OneMix1sのブルーがAmazonで予約開始されている! その名もOneMix 1S+ ブルー! Core m3-8100Yを搭載!

本日、Amazonを閲覧していたら、関連商品にブルーのOne Mixらしき製品が。

もしかしてOneGX1?と一瞬思ったのですが、製品名を見てびっくりしました。

その名も「OneMix 1S+(プラス) ブルー」です。

「OneMix 1S+(プラス) ブルー」

One-Netbok社の担当者様に確認したところ、新製品だそうです!

目次

One Mix 1s ブルーのスペックは

One-Netbook社、One Mix 1sは、CPUにCeleron 3965Yを搭載しつつ、NVMe(PCIe)接続SSDを搭載したコストパフォーマンスに優れたモデルです。

ところが今回Amazonで販売されている、One Mix 1s+ ブルーは、CPUにCore m3-8100Yを搭載し、NVMe(PCIe)接続SSDを256GB、メインメモリは8GBとOne Mix 2sと同等とスペックとなっています。

スペックから、実際はOne Mix 2sのカラーバリエーションといった位置づけとなりますね。

なぜOne Mix 1s +(プラス)?

スペック的に見てもOne Mix 2sのカラーバリエーションのように思いますが、今回ネーミングはOne Mix 1s +(プラス)となっています。

One Mix 2sのカラーバリエーションは、現在のところレッド・ピンクモデルが販売中です。

今回もOne Mix 2s 「スカイブルー」モデルとネーミングすれば、ランバラル風(というよりもマ・クベのギャンカラー?)でガンオタであればイメージしそうなんですが(自分)。

いずれにせよ、カラーバリエーションが増えるのは購入する側からは選択肢が広がり、嬉しい限りですよね。

個人的にはOne Mix 2s、ミッション:インポッシブル/フォールアウト(ブラック)限定モデルの復活を一番期待しているのですが。

期待のOneGX1Tiger Lake待ち?

One-Netbook 社といえば、話題のOneGX1の正式発表が遅れています。

OneGX1に搭載予定のTiger Lakeの出荷が遅れていることが原因のようです。

あくまで噂ですが、OneGXはまずComet Lake搭載でビジネスでも利用できるUMPCとして販売される可能性もあるようです。

ただ、時期は遅れてもいいので最高のゲーミングUMPCとしてOneGX1が発表されることに期待したいですね。

OneGX1を待ち望んでいるOne-Netbook社ファンの総意ではないでしょうか。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる