GPD P2 MAXのクラウドファンディングも頑張っている? クラウドファンディング開始から今現在までのGPD P2 MAX

スポンサーリンク

すっかりCHUWI MiniBookのクラウドファンディングに押されている格好のGPD P2 MAXですが、クラウドファンディング開始後、少しの特典がついてきています。

ついに2019年6月26日 GPD P2 MAXのクラウドファンディングがIndiegogoで開始!m3-8100Yモデルのアンバーブラックと Celeron 3965Yモデルのシルバーの2モデル
噂のGPD社次世代モデルのGPD P2 MAXがついに本日(2019年6月26日)、Indiegogoでクラウドファンディングが開始されました。PCIe接続1TBのSSD搭載モデルの発表はありませんでした。CP...
スポンサーリンク

CHUWI MiniBookクラウドファンディング開始から1週間後にP2 MAXのクラウドファンディングが開始

CHUWI MiniBookがクラウドファンディングを開始してから1週間後に、GPD P2 MAXのクラウドファンディングが開始されました。この1週間は結構ダメージがあったのではないでしょうか。

GHUWI MiniBookが現在(2019年7月5日)、目標額に対して1700%超え(リロードするたびに今も増えてます)という状況に対して、GPD P2 MAXは493%となっています。

目標額が違うこともありますが、CHUWI MiniBookに完全にシェアを奪われている状態です。

目標額の493%

まだクラウドファンディングは1カ月以上残っていますが、初代は1520%オーバー、2は700%?といった結果だったそうですが(調べましたが詳細は分かりませんでした)、8インチ強液晶搭載UMPのライバルが増えてきた状況の中、クラウドファンディングで目標額の500%近くまで届いていますので一応の成功を収めている形です。

売れ筋モデルはアンバーブラック?シルバーモデル?

2019年7月5日現在の状況をみると、やはりCore m3-8100Y搭載のアンバーブラックモデルが人気のようです。

アンバーブラック 417/500
シルバーモデル 20/300

8100-Y搭載アンバーブラックが417/500で、3965Y搭載のシルバーモデルが20/300と圧倒的に人気はアンバーブラックのようです。

こちらはCHUWI MiniBookと同様、やはり廉価版よりもCore m3-8100Yモデルの方が人気があるようです。

クラウドファンディング中に2つのアップデート

ところで、クラウドファンディング中に2つのアップデートがありました。

キーボードステッカーを蛍光フィルムに?

以下のフィルムのように、日本のキーボードステッカーを蛍光キーボードフィルムに変更することを検討しています。
このページのトピック領域では、日本の友人からのどんな提案がフィードバックになる可能性があります。

https://www.indiegogo.com/projects/gpd-p2-max-the-world-s-smallest-ultrabook#/updates/all

日本語以外に中国語?ロシア語?のステッカーもあるようですね。

USBポートLEDライトがもれなくついてくる

出資者全員に、下記のUSBポートLEDライトがもれなく付属するようです。

調べてみると、価格は約1ドルだそうです。。。

正直、感想は何もありません。。。

PCIe接続1TBのSSD搭載モデルは発表されないのか?

当初ツイッターでは、1TBのモデルの存在もほのめかしていましたが、現在のところまだ発表されていません。

もしかすると、アンバーブラックが500台に到達すると何らかの発表があるのかもしれません。

PCIe接続1TBのSSD搭載モデルの発表は?

8インチウルトラモバイルPCではもうシェアを奪い返すことは難しいかも

7インチ液晶搭載UMPでは、GPD Pocket 2とOne Mix 2sとの一騎打ちでした。それでも、日本での知名度は、テックワン社が日本の正規代理店に決まるまではGPD Pocket 2の方があったように思います。

今でも、当サイトを訪問していただく割合はGPD Pocket 2の方が多いです。ただ8インチUMPになるとTopJoy社のFalconも含めて4機種の中では劣勢であることも否めません。

8インチ強液晶搭載UMP One Mix 3(s) vs GPD P2 MAX vs CHUWI MiniBook vs Falcon 2 現在までのまとめ
7インチ液晶搭載UMP(ウルトラモバイルPC)を3台持っている自分ですが、時代は液晶サイズ8インチ超えの次世代モデルへとシフトしています。8インチ強液晶搭載モデルを1台は所有したいと思っています。そこで今回は、液晶サイズ8インチ強...

こちらの記事は、当サイトでも人気の記事です。

GPD Pocket 2(P2) MAXの実機が発表された!が、MAXの名にふさわしく本当に大きく見える GPD 社のUMP(ウルトラモバイルPC)は今後どうなっていくのだろうか
GPD Pocket社の次世代UMP(ウルトラモバイルPC)、GPD Pocket 2 MAXの実機が日本で発表されました。GPD Pocket 2やOne Mix 2sの7インチサイズに慣れているからなのか、非常に大きく感じます。...

GPD社はWIN MAX・MicroPCと独自路線のUMP(ウルトラモバイルPC)の存在が鍵?

GPD社は、8インチ液晶UMPではシェアを落としそうですが、独自路線のMicroPCとゲーム機のWIN MAXの存在があります。

MicroPCは好調なようです。

デントオンラインショップで新元号「令和」記念キャンペーン実施中! GPD MicroPCの予約も開始! 小さいが正義の自分は購入するか迷い中。。。
2019年4月1日、平成に変わる新しい元号、「令和」が発表されました。2019年4月1日の当サイトのPV数はここ最近にないくらい減少しました。まあ、みなさん新元号「令和」を検索しているんでしょうね、っと自分に納得させています。昨日の...

GPD WIN MAXはまだ情報のみ先行しているようですが、2020年初頭に登場では?とのことですからまだ先になりますね。そのころにはOne-Netbook社のゲーム機PC、OneGXの方の情報も出ているのではないでしょうか。

GPD社も、One Mix 1sのように筐体はGPD Pocket 2でPCIe接続SSD搭載のモデルを出せば売れると思うのですが、もともとSSDの搭載は、設計上難しいのかも知れませんね。。。

One Mix 1s! 7インチ液晶搭載One Mix 2s最大のライバルは実にコストパフォーマンスに優れた非常に魅力的な製品だった!
液晶サイズ8インチ強の次世代UMP(ウルトラモバイルPC)のブレオーダーやクラウドファンディングが続いていますが、がじぇぱんさんのツイートで知りました。7インチ液晶搭載UMP、その名もOne Mix 1s!One-Ne...

スポンサーリンク
スマホ・PC
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました