次世代UMPC発表ラッシュ! GPD P2 MAXが6月26日10:00にindiegogoでクラウドファンディング開始!

GPD社の次世代UMPであるGPD Pocket 2 MAX改めて、GPD P2 MAXがいよいよ2019年6月末、indiegogoでクラウドファンディングが開始されます。

追記:2019年6月26日の午前10:00にクラウドファンディング開始予定だそうです。

https://liliputing.com/2019/06/gpd-p2-max-8-9-inch-laptop-crowdfunding-begins-june-26th.html

目次

CPU、ストレージ、メモリ容量の違う3モデルを投入

上位モデルから順に、CPUがm3-8100YでストレージがNVMe接続SSDなんと1TB!でメモリ16GBのモデル、同じくCPUがm3-8100YでストレージNVMe接続512GBSSDに16GBメモリのモデル、最後にCPUがCeleron 3965YにNVMe接続258GBSSDと8GBメモリの3種類を投入します。

価格は最上位モデルは発表されていませんが、それぞれ705ドル、529ドルとなっています。

Pocketの冠を外したGPD P2 MAX

なぜGPD社は、このP2 MAXをGPD Pocket 3と名付けなかったのでしょうか。筐体サイズもデザインも、GPD Pocket 2から大きく変化しています。

初期の段階では、GPD Pocket 2 MAXとネーミングしていたのですが、ポケットに入らなくなったためにPocketの冠を外したそうです。

そのタイミングで3にしてもよかったと思うのですが、MAXの名前を残すことを優先した、ということでしょうか。

Ultrabookの場合、私たちの定義は次のとおりです。画面は8.9インチ以上10インチ以下にすることはできません。また、重さは700gに制限されます。それを使用するための最良の経験は次のとおりです。両手でキーボードを叩くときに180 cmの高さを持つヨーロッパとアメリカからの成人男性は自由で拘束されていないと感じます、そして13才の女の子片手で簡単に持ち運び、ミニバックパックに簡単に入れることができます。これらの設計基準を満たすことができる場合にのみ、Ultrabookと呼ぶことができます。もちろん、キーボードは、さまざまな倒錯した反人間的なデザインではなく、標準の「QWERTY」レイアウトを採用する必要があります。それは軽くて、薄くて、速くてそして小さいという4つの利点を持つべきです。小さすぎると両手入力には適さず、大きすぎると面倒なノートパソコンになります。

GPD P2 Max: The world’s smallest Ultrabook

https://long-valley-river.com/5652

https://www.indiegogo.com/project/preview/d8689ad2#/

同じく次世代モデルのOne Mix 3sと比較すると

One-Netbook社からプレオーダーが始まっているOne Mix 3sとの主なスペックを比較しました。

スペックGPD P2 MAXOne Mix 3s
CPUCore m3-8100YCore m3-8100Y
ストレージPCIe接続SSD512GBPCIe接続SSD512GB
メモリ16GB16GB
液晶サイズ8.9インチ8.4インチ
液晶解像度2560 x 16002560 x 1600
サイズ213×149.5×5.5-14.2mm204129x14.9 mm
質量650g659g
バッテリー容量9200mAh8600mAh
価格(2019/6/15現在)705ドル929.99ドル

上記の他にGPD P2 MAXは、200万画素のWebカメラを内蔵しています。その他、One Mix 3s と共通の仕様としては指紋認証センサー、スタイラスペンに対応となっています。

価格はGPD P2 MAXの圧勝です。GPD P2 MAXの方が、225ドルほど安く購入できます。スペック的にはよく似た両機ですが、価格はP2 MAXが圧勝しています。

https://long-valley-river.com/5530

360度回転しないGPD P2 MAX

GPD社として初めてスタイラスペンに対応したものの、360度回転タブレットモード(YOGAモード)には対応していません。discordでも話題になっていましたが、自分もこの点は残念です。

360度回転タブレットモードにしないと、スタイラスペンの使い勝手はあまりよくないと思うのですが。

気になるキーボードはやはり右シフトキーがない

やはり、右シフトキーはありませんでした。右シフトキーがないと入力に困ることが多いと思うのですが、残念です。

https://long-valley-river.com/5646

一方、日本市場向けにP2 Max日本語キーボード文字ステッカーセットが提供されるそうです。GPD Pocket 2にもありましたね。

https://long-valley-river.com/4689

P2 MAX キーボード文字ステッカー

GPD Pocket 2から筐体サイズは大きくなったが

GPD Pocket 2からの筐体サイズはかなり大きくなっているのですが、実際には液晶サイズ9インチ以下ですから、普通のコンパクトノートパソコンに比べるとやはりさらにコンパクトになっていますね。下の画像ではかなりコンパクトに見えます。

こうして見るとコンパクトに見える

もともと7インチ、超ウルトラモバイルパソコンのGPD Pocket初代や2、One Mix 2sのインパクトが大きすぎましたが、液晶サイズ8インチ台でも十分コンパクトなんですよね。

iPad mini 4との比較

iPad miniとほぼ同じサイズで、キーボードがついているのですから魅力的な製品であることは間違いないです。

価格に魅力を感じられたら、購入するに値しますね。

https://long-valley-river.com/1704

次は、CHUWI MiniBookの正式発表ですね。この記事を投稿するときには、あと3日の表示になっていることでしょう。こちらも楽しみです。

https://long-valley-river.com/5574

https://promotion.chuwi.com/chuwi-minibook-19/

https://long-valley-river.com/5806

よかったらシェアしてね!

関連コンテンツ

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる