「URL 検査ツール」でエラーが発生! 「サマリー」で確認すると「構文にエラーがある構造化データが検出されました」のページが突然半分以上で発生! WordPressテーマ 「Cocoon」ユーザーの方はぜひご確認を!

スポンサーリンク

先日、ツイッターでお世話になっている「としお」さんからDMをいただきまして、「Search Consoleでエラーが発生していないですか?」との連絡を受けて、確認しましたところ、当サイトではエラーが発生していませんでした。

こちらが当サイトのCosole画面になります。「エラー」は「0」でした。

当サイトのガバレッジ

時間差で、こちらのサイトにもエラーが起こるかもって話でとりあえずその日は終わりました。

スポンサーリンク

「URL 検査ツール」でエラーが発生!

ところが、新規記事を投稿し、「Fetch as Google」に変わる「URL検査ツール」でインデックス登録するとエラーが出ました!

Fetch as Googleが2019年3月28日以降は使えなくなる!新しいSearch ConsoleにFetch as Google はあるのか?「URL 検査」ツールでインデックス登録のリクエストを!
ついにFetch as Googleが使えなくなります。そろそろかなーって思って記事の下書きはしていたんですが、ついに、Fetch as Google の画面上に表示されるようになりました。2019年3月28日以降(ちょっと中途半端感が)...
「URL は Google に登録されていますが問題があります」 「解析不能な構造化データ」 「構文にエラーがある構造化データが検出されました」

「URL はGoogle に登録されていますが問題があります」のメッセージが。

Google 検索結果には表示されますが(手動による対策や削除リクエストの対象でない場合)、問題があるためすべての拡張機能の対象にはなりません

メッセージの下をみると、上記のような文面がありました。検索結果には表示されるとのことで、実際「site:URL」で試しましたがインデックスされていました。

さらに「詳細」を確認すると、下記の文章がありました。

「URL は Google に登録されています」と表示されても、実際にそのページが検索結果に表示されるとは限りません。 検索結果に実際に表示されるには、ページとその構造化データが品質とセキュリティに関するガイドラインに準拠している必要があります。

Search Console ヘルプ URL検査ツール

「URL」がGoogleに登録されていても、「構造化データ」がガイドラインに準拠していないと検索結果に表示されないかもとのことです。

「解析不能な構造化データ」とは

先ほどの「解析不能な構造化データ 構文にエラーがある構造化データが検出されました」も右矢印をクリックすると以下の画面になりました。「リッチリザルト」の対象外?「詳細をクリックして確認してみました。

無効なアイテムは Google 検索のリッチリザルトの対象外です」

すると、先ほどと同じ「Search Console ヘルプ URL検査ツール 」のページにジャンプしました。そこで「リッチリザルト」について記述してある箇所の引用です。

さまざまなリッチリザルト タイプ
ページ上で見つかったリッチリザルト タイプ(構造化データ)の情報が表示されます。この情報には有効な項目の数、各項目の説明、見つかった警告やエラーについての詳細などが含まれています。次のリッチリザルト タイプがサポートされています。

・イベント
・求人情報
・ロゴ
・商品
・Q&A ページ
・レシピ
・サイトリンク検索ボックス
・動画

リッチリザルトが表示されない場合: このツールはすべてのリッチリザルト タイプに対応しているわけではありません。対応していないタイプがページ上にあり、有効であれば、検索結果に表示される可能性はありますが、このツールには表示されません。


Search Console ヘルプ URL検査ツール

簡単に解釈すると、上記の箇条書きの項目は、検索結果に表示されませんよっていう認識で大丈夫だと思います。実際、先ほど「解析不能な構造化データ」エラーが出たページも本日、検索流入によってアクセスいただいているので大きな問題ではないようです。でも、やっぱりエラーがあると気になりますよね。

Consoleの「カバレッジ」ではエラー表記はなかったが、「サマリー」画面にいっぱいエラーがあった!

「ガバレッジ」画面では最初にスクショを載せた通りエラーはありませんでした。ところが「サマリー」画面の一番下の「拡張」画面で解析不能な構造化データが143件発生しています!

解析不能な構造化データのエラーが143!

「解析不能な構造化データ」の「レポートを開く」をクリックして表示されたのが下記の画面です。

2019年4月28日からエラーが突然発生

2019年4月28日から、それまでエラーがなかった「拡張」ガバレッジでエラーが発生しているのがお判りかと思います。

追記:「解析不能な構造化データ」の問題の修正を検証中です。確認したらページ数が129件に減っています。Google側が不安定な部分もあるのでしょうか。しばらく様子見が必要ですね。

追記:本日確認したら、さらに減っています。

無料多機能テーマ、「Cocoon」の更新から始まった?

「構文にエラーがある構造化データが検出されました」や「解析不能な構造化データ」でググってみると、WordPressのテーマ、「Cocoon」を利用している方で発生しているようです。当サイトもCocoonを利用していますし、ツイッターで拝見しても同様の方が「解析不能な構造化データ」で困っているそうです。

WordPressテーマをSimplicityからCocoonに変更してみた! Googleアナリティクス・Console・Adsenseをテーマ変更後5分以内に反映させる方法
Word Pressのテーマ、Cocoonの存在を知ったのは、一週間ほど前のことです。当サイトでは、ずっとSimplicity 2を利用していました。ブログ立ち上げ当初、いろいろなサイトを拝見して、Simplicityをおすすめしているサ...

Consoleの最新バージョンは2019年5月3日現在「1.7.6.2」ですが、メジャーバージョン「1.7.6」を公開されたのは2019年4月23日です。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。

さきの「としお」さんが、Cocoon作者であるわいひら様に問い合わせているCocoonのフォーラムです。わいひら様、いつもCocoonを利用させていただいてありがとうございます。

解析不能な構造化データのエラーが発生する(「dateModified」は推奨フィールドです。値があれば指定してください。...
突然、サーチコンソールで解析不能な構造化データのエラーがあると出ました。全ページでの発生です。最近、CSSを少しだけ書き加えましたが何日も前でこのエラーが出たのは本日です。

追記:記事の「予約投稿」が原因かもとのことです。確かに当サイトも記事の投稿には「予約投稿」を利用しています。たまに失敗することもありますが。

「拡張機能」でのエラーですから、検索流入に関しては問題ないようです。当サイトもPV数が特に減っているということもありません。ただ、エラーがあるのはいい気がしませんので、解決に向かってくれるといいのですが(「Cocoon」が原因ではないのかもしれませんが)。

WordPressテーマをSimplicityからCocoonに変更してから一週間でカスタマイズしたこと 見出しとヘッダーとSNS関係編 Cocoonはとっても高機能でちょっとずつカスタマイズ
WordPressのテーマをSimplicityからCocoonに変更して一週間ほど経ちました。Simplicityに比べて、後継テーマと言えども高機能満載ですね。無料テーマとして提供していただいて感謝です。ただ、高機能すぎて機能がすべて...

多機能な無料テーマ「Cocoon」を利用されている方は、一度、Consoleの「サマリー」画面の下の「拡張機能」を確認されることをおすすめします。

WordPress無料で高機能テーマ「Cocoon」でブログのスピードアップを目指す! 正直「PageSpeed Insights」のスコアは信用できるのか?
ブログのテーマを「Cocoon」に変更してから、1か月弱が経ちました。実は、Cocoonに変更したのは2019年3月13日のGoogleサーチアルゴリズムの変動・変更以来、PV数がガタ落ちして、何とかしようともがいていた時だったんです。...
スポンサーリンク
ブログ・WordPress
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました