EaseUS Todo PCTransでネットワーク上のパソコンとイメージ転送によるバックアップとアプリの移行方法

スポンサーリンク

先日、EaseUS Todo PCTransのデータ引越し機能である、データを新しいパソコンにコピーする記事を投稿しました。

初心者でも安心!新しくパソコンを購入した際のデータ・アプリ・プロファイルの引継ぎを簡単に! EaseUS Todo PCTrans
新しいパソコンを購入したとき、わくわくする気持ちと同時に、わずらわしいと感じるのは、膨大な時間がかかるデータやアプリ、プロファイルの再設定ですよね。新しいパソコンは動作も快適で、うれしくなるものなのですが、引継ぎ設定に多くの時間が...

新しいパソコンを購入した際に、非常に便利な機能であるデータ・アプリ・個人プロファイルの転送機能です。

今回は、直接ネットワーク上のパソコンとのデータの引越し以外の機能である、ディスクイメージの保存によるデータの引越しと、アプリケーションを外付けハードディスクに移行して、本体のパソコンの容量を確保する方法の紹介です。

EaseUS®高機能のPC引越し、データ移行ソフト - EaseUS Todo PCTrans製品版
【EaseUS(イーザス)公式サイト】専門的なPC引越しソフト: EaseUS Todo PCTrans製品版は、ProfessionalとTechnician版に分けています。EaseUS Todo PCTrans製品版なら、楽にデータやアプリケーションを効率的にPCからほかのPCに移行します。

Windowsアカウントのバックアップとアプリの移行はFree版では制限がありますので注意が必要です。

Free版とPro版の違い
スポンサーリンク

EaseUS Todo PCTransの機能 アプリ・ファイル・アカウントのイメージバックアップ

今回はまず、現状の状態をイメージファイルとしてバックアップして、新しいパソコンに移行して復元する機能の紹介からです。

前回の記事は直接パソコンとのやり取りでしたが、今回は一旦イメージファイルとして外付けハードディスクに保存し、そのハードディスクを新しいパソコンにつないでから復元するという作業になります。

具体的には、バックアップしたい項目を選択し、イメージファイルとしてバックアップし、新しいパソコンで復元したい項目を選択、転送する機能になります。

まずは、EaseUS Todo PCTransを起動します。そして左側のメニューから「イメージ転送」をクリックします。

イメージ転送

「イメージの転送方法を設定してください」の画面から、今回は初めてイメージファイルを作成しますので「イメージの作成」をクリックします。

イメージを作成をクリック

「イメージ名」は日付・時刻画面が自動的に選択されるので通常はこのままで大丈夫です。特別なバックアップの際には、任意のわかりやすい名前をつけることも可能です。

「保存する場所」は、外付けハードディスクが接続されていれば「EaseUS Todo PCTrans」が自動的にフォルダを作成してくれます。

「イメージ名」と「保存する場所」を確認・設定すれば「確認」ボタンをクリックします。

イメージ名と保存する場所を選択

「分析中」の表示が出ます。この画面はすぐに終了して次の画面になります。

分析中

続いて「作成したい項目を選択して下さい」の画面になります。デフォルトでは「アカウント」が選択されていませんので「アカウント」「編集」をクリックします。

アカウントの編集

「転送したい アカウント を選択してください」でアカウントの一覧が表示されますので保存したいアカウントを選択します。

転送したい アカウント を選択してください

「アカウント認証のため、パスワードを入力してください」と表示されますのでパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。

パスワードの入力

「完了」をクリックして次の画面に移動します。

アカウントの選択 完了

確認画面で転送する項目を確認します。

今回、転送するファイルの合計は「97.40 GB」となっています。結構なサイズですね。

「作成」をクリックしてディスクイメージの作成開始です。

容量を確認後、作成

転送中の画面です。あくまで目安ですが2時間弱かかりそうですね。

残り時間は2時間弱

しばらく放置しておきます。すると、完了画面になります。

今回は、1時間ちょっとで完了しました。思っていたより早かったですね。

イメージ転送で、転送できないファイルもある

各項目を確認していると、「ユーザーデータ 一部転送できませんでした」のメッセージが表示されました。OUTLOOKを起動したままでしたので、おそらくPSTファイルか何かを転送できなかったのでしょう。イメージファイルの作成時には、OUTLOOKは閉じておくことをおすすめします。

ユーザーデータ 一部転送できませんでした

スクロールしていくと、別のアラートメッセージも表示されています。

「NetEnum4を保存できませんでした」です。「NetEnum4」とは、ネットワークのIPアドレスやOS、空きアドレスを調べるためのソフトですので特に問題はありません。「エラーファイルの処理ができませんでした」なのでまあいいでしょう。

エラーファイルの処理ができませんでした

もう1つエラーが出ました。これは外付けハードディスクの暗号化認証ソフトですので後から再設定が可能です。

暗号化ソフトはエラー

とりあえず大きな問題もなく完了しました。

「作成されたイメージファイルを確認する」をクリックすると保存されたイメージファイルが表示されます。

作成されたイメージファイルを確認する

無事、イメージファイルが作成されていることが確認できます。

イメージファイルの確認

以上でイメージファイルの作成は完了です。

イメージファイルの作成完了

EaseUS Todo PCTrans イメージファイルから復元するには

先ほど作成したイメージファイルからデータの復元をするには、新しいパソコンにもEaseUS Todo PCTransをインストール・起動後、メインメニューの「イメージ転送」から「イメージファイルから復元」を選択します。

作成したイメージファイルから復元

イメージファイルを作成した外付けハードディスクを新しいパソコンに接続し、イメージファイルの場所を選択します。その後、「復元」ボタンをクリックして復元が開始されます。

イメージファイルから復元

正直、イメージファイルの作成は、以前紹介した 「AOMEI Backupper」 の方が使い勝手が良いように思います。

Windows10をクリーンインストールする前にちょっと待った! クリーンインストールする際に絶対しておきたいディスクイメージのバックアップ
先日、日々のドキュメントやミュージック、ビデオなどのファイルの自動バックアップの方法をご紹介しました。今回は、Windows10などのクリーンインストール(不安定な状態のOSをまっさらな状態にする)する際に、万が一バックア...

イメージファイルをマウント(外付けハードディスクのように扱える)できるので、バックアップしたイメージファイルからファイルごとに取り出すことができるので、こちらの方が便利だと思います。

ただ、単にファイルやアプリ、アカウントの引継ぎが目的であれば「EaseUS Todo PCTrans」の方がシンプルにデータやアカウントの引継ぎができます。

EaseUS Todo PCTrans アプリの移行

EaseUS Todo PCTransの最後の機能、アプリの移行は、圧迫されたWindowsフォルダ(Cドライブ)からアプリケーションを別のドライブ(外付けドライブ)に移行してCドライブの空き容量を増やす機能です。

アプリ移行

ここでは、試しに1つのアプリを外付けハードディスクに移行します。

アプリを外付けハードディスクに移行

移行するドライブを選択します。ここてば外付けハードディスクのFドライブを選択しています。

移行先のディスクを選択

移行するドライブを選択すると、「転送」をクリックです。

転送先のディスクを選択後、「転送」をクリック

アプリの移行中の画面になります。

アプリの移行中

無事完了しました。

アプリの移行の完了

もちろん、移行したアプリは普通に起動、動作します。

普通にアプリが起動・動作する

Fドライブに「Program Files(x86)」フォルダが作成され、直下に「Scratch 2」フォルダが作成されているのがお分かりいただけると思います。

Fドライブに「Program Files(x86)」が作成される

こちらの機能は他ではあまり見ない機能ですので、アプリがたまってきてCドライブを圧迫しているのであれば利用価値があるのではないでしょうか。

もっとも、そこまでCドライブが圧迫しているのであれば、大容量のSSDに載せ替える方が速度的にも期待できますのでそちらの方をおすすめします。

超簡単!初心者でもできる ハードディスクからSSDに換装 画像付き 
SSD(ソリッドステートドライブ)に換装する方法昨日の続きです。ハードディスクからSSDに換装する方法です。事前にSSD本体の購入と、繋ぐケーブルの購入とソフトのインストールが必要です。SSD本体はこちらをどうそ。SAT...

今はSSDもかなりリーズナブルな価格になっています。

SSDこんなに安くなりました!まだハードディスク利用の方におすすめ 現在お使いのパソコンが甦る!
SSD(ソリッドステートドライブ)安くなりましたSSD、安くなりましたねー。僕が初めて購入した時は、120GBで1万円を超える金額で、240GBなんて3万円を超える価格でした(いつの話だ)。仕事でハードディスクからSSD(ソリッドス...

ただ、EaseUS Todo PCTransはデータの引越しに特化しているソフトですから、データやアプリ、アカウントの引継ぎを手軽にしたいという方にはぴったりのオススメソフトです。

EaseUS®高機能のPC引越し、データ移行ソフト - EaseUS Todo PCTrans製品版
【EaseUS(イーザス)公式サイト】専門的なPC引越しソフト: EaseUS Todo PCTrans製品版は、ProfessionalとTechnician版に分けています。EaseUS Todo PCTrans製品版なら、楽にデータやアプリケーションを効率的にPCからほかのPCに移行します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました