軽く、バッテリー容量も最大となっています。このあたりはさすがGPD社といったところでしょうか。

One Mix 3sのプレオーダー、CHUWI MiniBookクラウドファンディング開始の後で

今回、注目の8インチ強液晶搭載UMP(ウルトラモバイルPC)の中で、一番最後に発表される形になったGPD P2 MAXですが、やはりまだまだ日本での知名度は一番高いと思われます。

8インチ強ライバル各機の詳細スペックが出た後で、いよいよ本命のGPD P2 MAXの登場というところでしょうか。

https://long-valley-river.com/5652

高スペック・高価格のOne Mix 3s、CHUWI社初のUMP(ウルトラモバイルPC)MiniBookまたは中国製UMPの元祖GPD社の次世代マシンGPD P2 MAX。あなたはどの機種を選ぶでしょうか。僕は早々にOne Mix 3sを選びました。

https://long-valley-river.com/6090

よかったらシェアしてね!

関連コンテンツ

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる