Intelモバイルプロセッサ第9世代Coffee Lake&第10世代Ice Lakeについて調べてみた

スポンサーリンク

本当はもっと早くに調べるべきでしたが、One-Netbook社の次世代モデルが第9世代を飛び越えて第10世代Intelモバイルプロセッサを搭載するという情報をキャッチして、改めてIntelモバイルプロセッサについて自分なりに調べてみました。CPUはいろいろ専門用語が難しくて大変です。

超速報!One-Netbook社OneMix次世代モデルはなんと第9世代を飛び越えて第10世代Intelモバイルプロセッサ搭載のOneMix 第4世代!
なんと早くもOne Mixシリーズの次世代モデルの情報が入って来ました!One Mix次世代モデルはなんとIntelモバイルプロセッサ第10世代 Ice Lake搭載!2019年8月10日午前10時発表ということですので、...
スポンサーリンク

第9世代「Coffee Lake」はUMP用のプロセッサの発表はなかった

勉強不足ですみません。第9世代の「Coffee Lake」はUMP用の低消費電力CPU、Yシリーズのプロセッサはなかったのですね。

第9世代Intelモバイルプロセッサは初めて8コア8スレッドと16スレッドのCore i7とi9が発表されました。

  • Core i5-9300H(2.4G~4.1GHz、4コア8スレッド)
  • Core i5-9400H(2.5G~4.3GHz、4コア8スレッド)
  • Core i7-9750H(2.6G~4.5GHz、6コア12スレッド)
  • Core i7-9750HF(2.6G~4.5GHz、6コア12スレッド)
  • Core i7-9850H(2.6G~4.6GHz、6コア12スレッド)
  • Core i9-9880H(2.3G~4.8GHz、8コア16スレッド)
  • Core i9-9980HK(2.4G~5GHz、8コア16スレッド)

各CPUの末尾のHとHFは、プロセッサの用途を表しています。

末尾の「H」はハイパフォーマンスのH、「HK」はハイパフォーマンス+クロック倍率フリーということです。

とてもじゃないですけどUMP(ウルトラモバイルPC)に搭載できるCPUではありませんでした。

Intelモバイルプロセッサ第10世代ではYシリーズも復活!

第10世代では、第9世代でスキップされていたYシリーズも復活したようです。

 YシリーズはCore i7-1060G7、Core i5-1030G7、Core i5-1030G4、Core i3-1000G4、Core i3-1000G1の5モデルをラインアップ。

Ice LakeことIntel第10世代Core U/Yシリーズの型番が発表、「G7」は最上位Irisの印

ASCII.jpさんの記事でようやく分かりました。

中国製UMPに搭載されていたCPUは「Y」シリーズで、第9世代のCoffee Lakeではスキップされたようです。

そして第10世代、「Ice Lake」で再び復活したようです。

One Mixの第4世代がIntelモバイルプロセッサ第9世代を飛び越えて第10世代を採用した理由もうなづけます。

モバイル第 10 世代インテル® Core™ U シリーズ / Y シリーズ・プロセッサー・ファミリーの概要
製品概要: 第 10 世代インテル® Core™ U シリーズ / Y シリーズの仕様とパフォーマンス、電源管理、グラフィックス機能について説明します。

第10世代、「Ice Lake」からCPUの表記が変わった

先ほどのASCII.jpさんの記事で分かりましたが、第10世代、「Ice Lake」からCPUの表記が変わったようです。

Intelモバイルプロセッサ第10世代

現在中国製UMPで採用されているCore i3-8000Yや、Core i7-8500Yなどの後継CPUが以下の通りです。

  • Core i7-1060G7
  • Core i5-1030G7
  • Core i5-1030G4
  • Core i3-1000G4
  • Core i3-1000G1

最初の2桁、10が第10世代を表しています。

そして末尾のGのあとの数字、7が「EU数64基のIntel Iris Plus Graphics」、4が「EU数48基のIntel Iris Plus Graphics」、1が「EU数32基のIntel UHD Graphics」ということです。

内蔵のGPUのランクを表す数値となります。「Iris Plus」とは、CPU内蔵のGPUが、通常のUHD Graphicsよりも上位であることを表しています。

コストの面から、おそらくOne Mix 4(第4世代)は、Core i3-1000G1が搭載されるのではないでしょうか(私見です)。

「Iris Plus」搭載GPUではPassMarkパフォーマンステストでの、2Dや3Dのスコアのアップが期待されるようです。

One Mix 3sのPassMarkパフォーマンステストの結果
One Mix 3sの解像度を1920 x 1200にして再度PassMarkパフォーマンステストを実行! スコアはめっちゃ上がった!
以前、One Mix 3sのPassMarkパフォーマンステストの記事を投稿しました。このときは、デフォルトの解像度である2560 x 1600で計測しました。その後、バッテリー持続時間を計測する記事では、デフォル...

Intelモバイルプロセッサ第10世代は省電力に期待ができる

Intelモバイルプロセッサ第10世代は省電力にも期待が持てるそうです。

Ice Lakeは、ディープラーニングの推論を加速する拡張命令をサポートする他、音声処理やノイズ抑制などのバックグラウンドのワークロードを超低消費電力で処理し、バッテリー寿命を最大化する専用エンジン「Gaussian & Neural Accelerator(GNA)」を実装している。

Intelが10nmプロセスの第10世代「Core」プロセッサを発表

GNAですか。Ice Lake搭載UMPは消費電力を抑えてバッテリー寿命を延ばす仕組みのようです。UMPにとっては非常に期待できる機能ですね。

OneMix3sとモバイルバッテリーで何時間持続する? BBenchでこまめにあることをするとバッテリー時間は驚異的に伸びた!10時間超え!
OneMix3s(最近はこの表記が多いですね)と2sのバッテリーの持ちがいつも気になります。以前は3sと2sの併用が続いていましたが、今は3sを利用する機会の方が多くなってきています。2sからバッテリーの容量はアップしましたが、前...

とりあえず今は、One Mix第4世代、Intelモバイルプロセッサ第10世代搭載機の続報を待つのみですね。

スポンサーリンク
スマホ・PC
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました