One Mix 2s vs GPD Pocket 2 ベンチマーク対決 PassMarkパフォーマンステストでは圧倒的にOne Mix 2sの勝利! でも。。。

本日はPassMarkパフォーマンステストによる、One Mix 2sとGPD Pocket 2の直接対決です。スペック的には、GPD Pocket 2のeMMCストレージとOne Mix 2sのPCIe接続のSSDしか違いがないのですが、全体的なパフォーマンスとしては、One Mix 2sの大勝利でした。

もちろん、前回のGPD Pocket 2 vs 初代のように2倍のスコアとはなりませんでしたが。

目次

PassMarkパフォーマンステストとは

引用:PassMarkパフォーマンステストとは

Windows用の使い易いベンチマークソフトウェア。パフォーマンステストは、27種の速度テストを行い、その結果を他のコンピュータと比較することによってPCのベンチマークを客観的に調べることができます。

PassMark SOFTWARE 日本語ホームページ

スコアによって、ディスク性能やCPUだけでなく、総合的なパフォーマンスを客観的に調べることができます。数値が高いほど、よりパフォーマンスが高いといえます(多少のブレはあります)。

One Mix 2s vs GPD Pocket 2の直接対決の結果は?

はい、それはもう圧倒的にOne Mix 2sの勝利です。PassMark Ratingは、GPD Pocket 2の1653.8に対して、One Mix 2sは2202.8となっています。もちろん、両者とも1回だけの測定ですから、誤差の範囲があることをご了承ください。

GPD Pocket 2 パフォーマンステスト結果
One Mix 2s パフォーマンステスト結果

それでは、CPU・2D ・3D・Memory・Diskと各項目で比較していきたいと思います。

CPU Markの項目

GPD Pocket 2もOne Mix 2sも同じCPU、第8世代CoreプロセッサAmber Lake-Y m3-8100Yなんですが、スコアで大きな差がつきました。

GPD Pocket 2 CPU Mark
One Mix 2s CPU Mark

ここまで違うもんなんですね。僕のGPD Pocket 2のCPUは間違いなくAmber Lake-Y m3-8100Yですが、やはり全体的なパフォーマンスに違いが影響しているんでしょうね。

ただ、ノートパソコン用CPUなので、全体のパーセンテージは低めになっています。

GPD Pocket 2 CPU Mark詳細
One Mix 2s CPU Mark詳細

それぞれの項目で、大きく差が開いてはいないんですが、総合的にOne Mix 2sの圧勝ですね。

2D Graphics Markの項目

こちらはあまり差が出なかったようです。言い換えれば、Word、ExcelのようなOffice(オフィス)ソフトでは、あまり大きな差はないようです。WordPressの投稿も、キーボードの使い勝手によって、どちらを使用しても差がないという結果になります。

GPD Pocket 2 2D Graphics Mark
One Mix 2s 2D Graphics Mark

3D Graphics Markの結果

GPD Pocket 2 3D Graphics Mark
One Mix 2s Graphics Mark

他サイトでは、ゲームのベンチでずいぶん差が出るような記事を拝見しましたが、やはり3Dになると、eMMCストレージとSSDの差が顕著に表れた結果かな、と思います。その分、バッテリーの持ちはGPD Pocket 2にアドバンテージがあります。むしろゲームが主目的なら、GPD WIN 2の選択もありかと。

One Mix 2sのスペックには負けますが、GPD WIN 2はSSD搭載で、よりコンパクトな筐体なので、ゲーマーにとっては選択肢は一択かも。

Disk Markの項目

GPD Pocket 2 Disk Mark
One Mix 2s Disk Mark

うーん、ここは何も言えないです。やはり、PCIe接続のSSDは半端ないくらい速いですね。僕がOne Mix 2sに興味を惹かれたのはこの1点だけです。その分、バッテリーの駆動時間は少なくなりますので、速さとのトレードオフでバッテリー駆動時間の短縮は仕方がないのかもしれません。しかし、Disk Markの結果では、One Mix 2sのスコアは5倍弱ですね。さらに全体でも上位90%にランクインしていますので、まだまだPCIe接続のSSD搭載PCはこれからで、最先端の規格なんでしょうね。

GPD Pocket 2 Disk Mark詳細
One Mix 2s Disk Mark詳細

PassMarkパフォーマンステストの結果とこれまでの対決を踏まえて

One Mix 2sにするか、GPD Pocket2にするか悩まれている方も多いと思います。両方購入するのは、僕のようにガジェット好きくらいですかね(笑)。

現状、簡潔に表現するならスペックのOne Mix 2s、実用性のGPD Pocket 2という感じです。UMP(ウルトラモバイルPC)にゲームの利用を求めるならOne Mix 2s、WordやExcelなどの実用性を求めるならGPD Pocket 2の選択でしょうか。PCIe接続のSSD搭載、One Mix 2sの魅力に負けた自分が言うのも何なんですが、まだまだ知名度で言えばGPD Pocket 2の方が圧倒的に支持者は多いと思います(個人的意見)。

また、両者とも第3世代が発表されたときに、どのように進化しているのか、今から楽しみでワクワクしています。

先日Twitterで、One Mix 2sやGPD Pocektによく似た8インチPCが販売されるという投稿を拝見しました。こちらについてもまた調査してみたいと思います。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる