ブラックボディのOne Mix 3s vs One Mix 2s! PassMarkパフォーマンステストの結果は? SSD容量とメモリ容量倍増の効果があった!

スポンサーリンク

ブラックボディのOne Mix 3s。なかなか時間が取れない中、毎日少しずつですがソフトのインストールや設定をしています。

以前、One Mix 2s vs GPD Pocket 2のPassMarkパフォーマンステストを実施しました。

One Mix 2s vs GPD Pocket 2 ベンチマーク対決 PassMarkパフォーマンステストでは圧倒的にOne Mix 2sの勝利! でも。。。
本日はPassMarkパフォーマンステストによる、One Mix 2sとGPD Pocket 2の直接対決です。スペック的には、GPD Pocket 2のeMMCストレージとOne Mix 2sのPCIe接続のSSDしか違いがないのですが...

今回は次世代モデルのOne Mix 3s vs One Mix 2sのPassMarkパフォーマンステスト対決です。

スポンサーリンク

PassMarkパフォーマンステストとは

PassMarkパフォーマンステストとは、当サイトでよく紹介しているWindows用のベンチマークソフトです。

Windows用の使い易いベンチマークソフトウェア。パフォーマンステストは、27種の速度テストを行い、その結果を他のコンピュータと比較することによってPCのベンチマークを客観的に調べることができます。

PassMark SOFTWARE 日本語ホームページ

スコアによって、ディスク性能やCPUだけでなく、総合的なパフォーマンスを客観的に調べることができます。数値が高いほど、よりパフォーマンスが高いといえます(多少のブレはあります)。

One Mix 3s vs One Mix 2sのパフォーマンス対決は?

こちらが総合結果になります。まずは、One Mix 2sからです。

One Mix 2s パフォーマンステスト結果

続きまして、One Mix 3sのパフォーマンステストの結果です。

One Mix 3s パフォーマンステストの結果

総合ランクでは、1ランクくらいの差しかありませんでした。もともとCPUが同じですからそれほどパフォーマンスに差が出るわけではないですね。

改めてOne Mix 3sと2sのスペック比較です。パフォーマンステストに影響しそうなスペックのみをピックアップしました。

One Mix 3sOne Mix 2s
CPUCore m3-8100YCore m3-8100Y
GPUUHD Graphics 615UHD Graphics 615
画像解像度2560 x 16001920 x 1200
メモリ16GB8GB
ストレージ512GB256GB

総合スコアでは、ほぼ差がみられませんでしたが、項目によってはずいぶん違いがあります。

それぞれ各項目をピックアップしながら見ていきたいと思います。

CPU Markの項目

One Mix 2s CPU Mark
One Mix 3s CPU Mark

CPUの項目では、いずれもCPUがCore m3-8100Yですから大きな差はないですね。

詳細を見てみます。

One Mix 2s CPU Mark詳細
One Mix 3s CPU Mark詳細

特に各項目も大きな違いはありませんでした。誤差の範囲ですね。

2D Graphics Mark、3D Graphicsの項目

続いて2D Graphicsと3D Graphicsの項目です。

One Mix 2s 2D Graphics Mark
One Mix 3s 2D Graphics Mark

2D Graphics Markでは、One Mix 2sがやや数値の面で上回っています。

One Mix 2s 3D Graphics Mark
One Mix 3s 3D Graphics Mark

逆に、3D Graphics Markでは3sがわずかですが上回っています。GPUはいずれもUHD Graphics 615ですから、大きな違いはありません。むしろ解像度が上がった3sが善戦しているとも言えます。

ブラックボディのOne Mix 3s バッテリー容量増加でバッテリーの持続時間は伸びたのか? BBenchで100%からシャットダウンまでの時間を計測してみた
ブラックボディが素晴らしいOne Mix 3sが届いて数日が経ちました。まだOne Mix 2sからの完全移行はできていませんが、今回は2sからバッテリー容量がアップした3sのバッテリーの持続時間をBBenchで計測してみました。...

Memory Markの項目

One Mix 2s Memory Mark
One Mix 3s Memory Mark

Memory Markでは大差で3sの勝利となっています。メモリが倍増となったことが大きな原因でしょうか。詳細を見てみます。

One Mix 2s Memory Mark 詳細
One Mix 3s Memory Mark 詳細

2sから3sになってメモリ容量が倍増したことにより、「Available RAM」(物理メモリー領域の未使用サイズを監視)と「Memory Read Cached」(ストレージ内容をメモリに一時的に保存し、処理時間を短縮する)が特に高スコアになっています。

Disk Markの項目

One Mix 2s Disk Mark
One Mix 3s Disk Mark

Disk Markの項目では大きく差が開きました。3sがほぼダブルスコアとなっています。

One Mix 2s Disk Mark詳細
One Mix 3s Disk Mark 詳細

シーケンシャルリード、ライトとも3sがほぼダブルスコアになっています。要因はおそらく、SSDの容量が倍になってSSDそのものがスピードアップしたことと、先述のメモリ容量の倍増も大きく影響しているものと思われます。

One Mix 3sの指紋認証とポインティングディバイスとキーボードの使用感 キーボードにはノーマークだった大問題があった! セカンドインプレッション
本日も時間がなかなか取れない中で、One Mix 3sを少し触りました。具体的にはWindowsアップデートやソフトのインストールを少しです。その作業の中で、ポインティングディバイスやキーボード、指紋認証センサーなどについて気づい...

総合順位は1%だけOne Mix 3sの勝利

One Mix 3s vs 2sのPassMarkパフォーマンステスト対決では、「Memory Mark」と「Disk Mark」の項目で2sを圧倒しました。2sに比べてSSDとメモリ容量が倍増になったことが大きな要因と思われます。

ただ、全体的なパフォーマンスとしては、総合順位で1%上という僅差にとどまりました。

ブラックボディのOne Mix 3s バッテリー容量増加でバッテリーの持続時間は伸びたのか? BBenchで100%からシャットダウンまでの時間を計測してみた
ブラックボディが素晴らしいOne Mix 3sが届いて数日が経ちました。まだOne Mix 2sからの完全移行はできていませんが、今回は2sからバッテリー容量がアップした3sのバッテリーの持続時間をBBenchで計測してみました。...

バッテリーの持続時間同様、PassMarkパフォーマンステストでも高解像度がネックになっている可能性もあります。

こちらも後日、One Mix 3sの画像解像度を1920 x 1200に変更し、改めてPassMarkパフォーマンステストを実施したいと思います。

スポンサーリンク
UMPC
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました