日本国内正規版 OneMix3シリーズの販売日が変更に ヒンジやボディケースの品質向上に向けて

OneMix3シリーズの国内正規販売店、テックワンより、OneMix3シリーズの販売日の変更のお知らせがありました。

https://www.one-netbook.jp/20190726-2/

https://long-valley-river.com/6649

目次

国内正規版 OneMix3シリーズの販売日が変更に

テックワンによると、当初2019年8月3日販売予定のOneMix 3シリーズの販売日が8月10日と1週間延期されました。なお、OneMix3Sだけは8月23日に販売と、さらに遅れるようです。

https://long-valley-river.com/6649

ヒンジ部分やボディケースの品質を向上させるために

テックワンのサイトによると、ヒンジ部分やボディケースの品質をさらに向上させるために、出荷を遅らせるそうです。

OneMix3はすでに中国国内での初回生産分の出荷をしておりますが、ヒンジ部分やボディケースの品質をさらに向上させる必要があると判断し、国内正規版についてはより高い強度と耐久性を増したボディパーツを採用した改良版を発売いたします。

https://www.one-netbook.jp/20190726-2/

自分はすでに、geekbuyingでOneMix 3sを手にしていますが、ヒンジやボディケース(筐体のこと?)のさらなる品質の向上をするとのことです。

具体的にどの辺りの品質を向上させるのか、geekbuyingで購入した自分にとっては非常に気になります。

特に現在所有しているOneMix3sに不都合は感じないのですが。

https://long-valley-river.com/7027

追記:やはり我が家のOne Mix 3sには気になる部分がありました。

https://long-valley-river.com/8000

One-Netbook日本公式(テックワン)では自社工場で製造している

One-Netbook日本公式(テックワン)では、すべて自社工場で商品を製造しているのですね。

その段階で何か問題が見つかったのでしょうか。

ブラックボディの3sの画像もありますね。

自社工場で製造しているのですから、修理や初期不良のサポート体制も安心ですね。

OneMix3の3モデル、スペックの違いは

One Mix 3の3モデル、スペックの違いをまとめてみました。

One Mix 3s PlatinumOne Mix 3sOne Mix 3
CPUCore i7-8500YCore m3-8100YCore m3-8100Y
本体色ガンメタリックブラックシルバー
画像解像度2560 x 16002560 x 16002560 x 1600
液晶サイズ8.4インチ8.4インチ8.4インチ
メモリ16GB16GB8GB
ストレージ512GB512GB256GB
本体サイズ204 x 129 x 14.9mm204 x 129 x 14.9mm204 x 129 x 14.9mm
質量659g659g659g
バッテリー容量8600mAh8600mAh8600mAh
スタイラスペン4096段階4096段階4096段階

3sだけがさらに2週間ほど遅れて販売されるのが気になります。

スペック的にプラチナが遅れるのなら分かるのですが、なぜ中間モデルの3sなんでしようか。

考えられるのはブラックボディが何か関連しているのでしょうか。

https://long-valley-river.com/6948

確かにブラックボディは指紋が目立ちやすいのですが、まさかそこを改良するとは思えませんが。

非常に気になります。

やはり国内正規販売は安心?

geekbuyingでOneMix3sをポチった自分ですが、その理由は価格と発送の早さです。

https://long-valley-river.com/6090

今回、国内正規販売のテックワンで予約購入された方はやきもきするかもしれませんが、このような発表があると逆に安心してOneMix3シリーズを使用することができますね。

自分のgeekbuyingからのOneMix3sには現状不安点はありませんが、逆に不安になります(笑)。

geekbuyingで購入したOneMix3シリーズは、テックワンさんではサポートしてもらえないでしょうね。

そういう意味では国内正規販売は安心です。

よかったらシェアしてね!

関連コンテンツ

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる